1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成30年度中学校の職場体験学習(キャリア・ウィーク)について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 広島市では、すべての中学校で望ましい勤労観、職業観を育成するため、5日間程度の職場体験学習を行っています。

1 職場体験とは

 職場体験とは、生徒が事業所などの職場で、職業や仕事の実際について体験したり、働く人々と接したりする学習活動です。
 

2 職場体験学習を長期間実施するメリット

<生徒にとって>

  • 長期の実施により、心や態度が変化し、新しい自分を発見することができる。
  • 体験先の方をはじめ、人との出会いを通じて、交流を深めることができる。
  • 将来について、考えるきっかけとなる。
  • 働くことの喜びや厳しさを実感し、理解することができる。
  • 長期の実施により体験活動そのものが充実する。

<家庭にとって>

  • 子どもたちを見つめ直すきっかけとなる。
  • 「働くこと」に対する見方を親子で共有できる。
  • 子どもたちとのコミュニケーションが図りやすくなる。
  • 保護者への見方が変わり、「感謝」の気持ちが見られるようになる。

<学校にとって>

  • 実際の産業界等の知識や技術に触れるなど体験の深まりによる教育的効果(学ぶ意欲の向上、職業選択能力や働くことに対する望ましい見方・考え方の育成)が期待できる。
  • 地域における学校の存在をアピールでき、学校教育に対する協力が得られるようになる。また、教職員に対する地域の理解が深まる。

<事業所(企業)にとって>

  • 教育への参画を通しての社会貢献となる。
  • 将来に向けた産業界を担う人材育成となる。
  • 職場の活性化につながる。
  • 地域・学校との関係づくりができる。
  • 指導に当たる社員の意識の向上につながる。
  • 地域における事務所の認知度が向上する。

3 職場体験学習の成果

<生徒の声>

     職場の人やお客様と交わす挨拶がとても大切だと思いました。挨拶をした方も、された方も良い気分になりました。これからは、地域の方々や友達などへ積極的に明るく挨拶しようと思います。

     一つ一つの仕事を責任を持ってやることの大切さが分かりました。これからは、学校生活の中で、任されている係の仕事を責任をもって行い、毎日の勉強にも頑張って取り組みたいと思います。

     職場体験をして感じたのは、働くことの厳しさ、大変さです。僕たちを支えてくれている家族や地域の人への感謝の気持ちを忘れてはいけないと思いました。

     

<生徒アンケート>

     職場体験後のアンケートでは、約8割の生徒が、「自分の進路や職業について考えるきっかけになった。」、約9割の生徒が「毎日の学校生活を頑張ろうと思う。」と答えています。

 「学校」「家庭」「地域」が一体となり、まちぐくみで未来を担うたくましいひろしまの子どもたちを育てるため、地域のみなさまのご理解とご協力をお願いします。

詳しくは、「中学生の職場体験学習リーフレット」をご覧ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 指導第二課
電話:082-504-2487 /  FAX:082-504-2142
メールアドレス:kyo-sido2@city.hiroshima.lg.jp