1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

麻しん(はしか)、風しんの定期予防接種について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP

 

 麻しん、風しんに対する免疫を確実に獲得するために、平成18年4月1日から予防接種法に基づく定期予防接種は、1回接種から2回接種に変更されました。(第1期・第2期)
(*第1期:1歳児、第2期:小学校就学前1年間

 しかし、平成19年の麻しんの流行はこれまでと異なり、10歳代から20歳代の患者が多いのが特徴で、予防接種を受けた者でも罹患するケースもみられました。

 この理由として、この年代は麻しんにかかったことがなく、かつ予防接種を受けていない人が比較的多いこと、予防接種を受けても免疫が得られない人(全接種者の5%以下)がいることや、また一度予防接種により免疫を獲得しても麻しんウイルスに接触する機会が少なくなったため,徐々に抗体価が低下して免疫が低くなっていることなどが考えられます。

 このような状況の中、予防接種をこれまでに1回しか受けていない年齢層を対象に、平成20年度から平成24年度までの5年間の期間限定で定期予防接種が行われました(第3期・第4期)。

 

麻しん風しん定期予防接種の接種対象者と接種時期一覧表
時期 対象者 接種期間
第1期 生後12か月~24か月未満  生後12か月~24か月未満
第2期 小学校就学前1年間(注)  小学校に就学する前年の4月1日から小学校に就学する年の3月31日まで

(注)5歳以上7歳未満の者で、小学校就学前の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある者

 

 ・麻しん(はしか)風しんの予防接種を受けましょう!(健康福祉局健康推進課)
  (第2期についての詳細が確認できます)

 

【注意事項】

 麻しんや風しんは乳幼児期早期にかかることが多いので、1歳になったらできるだけ早く第1期の予防接種を受けましょう。(生後12か月から24か月未満の間に受けてください。)

 来年度、小学校に就学するお子さんは、小学校就学前までに、第2期の予防接種を受けましょう。(小学校に就学する前年の4月1日から小学校に就学する年の3月31日までに受けてください。)

 麻しん、風しんのいずれかにかかったお子さんは、麻しん風しん混合ワクチンか、または、かかっていない方のワクチンを接種してください。

 麻しん、風しんのいずれにもかかってないお子さんは、麻しん風しん混合ワクチンを接種しますが、麻しんワクチン及び風しんワクチン各1回接種も可能です。

 麻しん、風しんの両方にかかっているお子さんは、予防接種を受ける必要はありません。

 麻しんや風しんにかかったことが確実でない場合は、予防接種を受けることをお勧めします。(記憶違いのこともありますし、診断が血液検査等によって確定されていない場合は、別の病気の可能性もあります。)

 

-お問い合わせ-

各区保健センター(健康長寿課)
または 
健康福祉局健康推進課(電話:082-504‐2622)