1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成18年度 矢野幼稚園の取組

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1 日常の安全対策
(1)取組日時
 平成18年4月~平成19年3月
(2)目的
 「自分の子どもは自分で守る」という意識を持ち、園児の安全確保に努める。
(3)活動者  保護者
(4)内容
・ 送り迎えの際の名札の着用(安全パトロール札を着用した)。
・ 正門の開閉及び施錠。→ 職員が出勤後は正門を開ける。
                 → 園児が登園終了後(おおむね9時15分頃)、正門は施錠する。
                 → 施錠後は、インターホンを通じて伝え出入りする。
                 → 降園時は、13時50分より開門する。
・ 自転車やベビーカーへの『パトロール中』ステッカー装着。

2 防犯ベストの着用・挨拶運動
(1)取組日時
 平成18年11月~平成19年3月
(2)目的
 就学前、進級前にあたり、保護者同士で朝の登園の様子を確認し合ったり、朝の挨拶を交わしたりしながら子どもを見守る意識を高める。
(3)活動者  保護者
(4)内容
・ 毎日の登園、降園時ベストを着用した。(輪番)
・ 登園時、挨拶運動を行った。(毎月22日と第2水曜日・金曜日、8時30分~9時まで挨拶運動を行う。)

3 子ども安全の日
(1)取組日時 平成18年11月22日の集会(園児・保護者)
毎月22日を挨拶運動日にあてる。
(2)目的
 子どもの見守り活動を継続する意識を喚起する
(3)活動者  園児・保護者・教職員
(4)内容
・ 挨拶運動を実施した。
・ 毎月、園便りの行事表へ22日を「子ども安全の日」と記す。
  
 

4 避難訓練(不審者侵入時)
(1)取組日時
 一覧表のとおり
(2)目的
 幼児の不審者に対する避難の方法や教職員の対応技能を、実践を通して身につける。
(3)活動者  園児・教職員
(4)内容
・ 一覧表のとおり。

                   避難訓練(不審者侵入時)年間計画一覧表

月日

ねらい

方法・内容

想定

避難経路

6/22
(木)

非常の場合の合図や避難経路・避難場所を知る。 ・事前指導有り
・自ら選ぶ活動中
・放送有り 
不審者が正門から侵入 近くの保育室


10/30
(月)
                

合図や指示をよく聞いて落ち着いて避難する。  ・予告なし
・自ら選ぶ活動中
・防犯ブザー
・放送有り
☆地域学校安全指導員
不審者が門から侵入
近くの保育室
                       

12/14
(木)

非常の場合の合図や避難経路・避難場所を知る。 ・事前指導なし
・自ら選ぶ遊びの時間
・防犯ブザー
危害を加えそうな不審者が門から侵入 近くの保育室

2/16
(金)

いつどこにいても合図や指示をよく聞いて、安全敏速に避難する。 ・予告なし
・自ら選ぶ活動中
・放送
・各クラスで「いかのおすし」の絵本をみる
☆地域学校安全指導員
危害を加えそうな不審者が侵入 近くの保育室

5 成果と課題
・ 昨年の木下あいりちゃん事件を教訓に保護者でできることから始めた日常の安全対策については、定着してきている。
・ 地域学校安全指導員の配置は、特に女性の教職員がほとんどを占める幼稚園にとっては、安心と防犯抑止力となった。また、専門的な指導助言を受けることができ教職員も不審者対応の知識を得ることができた。
・ 全員の保護者が、防犯ベストを着用しての挨拶運動を実施したが、家庭の都合や小さな子どもを抱えながらの大変さを感じ、周りの保護者が気遣う様子があり、保護者同士の連携もみられるようになった。次年度は、気楽に気負わない見守り活動のあり方を検討していきたい。
・ 不審者対応の避難訓練を継続して実施したことで、幼児の合図や指示を聞く態度が身に付いてきた。次年度も学期に1回は実施していきたい。
 

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 健康教育課 保健・安全係
電話:082-504-2491 /  FAX:082-504-2328
メールアドレス:kyo-kenko@city.hiroshima.lg.jp