1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

全数把握疾患報告数(2000~2016年)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
感染症情報センターTOP感染症発生動向調査(各種メニュー:全数把握疾患)

 

届出基準と届出様式(全数把握疾患)

広島市の今年の報告数
全国の過去の状況(国立感染症研究所)

 

広島市の過去の全数把握疾患報告数

一類感染症(エボラ出血熱他 7疾患)

二類感染症(急性灰白髄炎他 7疾患)

三類感染症(コレラ他 5疾患)

四類感染症(E型肝炎他 43疾患)

五類感染症(アメーバ赤痢他 23疾患)

新型インフルエンザ等感染症

 

一類感染症(届出基準と届出様式
エボラ
出血熱
クリミア・コンゴ
出血熱
痘そう
(注1)
南米出血熱
(注2)
ペスト マール
ブルグ病
ラッサ熱
2016 0 0 0 0 0 0 0
2015 0 0 0 0 0 0 0
2014 0 0 0 0 0 0 0
2013 0 0 0 0 0 0 0
2012 0 0 0 0 0 0 0
2011 0 0 0 0 0 0 0
2010 0 0 0 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 0 0 0
2008 0 0 0 0 0 0 0
2007 0 0 0 0 0 0 0
2006 0 0 0 0 0 0
2005 0 0 0 0 0 0
2004 0 0 0 0 0 0
2003 0 0 0 0 0 0
2002 0 0 0 0 0
2001 0 0 0 0 0
2000 0 0 0 0 0

(注1) 2003年11月5日より新たに追加されました。
(注2) 2007年4月1日より新たに追加されました。

ページの先頭へ戻る

 

ニ類感染症(届出基準と届出様式
急性
灰白髄炎
結核
(注1)
ジフテリア SARS
(注2)
MERS
(注3)
鳥インフルエンザ(H5N1)
(注4)
鳥インフルエンザ(H7N9)
(注3)
2016 0 154 0 0 0 0 0
2015 0 148 0 0 0 0 0
2014 0 196 0 0 0
2013 0 195 0 0 0
2012 0 280 0 0 0
2011 0 252 0 0 0
2010 0 228 0 0 0
2009 0 217 0 0 0
2008 0 229 0 0 0
2007 0 173 0 0
2006 0 0 0
2005 0 0 0
2004 0 0 0
2003 0 0 0
2002 0 0
2001 0 0
2000 0 0

(注1) 2007年4月1日より新たに追加されました。
(注2) SARSは重症急性呼吸器症候群の略称です。2003年11月5日より新たに追加されました。
(注3) MERSは中東呼吸器症候群の略称です。2015年1月21日より新たに追加されました。
(注4) 2008年5月12日より新たに追加されました。

ページの先頭へ戻る

 

三類感染症(届出基準と届出様式
コレラ 細菌性赤痢 腸管出血性
大腸菌感染症
腸チフス パラチフス
2016 0 0 14 0 0
2015 0 1 14 0 0
2014 0 0 9 0 0
2013 1 1 22 1 0
2012 0 0 14 0 0
2011 0 9 29 0 0
2010 0 3 46 0 1
2009 0 1 38 0 0
2008 0 0 38 0 0
2007 0 12 21 0 0
2006 1 2 30 0 0
2005 2 2 15 0 0
2004 3 8 47 1 0
2003 0 3 24 1 0
2002 0 5 17 0 0
2001 0 11 40 0 0
2000 0 8 40 0 0

ページの先頭へ戻る

 

四類感染症(届出基準と届出様式
E型肝炎
注1
ウエストナイル熱注1 A型肝炎
注1
エキノコックス症 黄熱
2016 1 0 3 0 0
2015 0 0 10 0 0
2014 2 0 18 0 0
2013 0 0 11 0 0
2012 0 0 9 0 0
2011 0 0 1 0 0
2010 1 0 4 0 0
2009 0 0 0 0 0
2008 0 0 1 0 0
2007 0 0 0 0 0
2006 0 0 7 0 0
2005 0 0 8 0 0
2004 0 0 1 0 0
2003 0 0 0 0 0
2002 0 0
2001 0 0
2000 0 0

 

オウム病 オムスク
出血熱
注2
回帰熱 キャサヌル
森林病
注2
Q熱
2016 1 0 0 0 0
2015 0 0 0 0 0
2014 0 0 0 0 0
2013 0 0 0 0 0
2012 0 0 0 0 0
2011 1 0 0 0 0
2010 1 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 0
2008 0 0 0 0 0
2007 0 0 0 0 0
2006 0 0 0
2005 1 0 0
2004 0 0 0
2003 1 0 0
2002 1 0 0
2001 0 0 0
2000 0 0 0

