1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

ルールを守って楽しい花火

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

使用法・警告・注意を守ろう

「花火遊びは、迷惑にならない場所と時間と後始末」

ルールを守って楽しい花火

1 花火に書いてある遊び方をよく読んで必ず守りましょう 。

 

花火遊びにもルールがあります。 「絶対に手に持って使用してはい けない花火」 (打ち上げもの等)があります。
説明をよく読みましょう。

2 花火を人や家に向けたり、燃えやすいもののある場所で遊んだりしないようにしましょう。

  花火遊びをするときは、筒先の方向・場所などにくれぐれも注意しましょう。
  衣服が燃えると大きな「やけど」となることもあります。

3 水を用意し、大人と一緒に遊びましょう。

 

バケツの水に終わった花火をつけること。
また、途中で消えた花火は水につけましょう。
花火遊びには大人が積極的に参加して、花火の 正しい扱い方、火の後始末を指導してあげてくだ さい。

4 正しい位置に正しい方法で点火してください。

  点火の位置が種類や形状によって異なります。点火方法を確かめてローソクや線香で点火しましょう。

<事故事例>

ロケット花火の導火線にライターで着火。着火と同時に破裂、顔面を「やけど」

5 ふきだし、打ち上げなどの筒ものの花火は、途中で火が消えても筒をのぞいてはいけません。

<事故事例>

打ち上げ花火をふきだし花火と間違え、導火線に点火後のぞき込んで左目を直撃。視力が低下

6 花火をほぐして遊ぶことは危険です。絶対にしてはいけません。 

  花火を分解したり、火薬を集めたり、異種のものを混ぜるのは大変危険です。

<事故事例>

花火を分解して火薬と鉛玉をスプレー容器に入れて遊んでいたところ爆発。親指の付け根を骨折  

これらのルール、人の迷惑にならないようマナーを守って

楽しく花火をしましょう!

このページに関するお問い合わせ先

消防局 西消防署 予防課
電話:082-232-0381 /  FAX:082-232-3293
メールアドレス:fs-ni-yobo@city.hiroshima.lg.jp