1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

妊婦健康診査の助成

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1.助成の対象となる方

  広島市にお住まいになり住民票を有し、 妊娠している方

※対象は広島市にお住まいで住民票のある方です。

 住民票を他の市町村に登録されている方は、住民票のある市町村にお問い合わせください。

妊婦

 


 

2.補助券の受け取り方法

 お住まいの区の保健センター(保健福祉課保健指導係)で次の補助券等がセットになった母子健康手帳別冊をお渡しします。

                                                                                                                                                    

区分

健診項目
(次のうち、必要な検査を実施してください。)

助成限度額【券の色】

 [H28年度交付券] ・ [29年度交付券]

枚数

妊娠初期検査用補助券

・基本的な妊婦健康診査
(問診及び診察、血圧・体重測定、保健指導、尿検査、超音波検査)
・血液検査
(血液型(ABO血液型、Rh血液型、不規則抗体)、血算、血糖)
・感染症検査
(B型肝炎抗原、C型肝炎抗体、HIV抗体価、梅毒血清反応、風疹ウィルス抗体価、トキソプラズマ、HTLV-1抗体)
・医師が必要と認める検査

18,050円限度

 

1組

子宮頸がん検診受診券

・子宮頸がん検診(細胞診)

3,400円

1組

妊娠中期検査用補助券

・基本的な妊婦健康診査
(問診及び診察、血圧・体重測定、保健指導、尿検査、超音波検査)

・血液検査(血算)
・感染症検査(クラミジア抗原)
・医師が必要と認める検査

11,980円限度

【紫色】

9,690円限度

【白色】

1組

妊娠後期検査用補助券

・基本的な妊婦健康診査
(問診及び診察、血圧・体重測定、保健指導、尿検査、超音波検査)
・血液検査(血算、血糖)

・感染症検査(B群溶血性レンサ球菌(GBS))

・医師が必要と認める検査

8,230円限度

【黄色】

10,520円限度

【青色】

1組

定額補助券

・基本的な妊婦健康診査
(問診及び診察、血圧・体重測定、保健指導、尿検査、超音波検査)
・医師が必要と認める検査

6,170円限度

 

11組

合計(一人当たりの助成総額) 109,530円限度 14回分

 

コウノトリ

※ 補助券を交付した日以降の妊婦健康診査の受診に使用できます。

 

 

 

※ 1回の妊婦健康診査につき1組の補助券を使用できます。

     診査費用が助成限度額を超えた場合は、自己負担金が必要(有料)となります。

 

 

 

 

 

 

 

ブドウ平成29年4月から交付される補助券は、平成28年度(H29.3月まで)に交付した補助券と助成限度額が変更しています。ブドウ

※ 妊婦一人当たりの助成総額に変更はありません。 

   ○ 感染症検査(B群溶血性レンサ球菌(GBS))の記載時期を中期検査用補助券から後期検査用補助券に変更しました。

 ○ 厚生労働省が示した項目に基づき各補助券に健診項目を記載していますが、妊婦健康診査として医師が必要とする項目であれば、
  各券の助成限度額まで補助の対象となります。
   また、補助券は区分の名称に関わらず、医師が必要と認める時期に使用することができます。

 

 

~広島市では、平成25年4月から妊婦健康診査の検査項目に「子宮頸がん」検査も併せて実施しています~

○ 妊娠中に1回、子宮頸がん検診(細胞診)を受けることができます。自己負担はありません。

  (ただし、広島市外の医療機関での受診の場合、自己負担が生じることがあります。)

○ 原則として妊娠初期検査用補助券と併せて受けてください。

 

~ 妊婦初期検査では風しんの抗体検査を実施しています ~

 妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなど「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

○ 妊婦一般健康診査の初期検査には、風しんウイルス抗体価の検査が含まれています。

○ できるだけ早めに妊娠初期検査を受け、風しんの抗体価を調べてもらいましょう。 風しんの予防等については、主治医にご相談ください。


  

