1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成19年度 東野小学校の取組(文部科学省「地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業」平成19年度モデル地域)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1 安全対策会議の実施
(1)取組日時
 第1回 平成19年5月14日(月)19:00~20:00
                      第2回 平成19年5月28日(月)19:00~20:00
                      第3回 平成19年6月20日(水)19:00~20:00
                      第4回 平成19年10月22日(月)19:00~20:00
(2)目的 学校と地域が連携し、児童の安全確保のために対策を協議し、改善に努める。
(3)活動者 校長、教頭、PTA準備委員、各町内会長、防犯組合長、青少年育成協議会会長、主任児童委員、元中筋小学校PTA会長、交通安全協会支部長、母親クラブ会長
(4)内容 子どもの登下校の状況、通学路の危険箇所、学校行事への協力等について協議し、安全で安心な環境づくりのために、地域や関係機関への協力依頼を行い、改善に努めた。

2 教職員による登・下校指導
(1)取組日時
 登校指導 毎月1回、下校指導4月・5月・9月・1月
(2)目的 安全な登下校の仕方が身につけることができるように指導する
(3)活動者 教職員
(4)内容 登校指導は、教職員が6ヶ所の地点に立ち、安全な登校の仕方について指導する。下校指導は、学級で下校についての指導内容を確認し、全校一斉にコース毎に下校する。教職員は、分担して9箇所に立ち、児童の下校状況を見守る。

3 教職員の不審者対応訓練・研修
(1)取組日時
 平成19年10月25日(木)15:30~
(2)目的 学校内において不審者に遭遇した際の基本的な対応の仕方について知る。
(3)活動者 全教職員
(4)内容 学校安全指導員による講話、実地訓練。

4 不審者侵入時の対応の避難訓練
(1)取組日時
 平成19年11月1日(木)10:00~10:20
(2)目的 学校内において、不審者が出現し、児童に危害が加えられる状況が予想される「緊急事態」に速やかに対応し、児童の安全を確保できるようにする。
(3)活動者 全児童、教職員
(4)内容 不審者への対応の仕方を日常的に児童に指導し、不審者対応マニュ(1)ルにしたがって、不審者に対する職員の動きと児童の安全確保のための動きを訓練した。

5 危険箇所確認フィールドワーク
(1)取組日時
 平成19年5月16日(水)-3年生  平成19年5月28日(水)-2年生
                      平成19年6月19日(火)-5年生  平成19年6月26日(火)-1年生
                      平成19年7月11日(水)-6年生  平成19年9月19日(水)-4年生
(2)目的 校区内の危険箇所を見つけたり、教えあったりしながら、危険回避の行動を学習する。
(3)活動者 児童、教職員
(4)内容 学校から通学路及び近隣の公園、神社、施設などを回りながら、危険箇所を発見したり、不審者と遭遇した場合に身を守るための方法を学習したりする。

6 地域安全マップづくり
(1)取組日時
 平成19年9月21日~10月9日
(2)目的 校区内における危険箇所(犯罪が起こりそうな場所、危険が予測されそうな場所)について親子で点検し、学校で集約した後「地域安全マップ」として配布し、注意を喚起する。
(3)活動者 全児童、保護者、教職員
(4)内容 通学路を親子で歩き、危険箇所に気づくとともに、安全な通学路の確認と不審者等に遭遇した場合の回避について話し合うとともに、危険箇所を学校に知らせる。

7 「子ども安全の日」および11月の下校指導
(1)取組日時
 ア 毎月22日またはその前後の始業前時間
                      イ 11月22日(木)1年~3年13:30~、4年~6年14:50~
(2)目的 ア 防犯ブザーの所持の確認、電池の確認、危険回避についての学習
               イ 「子ども安全の日」の意味を知る。110番の家の確認をしながら下校する。
                       見守りをしていただいている地域の方々への感謝の気持ちを持つ。
(3)活動者 全児童、教職員、保護者下校見守りチーム、下校ボランティア、地域の方々
(4)内容 「地域安全マップ」をもとに学級指導の後、下校コース別に110番の家を確認しながら下校する。教職員は、9ヶ所に立ち、下校の見守りと安全指導を行う。

8 PTA登校観察チームの活動
(1)取組日時
 毎日(1世帯 5回程度/年)7:45~8:15の間
(2)目的 児童が安全に登校できるように見守ると同時に、児童に安全について指導する。
(3)活動者 全保護者
(4)内容 PTA保安部が全保護者の登校観察の割り振りをし、毎日、保護者が交代で決められたポイント(14ヶ所)に立ち、児童の登校を見守る。

9 PTA下校見守りチームの活動
(1)取組日時
 毎日(主に1年生の下校時間)
(2)目的 児童が安全に下校できるように見守ると同時に、児童に安全についての指導をする。
(3)活動者 保安部下校見守りチーム(現在90名)
(4)内容 下校見守りチームが毎日交代で決められたポイント(現在2ヶ所)に立ち、児童の下校を見守る。

10  地域行事と学校の協力体制(会場:東野小)
(1)取組日時
 平成19年8月1日(水)19:30~21:30  真夏の夕べ(星座観察・映画会)
(2)目的 親子のふれあいの時間をつくることにより子どもの健全育成につとめる。
(3)活動者 幼児・児童・保護者、地域住民
(4)内容 親子で星を見たり、映画を見たりすることで、親子のふれあいの時間をつくる。また、地域の方々の見守りの協力により、安心して親子で過ごせたりすることを知ったり、地域の方々とのふれあう機会とする。

11  成果と課題
 本事業は、本校が新設校であり、すべてが一からのスタートであったことから、地域の方々から強い関心を寄せられた子ども達の「安全対策」が、保護者の思いと一体となり、連携した事業・取組を行うことがきた。学校での教育活動の中に、安全意識の高揚を図ることができ、教職員の取組も様々なアイデアにより内容が効果的なものになった。PTA活動としての見守り体制づくりも、保護者の理解を得られ充実しつつある。
 しかし、児童の安全意識や危険回避の力は、実際に活用できる力が身についているか検証する必要がある。実態を把握しながら、生活の中で実践できるよう、効果的な学習や指導の在り方を研究し、さらに、学校・保護者・地域の関係団体等との連携が速やかに図れる体制づくりの構築を図りたい。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 健康教育課 保健・安全係
電話:082-504-2491 /  FAX:082-504-2328
メールアドレス:kyo-kenko@city.hiroshima.lg.jp