1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

麻しん(はしか)、風しんの定期予防接種について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP

 

 麻しん、風しんに対する免疫を確実に獲得するために、平成18年4月1日から予防接種法に基づく定期予防接種は、1回接種から2回接種に変更されました。(第1期:1歳児、第2期:小学校就学前1年間

 しかし、平成19年の麻しんの流行はこれまでと異なり、10歳代から20歳代の患者が多いのが特徴で、予防接種を受けた者でも罹患するケースもみられました。

 この理由として、この年代は麻しんにかかったことがなく、かつ予防接種を受けていない人が比較的多いこと、予防接種を受けても免疫が得られない人(全接種者の5%以下)がいることや、また一度予防接種により免疫を獲得しても麻しんウイルスに接触する機会が少なくなったため,徐々に抗体価が低下して免疫が低くなっていることなどが考えられます。

 このような状況の中、予防接種をこれまでに1回しか受けていない年齢層を対象に、平成20年度から平成24年度までの5年間の期間限定で定期予防接種が行われました(第3期、第4期)。

 

麻しん風しん定期予防接種の接種対象者と接種時期一覧表
時期 対象者 接種期間
第1期 生後12か月~24か月未満 生後12か月~24か月未満
第2期 小学校就学前1年間(*) 小学校に就学する前年の4月1日から小学校に就学する年の3月31日まで

(*)5歳以上7歳未満の者で、小学校就学前の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある者

 

2期の無料接種は3月31日までです!

【平成30年度の接種対象者と接種期間(第2期)】

 接種対象者:平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれの方
 接種期間:平成30年4月1日~平成31年3月31日

 麻しん風しんの予防接種を無料で受けることのできる定期接種の対象者(2期)は、平成31年4月に小学1年生になるお子さん(平成30年度 年長の方)です。

 接種期間(平成31年3月31日まで)を過ぎると任意の予防接種となり、全額自己負担になりますので、対象となるお子様をお持ちの保護者の方で、もしまだお子様が予防接種を受けておられない場合は、この機会にぜひ受けていただくようお願いいたします。 

 

 ・麻しん(はしか)風しんの予防接種を受けましょう!(第2期についての詳細が確認できます)(健康福祉局健康推進課)

 

【予防接種についてのお問い合わせ先】

 各区保健センター(健康長寿課) または 健康福祉局健康推進課(電話:082-504‐2622)  

 

参考

 麻しん(はしか)は、麻しんウイルスによって引き起こされる感染症で、39℃前後の高熱と耳の後ろから始まって体全体へと広がる赤い発疹を特徴とする全身性疾患です。その感染力はきわめて強く、1名の麻しん患者から免疫のない12~18名が感染するといわれています(インフルエンザでは2~3人)。

 発熱が1週間以上続き、肺炎や脳炎などの合併症を発症する割合も高く、比較的症状の重い病気です。

 国立感染症研究所作成の麻しん啓発ビデオより(→ 約15分のビデオです。ぜひご覧ください。)

 ・麻しんにかかると、10人に4人は入院する。
 ・肺炎や脳炎などのため1000人に1人が死亡する。
 ・脳炎を起こした場合、回復しても重度の後遺症が残ることがある。
 ・回復してから10年ほどしてから、亜急性硬化性全脳炎というきわめて重い病気を発病することもある。 

 麻しんの根本的な治療法はなく、対症療法しかありません。また 麻しんは、手洗いやうがい、マスクの着用など、一般的な感染症予防対策では、ほとんど防ぐことができません。予防接種のみが麻しんの感染を防ぐことができる方法です。
 麻しんの流行を防ぎ、根絶するためにはワクチン接種率を95%以上に維持する必要があるといわれています。

 下図に広島市における2期の平成27年度~平成30年度の累積接種率を示しています。平成29年度の接種率については、1期が96.2%、2期が93.8%で、2期は前年度(93.2%)よりやや上昇し、近年ではもっとも高い接種率でしたが、95%には届いていません。

 平成30年(2018年)は、沖縄県の広い範囲で麻しんが流行しました。また、全国的に風しん患者が増加しています。定期接種の対象者の方で予防接種をまだ受けていない方は、なるべく早めに受けましょう。

【図】広島市における麻しん風しん予防接種の累積接種率の推移

広島市における麻しん風しん予防接種の累積接種率のグラフ

 

注意事項等

・麻しんや風しんは乳幼児期早期にかかることが多いので、1歳になったらできるだけ早く第1期の予防接種を受けましょう。(生後12か月から24か月未満の間に受けてください。)

・来年度、小学校に就学するお子さんは、小学校就学前までに、第2期の予防接種を受けましょう。(小学校に就学する前年の4月1日から小学校に就学する年の3月31日までに受けてください。)

・麻しん、風しんのいずれかにかかったお子さんは、麻しん風しん混合ワクチンか、または、かかっていない方のワクチンを接種してください。

・麻しん、風しんのいずれにもかかってないお子さんは、麻しん風しん混合ワクチンを接種しますが、麻しんワクチン及び風しんワクチン各1回接種も可能です。

・麻しん、風しんの両方にかかっているお子さんは、予防接種を受ける必要はありません。

・麻しんや風しんにかかったことが確実でない場合は、予防接種を受けることをお勧めします。(記憶違いのこともありますし、診断が血液検査等によって確定されていない場合は、別の病気の可能性もあります。)

・大学や専門学校への進学、進学後の実習参加(特に医療・教育・保育関係等)や就職の際等に、予防接種済証の提示を求められることがあります。

・妊娠していたり、重度のアレルギーがあるなどのため、予防接種を受けることができない人もいます。

*予防接種を受けることができない人の麻しんの感染を防ぐためには、予防接種が可能な人が接種することによって、麻しんを根絶するしか方法がありません。自分自身を守るためにも、また、まわりの人たちを守るためにも、できるだけ早く予防接種を受けましょう。

 

関連情報

 ・麻しん対策・ガイドラインなど(国立感染症研究所)