1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

感染症トピックス/ノロウイルスによる感染性胃腸炎

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP感染症トピックス

 

2015年11月10日更新

感染性胃腸炎とは
(届出基準と届出様式:
感染性胃腸炎感染性胃腸炎(ロタウイルス)

 感染性胃腸炎とは、細菌、ウイルス、寄生虫などによって引き起こされる胃腸炎のことです。このうちウイルス性の感染性胃腸炎には、ノロウイルス、ロタウイルスによるものが多く、ほかにアデノウイルス、アストロウイルス、サポウイルスなどによるものがあります。

 最近、全国的にノロウイルスによると考えられる集団感染事例が多く報告されています。ノロウイルスは人から人へ感染する場合と、食品から感染する場合があります。また、感染力が強く、少量のウイルスでも感染しますので、福祉施設・保育園・学校などの集団生活の場では、集団感染を引き起こしやすいといわれており注意が必要です。

 

ノロウイルスとは

 ウイルスの中でも比較的小型のウイルスで、従来小型球形ウイルス(SRSV)またはノーウォーク様ウイルスと呼ばれていました。

 ノロウイルスは胃酸の中でも生き延び、アルコールや逆性石けん(塩化ベンザルコニウム等)などの薬剤にも抵抗力があります。また、他のウイルスと比べて、環境中や食品中で比較的長く存在することができますが、増殖することはありません。増殖するのは人間の腸管の中のみです。

 ノロウイルスの感染力は非常に強く、わずか10~100個のウイルスでも感染することがあるといわれています。

 このようなノロウイルスの薬剤や環境中での抵抗力の強さ、人への感染力の強さに加え、感染経路の多様性が、予防対策を困難なものにしています。

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、以前は「お腹の風邪」、「お腹のインフルエンザ」などと言われたこともありましたが、比較的最近になってから、その原因の多くがノロウイルスであることがわかってきました。

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、晩秋から冬季にかけて多くなりますが、それ以外の季節でもみられます。

 

症状

 潜伏期間は1~2日で、下痢と嘔吐が主な症状で、そのほか、発熱、吐き気、腹痛、頭痛などの症状がみられます。発熱はあまり高くならないことが一般的です(38℃以下)。また、小児では嘔吐が多く、成人では下痢が多いことも特徴の一つです。

 一般的には数日で軽快し、後遺症もありませんが、 免疫力が弱い乳幼児や高齢者は、脱水症状を起こして重症化する場合がありますので注意が必要です。

 また、特に高齢者の場合は合併症や体力の低下などから症状が悪化したり、嘔吐物がのどに詰まったために、窒息したり肺炎などの二次感染を起こす場合がありますので、慎重な経過観察が必要です。 

 

感染経路

 感染経路は、基本的にはノロウイルスが口から入り、消化器に達して主に腸管で増殖して感染します。ノロウイルスが口に達する経路は様々で、具体的な経路を下に示しました。

 感染性胃腸炎の原因となる病原体の中でも、ノロウイルスは他の病原体と異なり、経口感染や接触感染のみならず、飛沫感染や空気感染を起こすことが最近になってわかってきました。

 これらの感染経路を理解することが、予防する上で大切です。

1. 経口感染(食中毒)
(1)ウイルスに汚染された食品(二枚貝に含まれていることがあります。)を、生または十分に加熱しないで食べた場合。
(2)感染した人が調理して食品や水が汚染され、それを食べたり飲んだりした場合。

2. 接触感染
(1)感染した人の便や吐物にふれ、手指をとおして口から入った場合。
(2)
感染した人の手指や感染した人が触れた衣服、器具等に接触し、手指をとおして口から入った場合。

3.飛沫感染
(1)患者の便や吐物が飛び散り、その飛沫(ノロウイルスを含んだ小さな水滴。1~2m飛散します。)を吸い込んだ場合。
(2)便や吐物を不用意に始末したときに発生した飛沫を吸い込んだ場合。

