1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

感染症トピックス/つつが虫病

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP感染症トピックス

 

つつが虫病とは(届出基準と届出様式

 リケッチアと呼ばれる寄生細菌に感染して起こる感染症で、この菌を持ったダニの一種であるツツガムシの幼虫に刺されることによって感染します。

 つつが虫病を媒介するツツガムシには、かつて東北・北陸で多くみられた古典型といわれるアカツツガムシと、戦後、日本各地でみられるようになった新型といわれるタテツツガムシ、およびフトゲツツガムシの3種類あります。現在、古典型のアカツツガムシは消滅したものと考えられています。

 このほかに、日本紅斑熱、重症熱性血小板減少症候群もダニが媒介する疾患です。これらの疾患はダニの活動が盛んになる春から秋にかけて特に注意が必要です。

 

 広島市の発生状況は、こちらからご確認ください。

 

症状・発生時期

【症状】

 発熱(39℃以上の高熱)、ダニの刺し口、発しんの3つが主な特徴です。

 5~14日の潜伏期の後、全身倦怠感、食欲不振とともに頭痛、悪寒、発熱などを伴って発症します。患者の半数に刺された場所の近くでリンパ節の腫れがみられます。
最大の特徴はツツガムシに刺された刺し口で、これにより「かぜ」など他の病気と区別することができます。また、多くは発病後数日で体幹部を中心に発しんがみられるようになります。

 早期に適切な治療を行えば症状は比較的軽くて治癒しますが、治療が遅れると肺炎や脳炎など重症化する場合がありますので、注意が必要です。

ダニの刺し口と発しんの写真(河合忠監修「カラーアトラス検体別ヒトの寄生虫」より)

 

【発生時期】

 広島市など比較的温暖な地域では、新型ツツガムシ病を媒介するタテツツガムシ、フトゲツツガムシは、秋~初冬に孵化し、この時期に哺乳動物の体液を吸うことから、患者の発生もこの時期に多くなります。ただし、一部のツツガムシは越冬し早春に活動を再開するので、春~初夏にも発生がみられる場合があります。

 

治療方法

 テトラサイクリン系の抗菌薬が有効です。ただし、早期に投与することが重要です。

 

予防方法

 この病気は、リケッチアに感染したダニの一種であるツツガムシの幼虫に刺されることによって感染しますから、ツツガムシに刺されないようにすることが最も重要です。特に発生時期である秋~初冬にかけて注意しましょう。

1.野山に仕事や行楽で立ち入る場合は、肌を出さないように長袖、長ズボン、長靴、手袋などを着用しましょう。

2.野山に立ち入った後は、ツツガムシが吸着しているかもしれませんので、入浴して体をよく洗い流してください。ツツガムシが6時間以上吸着しないと感染が成立しないといわれていますので、ツツガムシに刺されたとしても、早く取り除けば感染を防ぐことができるものと考えられます。

 なお、現時点では、つつが虫病の予防のためのワクチンはありません。

 

参考

 ・ツツガムシ病とは(国立感染症研究所)
 ・つつが虫病について(広島県感染症・疾病管理センター)
 ・ダニ類が媒介する感染症に注意しましょう(健康福祉局保健部健康推進課)

関連情報

 ・感染症トピックス/日本紅斑熱
 ・感染症トピックス/重症熱性血小板減少症候群
 ・ダニ媒介脳炎に関するQ&A(厚生労働省)

 
広島市におけるつつが虫病の発生状況(全数把握疾患報告数(今年)全数把握疾患報告数(過去)

【表】つつが虫病・日本紅斑熱・重症熱性血小板減少症候群の報告状況(2013年以降)

つつが虫病 日本紅斑熱 重症熱性血小板減少症候群
2018 9 5 0
2017 20 2 0
2016 13 2 2
2015 10 2 5
2014 8 0 0
2013 8 3 0

 

【図】つつが虫病の感染月別報告数

つつが虫病の感染月別報告数

 2000~2018年に、つつが虫病と報告された届出172件のうち、感染時期の記載があった136件について感染月別に集計しています。
 ほとんどが10月から11月の間に感染していると考えられており、この時期は特に注意する必要があります。

 

【2000~2017年のまとめ】

 広島市の年間報告数は、図1のとおりです。

 月別では、ほとんどが10月から11月に感染しています図2参照)。これは、この時期にツツガムシが孵化し、哺乳動物の体液を吸うことと関係しているものと考えられ、特にこの時期に、山林、草むら等に入る場合は、ツツガムシに十分注意する必要があります。

 年齢別では、比較的高齢の方の報告が多く(特に55歳以上)なっています。これは、高齢者がこの病気にかかりやすいということよりも、高齢者が農林作業や登山、山菜採りなどで山林や草むらに入る機会が多いことが原因であると考えられます(図3参照)。

【図1】年間報告数の推移

【図1】年間報告数の推移

【図2】感染月別報告数

【図2】感染月別報告数

【図3】年齢階層別報告数

【図3】年齢階層別報告数

【参考データ】年齢階層別報告数

5歳
未満
5-9
10-14
15-19
20-24
25-29
30-34
35-39歳 40-44歳 45-49歳 50-54歳 55-59歳 60-64歳 65-69歳 70歳以上
2000                  1 3 1 5 2 3 4
2001 1 1     1   1       4 4 3 2 5
2002               1     2 1 2 1 2
2003       1                 1 1 4
2004               1       2 1 1 1
2005                         1 2 1
2006               1             1
2007       1         1       1 3 4
2008   1               1       1 2
2009                       1 1 1 1
2010       1     1         1   1 4
2011                       1   1 1
2012           1   1       1   1 1
2013                     1   1 4 2
2014             1         4 1 2  
2015                 1 1   1 2 1 4
2016               1   1     1 2 8
2017               1       4   6 9
1 2 0 3 1 1 3 6 3 6 8 25 17 33 54

 

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 衛生研究所 生活科学部
電話:082-277-6575 /  FAX:082-277-0410
メールアドレス:ei-seikatsu@city.hiroshima.lg.jp