1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

ハチの巣を駆除して欲しい(FAQID-80281~80285)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 ハチの巣の駆除は、原則的に巣ができた場所の所有者や管理者で処理していただくことになります。 
 広島市では駆除方法の説明と防護服の貸し出しを行っています。
 防護服は環境衛生課及び各区生活衛生担当に用意していますので、事前にご相談ください。

<お問い合わせ先>
【保健所環境衛生課】
  中区富士見町11番27号 Tel:082-241-7408
【東区生活衛生担当】
  東区東蟹屋町9番34号 Tel:082-568-7752
【南区生活衛生担当】
  南区皆実町一丁目4番46号 Tel:082-250-4136
【西区生活衛生担当】
  西区福島町二丁目2番1号 Tel:082-532-1017
【安佐南区生活衛生担当】
  安佐南区古市一丁目33番14号 Tel:082-831-4563
【安佐北区生活衛生担当】
  安佐北区可部四丁目13番13号 Tel:082-819-3956
【安芸区生活衛生担当】
  安芸区船越南三丁目4番36号 Tel:082-821-2829
【佐伯区生活衛生担当】
  佐伯区海老園二丁目5番28号 Tel:082-943-9762


所有者や管理者で処理が難しい場合やスズメバチの巣の直径が10センチより大きい場合は、無理をせず専門の業者に頼みましょう。
 ただし、有料となりますので、事前に料金等を確認してください。

<お問い合わせ先>
 職業別電話帳の「消毒業」の欄又は「ハチの駆除」の欄を参照


[駆除方法]
巣を駆除する場合、薬局やホームセンターでハチ用の殺虫剤を販売していますので、予備を持つという意味で2本以上購入してください。
ハチは暗くなると目が見えにくくなるので、早朝や夜間などできるだけ暗いうちに駆除作業を行ってください。
暗い場所で作業を行う場合、懐中電灯などに赤いセロファンを貼る事でハチから光が見えにくくなります。
できるだけ巣に近づき、アシナガバチでは巣に群がったハチにめがけ、スズメバチでは出入りする巣穴をめがけ、殺虫剤をしばらく吹きかけ続けてください。
ハチが居なくなってから、硬いヘラなどでハチの巣を取り除いて、燃えるゴミとして処分してください。
しばらくの間は、巣のあった場所に働きバチが飛び回りますが、そのうち居なくなります。

このページに関するお問い合わせ先

広島市保健所 環境衛生課 環境衛生係
電話:082-241-7408 /  FAX:082-241-2567
メールアドレス:kankyoeisei@city.hiroshima.lg.jp