4. 空気感染
(1)患者の便や吐物の処理が不十分なため、それらが乾燥して飛沫よりもさらに細かい粒子となって空気中を漂い、それを吸い込んだ場合。この場合感染源からかなり離れた場所でも、感染する可能性があります。

 

治療方法

 現在、ウイルスの増殖を抑える薬はありませんので、整腸剤や点滴による電解質補給など対症療法しかありません。

 なお、下痢や嘔吐がひどい場合、脱水症状を起こす場合がありますので、水分補給につとめるとともに、早めに医療機関を受診してください。(特に乳幼児や高齢者)

 

予防方法

1. 手洗いの励行
 最も基本的なことは、手洗いの励行です。(特にトイレの後、便や吐物を処理した後、調理の前、食事の前など)手洗いは石けんを使用し、しっかりと流水で洗い流してください。(注1参照)

2. 食品の十分な加熱
 ウイルスが含まれている可能性のある食品は、中心部までよく加熱してください。(注2参照)

3. 消毒
 ノロウイルスに対しては、熱湯または次亜塩素酸ナトリウム による消毒(注3参照)が有効です。
(1) 調理器具の消毒が大切です。まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯による消毒が有効です。
(2) ウイルスが付着した衣服や器具、施設なども消毒する必要があります。

4. 患者の便、吐物の処理
 患者の便、吐物には多量のウイルスが含まれていますので、取扱いには十分注意してください。
(1) 床などにある便や吐物を処理する時は、使い捨ての樹脂製(ビニールなど)手袋とマスク、エプロンを着用してください。また、処理する時は、換気を十分に行ってください。
(2) 便や吐物は、使い捨てのペーパータオル等で、外側から内側に向けて、ふき取り面を折りたたみながら静かにふき取ります。
(3) ふき取った便や吐物は使用したペーパータオル等と一緒に、ウイルスが飛散しないようにビニール袋等に入れて、口をしっかりと縛って密封し廃棄してください。この時、ビニール袋には、あらかじめ廃棄物が十分に浸る程度に1000ppm(0.1%)次亜塩素酸ナトリウム(注3参照)を入れておきます。
(4) 便や吐物を処理した後の床などは、1000ppm(0.1%)次亜塩素酸ナトリウム(注3参照)をしみこませたペーパータオルで覆うか、浸すようにふきます。10分程度おいて、水で濡らしたペーパータオル等でよくふき取ってください。これらの使用後の廃棄物や手袋も、ビニール袋等に入れて、口をしっかりと縛って密封し廃棄してください。
(5) 便や吐物で汚れた衣服や器具などは、ウイルスが飛散しないように汚物を処理し、200ppm(0.02%)次亜塩素酸ナトリウム消毒剤(注3参照)に浸け置きした後、よく洗濯・洗浄してください。
(6) ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐物や便は速やかに処理し乾燥させないことが重要です。
(7) 処理した後の手洗いとうがいは、特に念入りに行ってください。
(8) 嘔吐した場合は、口の中をよくすすいでください。せきやくしゃみなどにより飛沫が発生し、ほかの人に感染させるおそれがあります。また、使った流し(水槽内)や水栓をよく掃除してください。

5. その他
 症状がある間は、食品の調理をできるだけ控えてください。やむをえず調理する場合は素手で食品を触らずに、手袋や箸を使用し、洗浄後乾燥させた調理器具を使用してください。また、症状がなくなっても比較的長期間ウイルスが排出される場合がありますので、食品を調理される方は、十分に注意する必要があります。
 下痢や嘔吐の症状がある場合は、できるだけ学校や仕事を休み、体力の回復に努めてください。

