1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成19年度 東原中学校の取組(文部科学省「地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業」平成19年度モデル地域)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1 不審者対応避難訓練
(1)取組日時 
平成19年4月17日
(2)目的 学校に不審者が侵入したとき、生徒が冷静かつ機敏に対応・避難できる能力を養う。また、教職員が冷静・機敏な対応で生徒の安全を確保できるようにする。
(3)活動者 全生徒、全教職員
(4)内容 不審者が校内に侵入した場面を想定し、休憩時間に、放送の合図と共に、生徒は迅速に各教室に避難し、教職員による安全確認の後、体育館に集合させ、身の安全を守るための手立てについて教員より指導を行った。

2 少年育成官による防犯・非行防止教室
(1)取組日時 平成19年7月18日
(2)目的 軽犯罪から身を守り安全を確保する意識を高める。
(3)活動者 全生徒
(4)内容 安佐南警察署の少年育成官に、サイバー犯罪を含む様々な軽犯罪から身を守る手立てについて講話していただいた。

3 通学路の安全マップづくり
(1)取組日時 平成19年4月12日
(2)目的 通学路の危険な箇所について自分達で考えさせ、危険を回避し、安全に登下校できる力を養う。
(3)活動者 第1学年生徒
(4)内容 学区の地図を見ながら、こども110番の家の場所について確認し、危険な箇所について生徒同士で話し合わせ、認識を深めさせた。

4 教員による登下校指導
(1)取組日時 
【登校】平成19年4月9日~13日、9月3日~7日、1月7日~11日
          【下校】平成19年7月4日、9月19日、11月28日、2月27日
(2)目的 登校時間帯や一斉下校の時間帯に登下校指導を行うことにより、生徒の安全確保を図るとともに交通マナーを習得させる。
(3)活動者 全教員
(4)内容 生徒の通学にあたり、特に安全を配慮する必要のある箇所に教員が出向いて通学状況を確認して安全を確保するとともに交通マナーについて指導を行う。

5 教員による非行防止教室
(1)取組日時 平成19年7月20日、12月21日、3月25日
(2)目的 軽犯罪から身を守り、安全を確保する意識を高める。
(3)活動者 全生徒
(4)内容 生徒指導主事と学級担任より、身の回りの危険・軽犯罪から自分を守る手立てや心構えについて、資料をもとに指導を行う。

6 地域諸団体・PTA・教員による登校指導
(1)取組日時 
毎週月曜日
(2)目的 地域の諸団体とPTA・学校が一緒にあいさつ運動を行うことにより、地域ぐるみで生徒を見守る意識を高める。
(3)活動者 青少協・民児協、PTA、教職員、生徒(特定日)
(4)内容 学校付近で地域の諸団体と教員、生徒が登校生徒とあいさつを交わす。

 

7 通学路の点検・清掃
(1)取組日時 
9月・10月の木曜日
(2)目的 生徒自ら学校周辺の通学路を点検し美しくすることにより、安全及び安全確保についての意識の啓発を図る。
(3)活動者 第3学年生徒
(4)内容 通学路を点検するとともに清掃を行う。

8 通学路の美化活動(花いっぱい運動)
(1)取組日時 
9月・10月の木曜日
(2)目的 学校周辺の通学路に花を植えて、美しくすることにより、犯罪が起こりにくい環境をつくる。また、生徒自らが行うことにより、安全及び安全確保についての意識の啓発を図る。
(3)活動者 第3学年生徒
(4)内容 通学路の人通りが少ない場所等に、花を植えたり、プランターを置くなどして、憩いの場所をつくる。

9 成果と課題
○ 不審者対応避難訓練では、実際の場面を想定して行動することで、教職員・生徒共に、実際に起こり得ることであるということを再認識することができた。
○ 少年育成官より、実際の例も含め、犯罪から身を守るより具体的な手立てを聞くことで、感想等から、生徒は、日頃気付かなかった身近にある危険も回避する力をつけることができたと思われる。
○ 通学路の掃除をしたり、花を植えたりすることにより、生徒は、どのような場所が危険な場所なのか、そして、日頃、地域の方々が様々な形で、生徒たちが活動しやすい町づくりをしてくださっており、自分達も地域の一員であるということに気付くことができた。
○ 毎週月曜日に、地域・保護者によりあいさつ運動を行っていただくことで、見守られているという意識をはぐくむことができ、自分を大切に思う気持ちを育てることができた。
○ 1年生で行った、安全マップづくりでできた地域の危険場所回避への意識を持続し、どんな場所でも自分で判断できるようにしていくことが課題である。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 健康教育課 保健・安全係
電話:082-504-2491 /  FAX:082-504-2328
メールアドレス:kyo-kenko@city.hiroshima.lg.jp