1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市の電子入札に参加するには(電子入札を行うための事前準備)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
 広島市の電子入札に参加するには、参加を希望する案件に該当する広島市の入札参加資格を得ていただいたうえで、以下を事前に準備する必要があります。

 

 

 広島市の入札参加資格をお持ちでない方は、まずこちらのページをご覧ください。→資格審査申請や変更届など

   
事前準備の内容
   
(1) パーソナルコンピュータとプリンタ等およびインターネット接続環境の整備
(2) ICカードとICカードリーダの購入

(3)

ICカードリーダーの接続とJava Policyの設定
(4) パソコンの環境設定(セキュリティ設定の変更等)
(5) ICカード利用者登録
(6) (必要に応じて)「安全な通信を行うための証明書」の入手と設定
   
(1) パーソナルコンピュータとプリンタ等およびインターネット接続環境の整備
   パーソナルコンピュータとプリンタ、提出書類を作成するためのソフトウェアと、インターネットへの接続環境を整備してください。
   パーソナルコンピュータの性能等については、広島市電子調達システムマニュアルのページに掲載している電子入札システム(事前準備)マニュアルを参考にしてください。
   また、電子入札に参加するためには、連絡先の電子メールアドレスが必要ですのであわせてご準備ください。
 (携帯電話の電子メールアドレスはご利用いただけません。)

 

 

(2) ICカードとICカードリーダの購入
   電子入札システムにログインするために必要となる、「ICカードとICカードリーダ」を電子入札コアシステムに対応した電子認証局から購入してください。
 購入方法・価格等については、電子認証局にお問い合わせください。

 電子入札コアシステムに対応した電子認証局の一覧(別画面で表示します。)
(一般財団法人日本建設情報総合センターのホームページ)

 

(注意)電子認証局へのICカードの申し込みにあたり、ICカードの名義にご注意ください。

 

 広島市の電子入札システムでご利用いただけるICカードの名義については、広島市電子調達システムマニュアルのページに掲載している電子入札システム(事前準備)マニュアルを確認してください。

   また、ICカードの申し込みから、ICカードがお手元に届くまでに、通常2~3週間かかるようですので、電子入札への参加予定を考慮のうえ、購入手続を行ってください。

 

 

(3) ICカードリーダーの接続とJava Policy(ジャバ・ポリシー)の設定

 

 

 

・ICカードリーダーの接続と設定

 

 ICカード購入の際に電子認証局から送付される『設定ツール』等を用いて、ICカードリーダの接続と設定を行います。

 

 

 

・Java Policy(ジャバ・ポリシー)の設定
   ICカードリーダの設定時に、以下のJava Policy(ジャバ・ポリシー)を設定する必要があります。(設定ツールによっては、JavaPolicyのことを「発注機関URL」と言う場合があります。)
 以下2つのアドレスを、 2つとも、半角英数字の小文字で正しく設定してください。

 

 

 
http://ebid.keiyaku.city.hiroshima.lg.jp/
https://ebid.keiyaku.city.hiroshima.lg.jp/
   設定ツールの操作方法に関しては、電子認証局のマニュアルを参照のうえ、各電子認証局にお問い合わせください。(広島市電子調達ヘルプデスクでは対応できません。)

 

(注意)国土交通省、広島県等ですでに電子入札を行っている方も、広島市の電子入札に参加するためには必ず設定する必要があります。

 

 

(4) パソコンの環境設定(セキュリティ設定等の変更)
   システムを利用されるパソコンの環境設定(セキュリティ設定等の変更)をしてください。
 (この設定を行わないとブラウザのブロック機能などが働き、電子入札システムが正しく動作しません。)

 

  設定内容については、広島市電子調達システム利用端末の環境設定について のページを参照してください。

 

(注意)国土交通省、広島県等ですでに電子入札を行っている方も、広島市の電子入札に参加するためには必ず設定する必要があります。
   
(5) ICカード利用者登録
   上記(3)~(4)の設定完了後、ICカードをセットして、広島市電子入札システムの画面を表示し、ICカードの利用者登録を行います。
   ICカード利用者登録の手順については広島市電子調達システムマニュアルのページに掲載している電子入札システム(利用者登録)マニュアルを参照してください。

 

(注意)国土交通省、広島県等ですでに電子入札を行っている方も、広島市の電子入札に参加するためには必ず設定する必要があります。
   
(6) 「安全な通信を行うための証明書」の入手と設定

 

(この設定は必要に応じて行ってください。(下記注意事項参照))

 広島市電子入札システムでは、入札書情報等が漏えいしないよう、SSL(Secure Socket Layer)を用いてデータ通信を暗号化します。
 データ通信の暗号化には、地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)におけるアプリケーション認証局(第四世代)の自己署名証明書(ここでは、「安全な通信を行うための証明書」と呼びます。)をブラウザに組み入れることが必要です。
 

 設定方法等については、「安全な通信を行うための証明書」の入手と設定(933KB)(PDF文書)をご覧ください。

(注意事項)

・他の地方公共団体等の電子入札に参加するため、すでにこの「安全な通信を行うための証明書」をブラウザに取り込んでいる場合、この設定を再度行なう必要はありません。
・Windows Vista以降のWindowsOSでは、Windows アップデートにより、「安全な通信を行うための証明書」が自動で取り込まれます。

 何らかの事情により、自動で取り込みされていない場合には、手動で取り込みを行ってください。

 

 

(7) お問い合わせ先

 

 

 

<入札参加資格について>

 

 ・物品・役務等の入札参加資格

 

  財政局 契約部 物品契約課 (電話 082-504-2083)

 

 ・建設工事、建設コンサルタント業務の入札参加資格

 

  財政局 契約部 工事契約課 (電話 082-504-2280)

 

 

 

<電子入札を行うための事前準備の内容について>

 

  財政局 契約部 物品契約課 (電話 082-504-2620)

 

 

 

<システムの操作方法について>

 

  広島市電子調達ヘルプデスク (電話 050-2018-3813)