1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

祇園・大町ルートの概要

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1.ルートの特徴

 JR下祇園駅、古市橋駅を起終点とし、武田山の麓に数多く点在する、戦国武将の武田氏ゆかりの史跡を訪ねるコースです。

 

2.ルート上の主な資源

河内神社 尾首日吉神社 新羅神社
●河内神社
   元は武田山山麓の河内谷にあり、武田氏から厚く崇敬されていましたが、銀山城落城とともに衰退しました。しかし「社殿を建てて祭れば、里を疫病から守る」とのお告げを受けた村民たちが、現在の場所に社殿を建立し産土神として祭ったところ、悪い病気に感染する者がなくなったと伝えられています。
 
●尾首日吉神社
   正応2年(1289年)、武田信宗が銀山城を築城する時、近江国(滋賀県)坂本の日吉神社より勧請し、一門の守護神として祭ったのが始まりとされています。銀山城落城とともに衰退しましたが、里人は社殿を現在地に移し、産土神として祭ってきました。
●新羅神社
   正安2年(1300年)、武田信宗によって甲斐国から勧請されました。清和源氏の一門で武田氏の先祖に当たる平安中期の武将、源義光(別名を「新羅三郎」という)を祭り、武田氏の守護神として崇敬されました。銀山城落城後は衰退しましたが、その後も里の氏神として祭られてきました。特徴的な姿の「夫婦ひのき」が御神木です。

3 ルートの見所

のどかな田園風景

祇園北高校卒業記念壁画

山側の道からの眺望

のどかな田園風景 祇園北高校卒業記念壁画 山側の道からの眺望

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

安佐南区役所 市民部 地域起こし推進課
電話:082-831-4926 /  FAX:082-877-2299
メールアドレス:am-chiiki@city.hiroshima.lg.jp