1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

衛生研究所>紹介>生物科学部

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

衛生研究所TOP紹介

生物科学部

 生物科学部では、赤痢やコレラ等の感染症の検査、食中毒や集団かぜの原因究明、細菌・ウイルスに関する調査・研究などの業務を実施しています。

 試験・検査は、食品細菌、細菌病理、ウイルスの3担当に分かれて行っています。

 

イラスト(顕微鏡)

食品細菌担当

細菌病理担当

ウイルス担当

 

 

食品細菌担当

 食品細菌担当では、食品衛生法に基づき食品の成分規格検査、食中毒病原検索、食中毒起因菌の疫学検査、食品などの細菌・真菌検査などの各種検査を行っています。
また、食中毒をおこす細菌に関する調査・研究を実施しています。 

 

イラスト/培地に菌を接種している

     
収去検査

 保健所からの依頼に基づき、市内の食品取扱業者等から収去された食品について、成分規格の定められた食品の規格検査、その他の食品などでの大腸菌群などの衛生指標菌や食中毒起因菌の検査を行っています。

 

食中毒病原検索

 食中毒、有症苦情発生時に、保健所からの依頼に基づき、 調理施設での検食、食品残品、拭き取りなどについて、食中毒起因菌の検索を行っています。

食中毒起因菌の分離検査の写真 【食中毒起因菌の分離検査】

 

衛生検査

 市民から寄せられた異味異臭・腐敗変敗・カビ発生などの食品苦情、食品製造施設・旅館ホテル・病院給食施設などの衛生指導などに伴う細菌検査を実施しています。

 

依頼検査

 食品製造業者などからの依頼による食品検体について、成分規格検査、衛生指標菌検査、食中毒起因菌検査などを行っています。

食品の前処理の写真 【食品の前処理】

調査・研究

 腸管出血性大腸菌、カンピロバクターなどの食中毒をおこす細菌について、分子疫学的な研究を行っています。

リアルタイムPCR法による遺伝子検査の写真 【リアルタイムPCR法による遺伝子検査】

 

ページの先頭へ戻る

 

 

 

細菌病理担当

 細菌病理担当では、 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づく病原細菌などの検査およびQFT検査、感染症発生動向調査事業に基づく細菌学的検査を行っています。
 また、病原細菌に関する調査研究を実施しています。 

 

イラスト/試薬をスポイトで滴下している

     
腸管系病原菌検索

 感染症予防対策の一環として、赤痢、腸チフス、コレラ、腸管出血性大腸菌感染症などの感染症発生時に、病原菌の検索を実施しています。

病原細菌の分離検査の写真 【病原細菌の分離検査】

 

感染症発生動向調査

 感染症発生動向調査事業に基づき、細菌感染症の検査を行っています。

 

QFT検査

 結核患者の接触者の健康診断(接触者健診)の1つとして、結核の免疫学的検査を行っています。

 

環境調査

 浴槽水中のレジオネラ属菌の検査を行っています。

 

調査・研究

 サルモネラ、腸管出血性大腸菌感染症などの病原細菌について、分子疫学的な研究を行っています。
 厚生労働省科学研究事業に参加し、研究協力を行っています。

 

ページの先頭へ戻る

 

 

 

ウイルス担当

 ウイルス担当では、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づく感染症発生動向調査事業のウイルス学的検査、集団発生事例の原因究明のためのウイルス検査、感染症流行予測のための感受性調査、エイズ予防対策の一環としてのHIV抗体確認検査などの各種試験検査を実施しています。
 また、ウイルス感染症に関する調査研究を行っています。

 

イラスト/顕微鏡で観察している

     
感染症発生動向調査事業

 5類定点把握感染症のうち病原体検査対象疾患を中心に 、その起因病原体の特定を目的として、市内12定点医療機関において採取された咽頭拭い液、糞便、髄液等の検体について、ウイルス分離同定検査等を行っています。また、全数把握疾患のうち、一般の検査施設では検査できないウイルス性疾患の確定検査を行っています。

 検査結果は定点医療機関に還元するとともに、広島市感染症情報センターに週報、月報として情報を提供しています。また、広島市感染症情報センターのホームページにもデータを公開しています。

ウイルス分離検査:培養細胞への検体の接種の写真 【ウイルス分離検査:培養細胞への検体の接種】

 

集団発生事例でのウイルス検査

 インフルエンザ集団発生、食中毒・有症苦情などの食品媒介性胃腸炎集団発生などの原因を明かにするために、保健所、保健センターからの依頼に基づき、ウイルス学的検査を行っています。

ウイルス分離検査:培養細胞の観察の写真 【ウイルス分離検査:培養細胞の観察】

 

感受性調査

 各種ウイルス感染症の流行予測及び予防対策に役立てるために、ワクチン接種により予防可能なウイルス感染症(ポリオ、麻しん、風しん、インフルエンザ、日本脳炎、B型肝炎など)について市民の抗体保有状況を調査しています。

 

エイズ予防対策に基づく検査

 各保健センターで受け付けているHIV抗体検査において、一次スクリーニング検査で陽性または判定保留とされた検体について確認検査を行っています。

HIV血清検査の写真 【HIV血清検査】

 

カキ衛生対策に基づくウイルス検査

 保健所の依頼により、広島湾北部海域で養殖されているカキについて、食品媒介性ウイルス性胃腸炎の主要な病因であるノロウイルス(SRSV)の汚染状況を調査しています。

カキ検体からのウイルスRNAの抽出の写真 【カキ検体からのウイルスRNAの抽出】

 

その他のウイルス学的、血清学的検査

 市内医療機関等の依頼、協力によりウイルス分離検査、血清学的検査を行っています。

 

調査・研究

 大規模食中毒や、冬季の感染性胃腸炎の主原因となっているノロウイルス及び呼吸器系疾患等の原因ウイルスの分子疫学的な研究を行っています。
 厚生労働省科学研究事業に参加し、研究協力を行っています。

 

ページの先頭へ戻る

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 衛生研究所 生活科学部
電話:082-277-6575 /  FAX:082-277-0410
メールアドレス:ei-seikatsu@city.hiroshima.lg.jp