 

狂犬病 コクシジ
オイデス症
サル痘
注1
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)注3
2016 0 0 0 2
2015 0 0 0 5
2014 0 0 0 0
2013 0 0 0 0
2012 0 0 0
2011 0 0 0
2010 0 0 0
2009 0 0 0
2008 0 0 0
2007 0 0 0
2006 0 0 0
2005 0 0 0
2004 0 0 0
2003 0 0 0
2002 0 0
2001 0 0
2000 0 0

 

腎症候性
出血熱
西部ウマ
脳炎
注2
ダニ媒介
脳炎
注2
炭疽  チクングニア熱注4
2016 0 0 0 0 0
2015 0 0 0 0 1
2014 0 0 0 0 0
2013 0 0 0 0 0
2012 0 0 0 0 0
2011 0 0 0 0 0
2010 0 0 0 0
2009 0 0 0 0
2008 0 0 0 0
2007 0 0 0 0
2006 0 0
2005 0 0
2004 0 0
2003 0 0
2002 0 0
2001 0 0
2000 0 0

 

つつが虫病 デング熱 東部ウマ脳炎
注2
鳥インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1/H7N9)を除く)
注1
2016 13 9 0 0
2015 10 3 0 0
2014 8 1 0 0
2013 8 2 0 0
2012 5 2 0 0
2011 3 1 0 0
2010 8 2 0 0
2009 4 0 0 0
2008 5 0 0 0
2007 10 0 0 0
2006 2 0 0
2005 4 0 0
2004 6 1 0
2003 7 0 0
2002 9 0
2001 22 0
2000 19 0

 

ニパウイルス
感染症
注1
日本紅斑熱 日本脳炎 ハンタウイルス
肺症候群
 
Bウイルス病 
2016 0 2 0 0 0
2015 0 2 0  0 0
2014 0 0 0  0 0
2013 0 3 0  0 0
2012 0 1 0 0 0
2011 0 0 0  0 0
2010 0 0 0  0 0
2009 0 0 0  0 0
2008 0 0 0 0 0
2007 0 0 1 0 0
2006 0 0 1 0 0
2005 0 0 0 0 0
2004 0 0 0 0 0
2003 0 0 0  0 0
2002 0 0  0 0
2001 0 0 0 0
2000 0 0 0 0

 

鼻疽注2 ブルセラ症 ベネズエラウマ脳炎注2 ヘンドラウイルス感染症注2 発しんチフス
2016 0 0 0 0 0
2015 0 0 0 0 0
2014 0 0 0 0 0
2013 0 0 0 0 0
2012 0 0 0 0 0
2011 0 0 0 0 0
2010 0 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 0
2008 0 0 0 0 0
2007 0 0 0 0 0
2006 0 0
2005 0 0
2004 0 0
2003 0 0
2002 0 0
2001 0 0
2000 0 0

 

ボツリヌス症
注5
マラリア 野兎病注1 ライム病 リッサウイルス
感染症
注1
2016 0 1 0 0 0
2015 0 0 0 0 0
2014 0 0 0 0 0
2013 0 0 0 0 0
2012 0 0 0 0 0
2011 2 0 0 0 0
2010 0 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 0
2008 0 1 0 0 0
2007 0 2 0 0 0
2006 0 0 0 0 0
2005 0 1 0 0 0
2004 0 0 0 0 0
2003 0 0 0 0 0
2002 0 0 0
2001 0 1 1
2000 0 0 0

 

リフトバレー
注2
類鼻疽
注2
レジオネラ症 レプトスピラ症
注1
ロッキー山紅斑熱(注2
2016 0 0 20 1 0
2015 0 0 12 0 0
2014 0 0 23 0 0
2013 0 0 9 0 0
2012 0 0 7 0 0
2011 0 0 7 0 0
2010 0 0 7 0 0
2009 0 0 7 0 0
2008 0 0 12 0 0
2007 0 0 8 0 0
2006 3 0
2005 3 0
2004 2 0
2003 2 0
2002 0
2001 0
2000 0

(注1) 2003年11月5日より新たに追加されました。
(注2) 2007年4月1日より新たに追加されました。
(注3) 2013年3月4日より新たに追加されました。
(注4) 2011年2月1日より新たに追加されました。
(注5) 感染症法の一部改正(2003年11月5日施行)により変更となりました。(法改正前のボツリヌス症:「乳児ボツリヌス症」として報告)

