1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

届出基準と届出様式

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP感染症発生動向調査(各種メニュー:感染症発生動向調査)

 

最近の変更
2016年11月21日より(詳細はこちら

 感染症法に基づく届出基準と届出様式が一部改正されました。

 

2016年2月15日より(詳細はこちら

 ジカウイルス感染症が全数把握対象疾患の四類感染症に追加されました。

 

2015年5月21日より(詳細はこちら

侵襲性髄膜炎菌感染症及び麻しんについて、患者の氏名、住所等を直ちに届け出るよう届出方法が変更されました。
後天性免疫不全症候群の届出基準、届出様式が変更されました。

 

2015年1月21日より(詳細はこちら

中東呼吸器症候群鳥インフルエンザ(H7N9)が指定感染症から全数把握対象疾患の二類感染症に変更されました。
重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)の疾患名が変更されました。
デング熱の届出基準が変更されました。

 

2014年9月19日より(詳細はこちら

 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症、播種性クリプトコックス症、水痘(入院例に限る。)が全数把握対象疾患の五類感染症に追加され、薬剤耐性アシネトバクター感染症が定点把握対象疾患から全数把握対象疾患に変更されました。

 

届出基準と届出様式(2016年11月21日現在)

 ◆ アルファベット・五十音順(全数把握対象疾患・定点把握対象疾患・動物の疾患)

 ◆ 全般的事項
 

 ◆ 全数把握対象疾患  一類感染症二類感染症三類感染症四類感染症五類感染症の一部

 ◆ 定点把握対象疾患   週単位届出対象疾患月単位届出対象疾患

 ◆ 動物の疾患 (法第13条第1項に規定する獣医師が届ける動物の疾患)

 ◆ 疑似症 (法第14条第1項に規定する厚生労働省で定める疑似症)

 

【一括ダウンロード】

 ◆ 届出基準(動物の疾患を除く)(682KB)
 ◆ 届出基準(動物の疾患)(353KB)

 ◆ 届出様式(全数把握対象疾患)(802KB)
 ◆ 届出様式(定点把握対象疾患)(328KB)

 

【その他】

 ◆ 病原体検査依頼票
   
全数把握感染症(106KB)
   
定点把握感染症(165KB)(*)
   
(*:病原体定点医療機関(市内12か所)が衛生研究所に検査を依頼するときに使用してください。) 

 ◆ つつが虫病・日本紅斑熱・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者調査票 (113KB)

 

届出先(各区の保健センター)

 ◆ 各区の保健センター(2017年4月現在)

届出・お問合せ先 電話番号 FAX番号
中保健センター 健康長寿課 保健予防係
(中区地域福祉センター内)
504-2528 504-2175
東保健センター 健康長寿課 保健予防係
(東区総合福祉センター内)
568-7729 264-5271
南保健センター 健康長寿課 保健予防係
(南区役所別館内)
250-4108 254-9184
西保健センター 健康長寿課 保健予防係
(西区地域福祉センター内)
294-6235 233-9621
安佐南保健センター 健康長寿課 保健予防係
(安佐南区総合福祉センター内)
831-4942 870-2255
安佐北保健センター 健康長寿課 保健予防係
(安佐北区総合福祉センター内)
819-0586 819-0602
安芸保健センター 健康長寿課 保健予防係
(安芸区総合福祉センター内)
821-2809 821-2832
佐伯保健センター 健康長寿課 保健予防係
(佐伯区役所内)
943-9731 923-1611

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 保健医療課 保健予防係
電話:082-504-2622 /  FAX:082-504-2258
メールアドレス:healthed@city.hiroshima.lg.jp