3.里帰り出産等により広島県外で受診する場合

(1)チラシ「広島県外で妊婦・乳児健康診査をお受けになる方へ」をご一読ください。
(2)「広島県外契約医療機関一覧表」をご覧いただき、受診予定の医療機関の名前があるかどうかご確認ください。
(3) 一覧表に受診予定の医療機関の名前がある場合
   ⇒そのまま受診していただけます。(手続き等は不要です。)
     一覧表に受診予定の医療機関の名前が無い場合
   ⇒チラシにお名前及び県外医療機関等受診予定月をご記入いただき、そのチラシを受診を希望する医療機関に直接お渡しください。

    医療機関が広島市との契約に応じていただければ、補助券を使用できます。

 

※ 県外医療機関が広島市との契約に応じていただけない場合は、償還払いによる助成となります。

下記の償還払いによる妊婦一般健康診査費等助成のご案内をご一読のうえ、

必要な書類を揃え、出産後6か月以内にこども・家庭支援課に郵送で申請してください。


広島県内の医療機関については、そのまま受診していただけます。(手続き等は不要です。)
 

4.助産所、助産院での健診を希望される方

 助産所、助産院での健診1回あたりの助成限度額は4,120円です。

助産施設用補助券の交付を受ける方法


母子健康手帳交付時
 母子健康手帳交付時に、助産所、助産院で受診する旨をお伝えください。

 お住まいの区の保健センター(保健福祉課保健指導係)で、定額補助券との交換によりお渡しします。

母子健康手帳の交付を受けた後
  妊婦・乳児健康診査受診票等交付申請書を保健センター(保健福祉課保健指導係)でご記入・ご提出いただいたうえで、

 未使用の定額補助券との交換によりお渡しします。

 その際は、母子健康手帳及び母子健康手帳別冊を必ずお持ちください。

 

5.広島市に転入される方

  妊婦・乳児健康診査受診票等交付申請書を保健センター(保健福祉課保健指導係)でご記入・ご提出いただいたうえで、

 転入元の未使用の妊婦健康診査補助券との交換によりお渡しします。

 その際は、母子健康手帳及び転入元の妊婦健康診査補助券住所が確認ができるものをお持ちください。

 

6.広島市から転出される方

  広島市から転出された時には、広島市で交付した妊婦健康診査補助券等は使用できません。

  転出先の市町村で手続きをしてください。

 

.窓口一覧

 各区の窓口(名称・所在地)

交付窓口

電話番号

所在地

中保健センター
(保健福祉課保健指導係)

082-504-2109

730-8565

広島市中区大手町四丁目1番1号

東保健センター
(保健福祉課保健指導係)

082-568-7735

732-8510

広島市東区東蟹屋町9番34号

南保健センター
(保健福祉課保健指導係)

082-250-4133

734-8523

広島市南区皆実町一丁目4番46号

西保健センター
(保健福祉課保健指導係)

082-294-6384

733-8535

広島市西区福島町二丁目24番1号

安佐南保健センター
(保健福祉課保健指導係)

082-831-4944

731-0194

広島市安佐南区中須一丁目38番13号

安佐北保健センター
(保健福祉課保健指導係)

082-819-0616

731-0221

広島市安佐北区可部三丁目19番22号

安佐北区役所高陽出張所

(交付できる窓口は、高陽出張所のみです。)

082-842-1122

739-1751

広島市安佐北区深川五丁目13番7号

安芸保健センター
(保健福祉課保健指導係)

082-821-2820

736-8555

広島市安芸区船越南三丁目2番16号

佐伯保健センター
(保健福祉課保健指導係)

082-943-9733

731-5195

広島市佐伯区海老園一丁目4番5号


※ 受付時間は平日の8時30分から17時15分までです。

 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

こども未来局 こども・家庭支援課 母子保健係
電話:082-504-2623 /  FAX:082-504-2727
メールアドレス:ko-shien@city.hiroshima.lg.jp