1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成19年度 中筋幼稚園の取組(文部科学省「地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業」平成19年度モデル地域)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1 日常の安全対策(教職員)
(1)取組日時
 平成19年4月~平成20年3月
(2)目的 幼児は状況を判断して行動することが難しく、危険を伴うことが多い。幼稚園や地域の事情等を考慮し教職員の研修を行い、幼児の命を守るための安全を確保する意識を高める。
(3)活動者 全教職員
(4)内容
 ア 教職員の共通理解と園内体制の整備-教職員の役割の明確化や危機の際に機能する役割を遂行できるよう多様な側面から実地訓練を行った。安全の意識を高めながら継続的な実施ができるよう月に一度の安全指導日に実施した。
 イ 不審者情報に係る関係機関との連携
 ウ 登園後、保育中、園庭開放時、降園時などの体制整備
 エ 幼稚園施設における安全確保
 オ 日常の安全管理や緊急事態発生時の安全管理、事後の対応や措置などの危機管理の基本的な考え方
   

2 登降園時における安全確保
(1)取組日時
 平成19年4月~平成20年3月
(2)目的 「自分たちの安全はまず、自分たちの手で守ろう」という意識の啓発と、身近な安全を確保する。
(3)活動者 保護者・教職員・地域ボランティア
(4)内容 送り迎えの際の名札の着用を徹底した。防犯パトロールのベスト・ジャンバーの毎日の着用を保護者会役員を中心に(30着)依頼した。また、時間を守っての登降園・遅刻や早退時の門の開閉方法等を保護者と連携を図り徹底した。

3 子ども安全の日に安全指導の実施
(1)取組日時
 「安全指導日」と設定した毎月22日
(2)目的 子どもの見守り活動を継続して行い、子どもたちの安全を確保する。
(3)活動者 園児・保護者・教職員・地域ボランティア
(4)内容 親子で家庭から幼稚園までの安全を確認しながら、登降園をする。特に「危険な場所はないか」「子ども110番の家」の確認等、危険回避のための行動や対処方法を指導実施する。
 
  

4 園内での不審者対応の避難訓練の実施
(1)取組日時
 毎月 防犯を含んで安全指導・避難訓練・交通指導を継続的に実施
(2)目的 幼児の安全に対する意識や対応能力を育てるため、実践を通して身につける。
(3)活動者 園児・教職員
(4)内容
 ア 平成19年4月25日(水) 不審者に対する対応の仕方を知る。
  ・「いかのおすし」の約束を知らせ、自分の命を守る大切な事柄であることを知らせる。
  ・安全指導員の方の話を聞く。
 イ 平成19年10月22日(月)学級や学年にあわせた指導 など。
  
  

5 子ども緊急通報装置の安全指導の実施
(1)取組日時
 平成19年6月28日(木)
(2)目的 子ども緊急システムについて知る。
(3)活動者 園児・教職員
(4)内容 安佐南警察署 生活安全課の方の話を聞く。緊急通報装置を押して、話してみる。
 

6 保護者への取組と啓発活動
(1)取組日時
 毎月1回
(2)目的 保護者の危機意識を高める。
(3)活動者 保護者会
(4)内容
 ア 登園、降園時の見守り活動をクラスごとに全員が参加し実施。
 イ 園庭開放時の見回り活動。
 ウ 今日のたよりや安全のたより、交通だよりなどで、その日のうちに指導。
 

7 成果と課題
 適時性のある指導や計画的な指導が大きな成果となり、幼児や保護者・教職員の意識化につながった。
 幼児は状況を判断して行動することがむつかしい。危険に遭遇したときに、教師のもとに集まり、話すことを理解してくれるかどうかが大きく危険回避を左右する。日々の生活の中で、発達をとらえて、継続的な指導を今後も実施していく必要がある。
 地域への協力については小学校と重なり保護者にも地域にも負担が大きくなる。幼稚園は、保護者同伴のため依頼等はお願いしなかったが小学校での見守りや地域の方が積極的に声をかけてくださり、守られているという感覚がするという保護者からの声が届いている。今後も引き続き小・中学校や地域の実情を考慮した取組をしていきたい。
 幼児への安全指導を進めていく上では、保護者の安全に対する意識を高め、ともに考える安全指導の必要性を感じた。幼稚園と家庭との連続性を図る安全指導に力を入れたい。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 健康教育課 保健・安全係
電話:082-504-2491 /  FAX:082-504-2328
メールアドレス:kyo-kenko@city.hiroshima.lg.jp