ページの先頭へ戻る

 

五類感染症(届出基準と届出様式
アメーバ赤痢 ウイルス性
肝炎
注1
カルバペネム耐性
腸内細菌科細菌
感染症
注2
急性脳炎
注1
2016 10 5 22 10
2015 7 7 23 6
2014 12 6 5 5
2013 10 11 0
2012 10 7 10
2011 6 9 9
2010 10 6 10
2009 8 3 7
2008 9 6 3
2007 8 3 1
2006 4 3 10
2005 7 4 1
2004 8 7 2
2003 1 11 0
2002 1 11
2001 4 13
2000 5 10

 

クリプトスポリジウム症 クロイツフェルト
・ヤコブ病
劇症型溶血性レンサ球菌感染症 後天性免疫
不全症候群
2016 0 3 5 16
2015 0 1 2 9
2014 0 4 2 18
2013 0 5 2 26
2012 0 0 1 18
2011 0 1 0 16
2010 0 4 0 20
2009 0 3 2 25
2008 0 1 2 18
2007 0 3 2 18
2006 0 3 0 8
2005 0 2 0 12
2004 0 2 0 20
2003 0 1 2 5
2002 0 0 0 2
2001 0 1 1 3
2000 0 1 0 4

 

ジアルジア症 侵襲性インフルエン
ザ菌感染症
注3
侵襲性髄膜炎菌
感染症
注3
侵襲性肺炎球菌
感染症
注3
2016 0 1 0 13
2015 1 0 0 7
2014 0 0 0 9
2013 1 0 1 3
2012 1
2011 0
2010 3
2009 0  
2008 0  
2007 2  
2006 1  
2005 1  
2004 0  
2003 0  
2002 2  
2001 0  
2000 0  

 

水痘(入院例に
限る。)
注2
先天性風しん
症候群
梅毒  播種性クリプト
コックス症
注2
破傷風
2016 2 0 27 0 3
2015 2 0 14 0 1
2014 0 0 4 0 0
2013 0 7 1
2012 0 8 2
2011 0 6 2
2010 0 4 1
2009 0 3 0
2008 0 4 0
2007 0 0 0
2006 0 4 1
2005 0 4 1
2004 0 7 0
2003 1 5 1
2002 0 6 1
2001 0 3 1
2000 0 5 1

 

バンコマイシン耐性黄色
ブドウ球菌感染症
注4
バンコマイシン耐性
腸球菌感染症
風しん注5 麻しん注5
2016 0 0 0 0
2015 0 0 2 0
2014 0 1 2 2
2013 0 0 35 1
2012 0 1 4 4
2011 0 1 3 14
2010 0 0 3 5
2009 0 0 1 5
2008 0 0 7 38
2007 0 0
2006 0 0
2005 0 0
2004 0 0
2003 0 0
2002 0
2001 1
2000 0

 

薬剤耐性アシネトバクター
感染症
注2
髄膜炎菌性髄膜炎注6
2016 0
2015 1
2014 0
2013 0
2012 0
2011 0
2010 0
2009 0
2008 0
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 0
2000 0

(注1) 感染症法の一部改正(2003年11月5日施行)により変更となりました。(法改正前のウイルス性肝炎:「急性ウイルス性肝炎(すべてのウイルスの型を含む)」として報告、法改正前の急性脳炎:「定点把握対象疾患」として報告) 
(注2) 2014年9月19日より新たに追加されました。 
(注3) 2013年4月1日より新たに追加されました。
(注4) 2003年11月5日より新たに追加されました。
(注5) 感染症法施行規則の一部改正(2008年1月1日施行)により定点把握疾患から全数把握疾患に変更になりました。
(注6) 感染症法施行規則の改正(2013年4月1日施行)により削除されました。

ページの先頭へ戻る

 

新型インフルエンザ等感染症
  (届出基準と届出様式等は、現時点では定められていません。)
新型インフルエンザ(注) 再興型インフルエンザ
2016 ・・・ ・・・
2015 ・・・ ・・・
2014 ・・・ ・・・
2013 ・・・ ・・・
2012 ・・・ ・・・
2011 ・・・ ・・・
2010 ・・・ ・・・
2009 ・・・ ・・・
2008 ・・・ ・・・
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000

(注) 2008年5月12日より新たに追加されました。

ページの先頭へ戻る

 

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 衛生研究所 生活科学部
電話:082-277-6575 /  FAX:082-277-0410
メールアドレス:ei-seikatsu@city.hiroshima.lg.jp