(注1) 石けん自体にはノロウイルスを直接死滅させる効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指からはがれやすくする効果があります。手のひらだけでなく、指の間や指先、爪の間もしっかりと洗います。手拭用のタオルは共用しません。
(注2) 中心部が85~90℃で90秒間以上の加熱が必要とされています。
(注3) ノロウイルスに対しては 次亜塩素酸ナトリウム による消毒が有効です。ただし、皮膚に対する刺激作用がありますので手洗いには使用できません。また、腐食するため原則金属には使えません。次亜塩素酸ナトリウムは消毒する対象に応じて、適切な濃度に希釈して(薄めて)使います。消毒液の作り方(薄め方)と使用上の注意事項については、消毒液の作り方と使用上の注意(当サイト)を参考にしてください。 

 

参考資料

 ◆ ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)
 ◆ ノロウイルス感染症とは(国立感染症研究所)
 ◆ ノロウイルスの感染経路(国立感染症研究所)
 ◆ 感染性胃腸炎とは(国立感染症研究所)
 ◆ ノロウイルスによる感染性胃腸炎について(広島県感染症・疾病管理センター)
 

 ◆ ノロウイルス感染症とその対応・予防(医療従事者・施設スタッフ用)(国立感染症研究所)
 ◆ 高齢者介護施設における感染対策マニュアル(厚生労働省)
 ◆ 社会福祉施設におけるノロウイルス対応標準マニュアル(東京都福祉保健局)

 

 

広島市における感染性胃腸炎の流行状況(2015年11月10日更新)
最近の動向/感染性胃腸炎

 1999/00シーズン以降のシーズン別累積定点当たり報告数の推移をみると、過去最高となった2003/04シーズンまでは増加傾向で推移していましたが、それ以降はやや減少し、概ね横ばいで推移しています。(図1参照

 図2の月別定点当たり報告数をみると、10月ごろまでは少ないですが、11月ごろから急激に増加し、12月に大きなピークを迎えます。翌年の1月にやや減少しますが、2月から4月ごろにかけてはほぼ横ばいで推移し、その後夏季にかけて減少しています。

 一般的に、冬季の感染性胃腸炎の原因はウイルス性のものが多く、特にノロウイルスとロタウイルスが主な原因ウイルスとされています。
 図3は、感染性胃腸炎の患者から検出されたノロウイルスとロタウイルスの月別検出数を示しています。12月をピークとして冬季の前半はノロウイルスが、3月~4月をピークとして冬季の後半はロタウイルスがやや多くなっています。このことから、感染性胃腸炎の月別定点当たり報告数の推移を示した図2で、12月のピークは主にノロウイルスを原因とする患者によるもので、その後はロタウイルスを原因とする患者が増えることにより横ばいになると考えられます。

 図4は、過去10シーズンにおける感染性胃腸炎の患者から検出されたウイルスの種類別割合を示したグラフです。
 期間中(2005/06シーズン~2014/15シーズン)に、398人の感染性胃腸炎の患者からウイルスが検出され、このうちノロウイルスは222人(56%)から検出されており半数以上を占めています。

*感染性胃腸炎の1シーズンは9月から翌年の8月までとします。

 

【図1】 シーズン別報告数の推移

【図1】シーズン別報告数の推移グラフ

【図2】 月別報告数の推移

【図2】月別報告数の推移グラフ

【図3】 感染性胃腸炎の患者から検出されたノロウイルスとロタウイルスの
月別検出数(2005/06シーズン~2014/15シーズン)

【図3】感染性胃腸炎の患者から分離されたウイルスの月別検出数

【図4】 感染性胃腸炎の患者から検出されたウイルスの種類別割合
(2005/06シーズン~2014/15シーズン)

【図4】感染性胃腸炎の患者から検出されたウイルスの種類別割合

【データの詳細】
  ◆ 病原体検出情報広島市における年次別・疾患区分別ウイルス等検出状況

 

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 衛生研究所 生活科学部
電話:082-277-6575 /  FAX:082-277-0410
メールアドレス:ei-seikatsu@city.hiroshima.lg.jp