1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

小児慢性特定疾病に伴う県外受診者への交通費助成

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

平成29年4月1日以降の受診に係る交通費助成を申請される場合、往復分の領収証書(写し)の提出が必要となります。

 

小児慢性特定疾病医療費助成の対象となっているお子さんが、県外の病院で専門的な治療や検査を受けるための交通費の一部を助成します。


 

 対象  次の要件を満たす小児慢性特定疾病のお子さんとその保護者
 県外の医療機関 (広島~福山間の距離より近い場所にある病院を除く。)で、小児慢性特定疾病医療費助成の対象となっている病気の治療等を行うことについて、広島市が既に承認している人
 小児慢性特定疾病のお子さんが、治療等のために、広島市と県外の医療機関を往復すること


 助成金額

 

県外医療機関が属する地域 助成区分1 助成区分2 助成区分3
北海道・東北地方・関東地方

18,000円

27,000円

36,000円

中部地方

13,000円

20,000円

26,000円

近畿地方

9,000円

14,000円

19,000円

中国地方・四国地方

5,000円

8,000円

11,000円

九州地方

8,000円

13,000円

17,000円

助成区分1」とは、小児慢性特定疾病のお子さんが未就学児の場合で、公共交通機関を利用して、県外の病院と広島市の間を往復した場合です。

助成区分2」とは、小児慢性特定疾病のお子さんが小学生の場合で、公共交通機関を利用して、県外の病院と広島市の間を往復した場合です。

助成区分3」とは、小児慢性特定疾病のお子さんが、中学生以上の場合で、公共交通機関を利用して、県外の病院と広島市の間を往復した場合です。

往復又は片道を自家用車等の公共交通機関以外の手段を使って受診した場合、または公共交通機関の往復分の領収証書の写しの提出がない場合は、お子さんの年齢に関係なく「 助成区分1」となります。

同伴者がいない場合や、片道のみ同伴者がいる場合は、助成額が異なります。


  助成回数  1年度あたり3回まで


  申請書類  

   ・ 小児慢性特定疾病治療に要する交通費助成金給付申請書

   ・ 県外の医療機関で受診したことを証明する書類     

   ・ 公共交通機関を利用した場合は、往復分の領収証書の写し(平成29年4月1日以降の受診分から)


 申請先   小児慢性特定疾病医療費助成を受けている方お住まいの区を管轄する保健センター
            (受診を終えた日から2か月以内に申請してください。)

区分

郵便番号

所在地

電話番号
中保健センター(厚生部保健福祉課) 730-8565 広島市中区大手町四丁目1-1 504-2109
東保健センター(厚生部保健福祉課) 732-8510 広島市東区東蟹屋町9-34 568-7735
南保健センター(厚生部保健福祉課) 734-8523 広島市南区皆実町一丁目4-46 250-4133
西保健センター(厚生部保健福祉課) 733-8535 広島市西区福島町二丁目24-1 294-6384
安佐南保健センター(厚生部保健福祉課) 731-0194 広島市安佐南区中須一丁目38-13 831-4944
安佐北保健センター(厚生部保健福祉課) 731-0221 広島市安佐北区可部三丁目19-22 819-0616
安佐北区役所高陽出張所 739-1751 広島市安佐北区深川五丁目13-7 842-1122
安芸保健センター(厚生部保健福祉課) 736-8555 広島市安芸区船越南三丁目2-16 821-2820
佐伯保健センター(厚生部保健福祉課) 731-5195 広島市佐伯区海老園一丁目4-5 943-9733

 ※ 申請受付等が行える出張所は、 高陽出張所のみです。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

こども未来局 こども・家庭支援課 母子保健係
電話:082-504-2623 /  FAX:082-504-2727
メールアドレス:ko-shien@city.hiroshima.lg.jp