1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市消防航空隊について知りたい。(FAQID-00037)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

・ 平成2年4月に消防局警防部警防課に消防航空隊を設置して、広島西飛行場内に基地を設け、消防ヘリコプター「ひろしま」の運航を開始しました。

・ 編成は、消防航空担当課長1名、消防航空隊長1名、消防航空副隊長2名、操縦士2名、整備士2名、航空隊員2名です。

・ 運航体制は、機体点検などによる運航不能日を除き、年中365日災害対応しており、日出から日没まで災害活動をしています。

・ 消防航空隊の主な任務は、地震・風水害等からの被災者の救出・搬送、高層ビル火災など 高所からの救出、救急患者の救護・搬送、林野火災などにおける消火活動、大規模災害時における救援物資搬送・情報収集、各種調査などをしています。

 

■広島県内共同利用方式

・ 消防ヘリコプター「ひろしま」は、県内各市町の消防体制の充実強化と市町間の消防応 援体制の確立を目指して、”広島県内共同利用方式”によって運営しています。

・ これは、県内で発生した災害が極めて大規模である場合や特殊なものである場合などにヘ リコプターを共同で利用しようとするもので、広島市と県内全市町との間で消防組織法に基づいた応援協定を結び、ヘリコプターの運営に必要な経費の3分の1を各市町が負担する方法です。

・ 「ひろしま」は、広島市内の災害に出動するとともに、この協定に基づき、広島県内で発生した災害にも応援要請により出動します。

このページに関するお問い合わせ先

消防局 警防部 警防課 消防航空隊
電話:082-546-3454 /  FAX:082-546-3455(夜間用082-542-1007)
メールアドレス:fs-keibo@city.hiroshima.lg.jp