1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

ICカード利用者登録における確認事項

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 電子入札システムICカード利用者登録がうまく行えない場合の確認事項をこちらに掲載しています。

 まず、広島市電子調達システムマニュアルのページに掲載の操作マニュアル「電子入札システム(利用者登録)」をご確認のうえ、以下の事項について確認してください。

 

 

 

 

 

 

(1)  利用者登録画面を表示し、操作を行おうとするとブラウザのウィンドウが強制的に閉じてしまう場合。

 ブラウザのセキュリティ機能により、電子入札システムの画面がブロックされている可能性があります。こちらのページ(広島市電子調達システム利用端末の環境設定について) をご確認いただき、パソコンの環境設定(セキュリティ設定の変更)を行ってください。

 また、ブラウザにGoogleツールバーやYahooツールバーが設定されていると、ツールバーのブロック機能により同様の現象が発生することがあります。電子入札を行うパソコンでは、これらのツールバーを削除または無効にしてください。
 なお、ツールバーの削除方法等については、自社のシステム管理担当者にご相談ください。

 

 

 

     
(2)  電子入札システムの画面を開いた後、しばらく待っても画面中央上部の時刻が表示されず灰色のボックスが表示されたままになる場合

 JavaPolicy(ジャバポリシー)が正しく設定されていない可能性があります。
 JavaPolicy(ジャバポリシー)の設定については、こちらのページ(広島市の電子入札に参加するには)をご確認のうえ、ICカードを購入された電子認証局にお問い合わせください。(広島市電子調達ヘルプデスクでは対応できません。)

     
  時刻が表示されない例

 

 

 

     
(3)  PIN番号を入力後、「ログインに失敗しました」と警告が表示される場合

 入力されているPIN番号をご確認ください。PIN番号はICカードを購入された際に、電子認証局から通知された番号になります。
 (広島市が入札参加資格認定時に発行する「パスワード」ではありませんのでご注意ください。)

     
  PIN番号入力ダイアログボックスの図
     
     

(4)

 利用者登録画面を開いた時に「Java Plug-in アプレットインストールの警告」ウィンドウが表示される場合

 Windowsのユーザ名に漢字やひらがな、大文字の英数字などの2バイト文字が使用されている可能性があります。
 この場合、電子入札システムを利用するためには、Windowsのユーザ名の変更など、下記の設定が必要になります。
 なお、Windowsのユーザー名の設定方法については、自社のシステム管理担当者にご相談ください。

     
  1.  設定済の電子入札システム関連のプログラムをすべて削除(アンインストール)してください。
 削除方法等につきましては電子認証局のマニュアルをご確認ください。
  2.  管理者権限をもった半角英数字のWindowsユーザを作成します。
  3.  手順2で作成したユーザでWindowsにログインして、電子入札システム関連のプログラムのインストールおよび設定を行います。
 
     
  <技術資料>
   

電子入札コアシステムを利用する応札者クライアントに対する制限事項について(PDF 79KB)
(作成:一般財団法人日本建設情報総合センター電子入札コアシステム開発コンソーシアム)

 

 

 

 

 

 

(5)

 その他ご不明な点の問い合わせ先

 

 

 

 

 各電子認証局

 

 

(Javaの設定については、ICカードを購入された電子認証局にお問い合わせください。)

 

 

電子入札コアシステムに対応した電子認証局の一覧(別画面で表示します。)
(一般財団法人日本建設情報総合センターのホームページ)

 

 

 

 

 広島市電子調達ヘルプデスク

 

 

(システムの操作全般に関するご質問にお答えする窓口です。)

 

 

TEL

050-2018-3813 

FAX

050-2018-0048 

Eメール

help@keiyaku.city.hiroshima.jp 

電話受付時間

祝祭日を除く月曜日から金曜日
午前8時30分から正午まで
午後1時から午後5時15分まで
(Eメール、FAXは常時送信可能です。)