1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

西区土砂災害危険箇所図(地区・小学校区別)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

広島県の作成した広島県土砂災害危険箇所図をもとに、西区内の地区・小学校区ごとの土砂災害危険箇所図を作成しました。

このマップの使用については、次の利用条件に同意の上でご利用ください。 

▼土砂災害危険箇所図について
(1)土砂災害危険箇所図は,土砂災害による被害のおそれがある箇所を示した図です。土砂災害危険箇所図は,土砂災害の発生や被害の範囲について証明するものではありません。

(2)土砂災害危険箇所図で「土砂災害のおそれがある箇所」として表示されている土地の範囲と,土砂災害防止法による土砂災害警戒区域・特別警戒区域の土地の範囲は異なります。表示されている内容をよくご確認の上ご利用ください。

(3)本ページで提供する土砂災害危険箇所に関する情報は,平成14年4月1日現在のものです。

▼その他
(4)本ページで提供する地図情報は,地図及びデータ作成上の誤差を含んでいます。広島県
では,本ページで提供する警戒区域等その他の情報の完全なる正確性を保障いたしておりません。

 

1土砂災害危険箇所図公表の目的など
土砂災害から身を守るためには、住民のみなさんの「日常の備え」と「早めの避難」が重要です。土砂災害危険箇所図は、住民のみなさんが身近にある「土砂災害による被害の恐れのある箇所」を確認し、土砂災害への備えや警戒・避難に役立てていただくことを目的として広島県が公表しているものです。
この広島県の作成した土砂災害危険箇所図を基に西区役所で地区・学区に区分するなどしています。

2土砂災害危険箇所図の位置づけ
広島県では,土砂災害対策事業の効果的な実施を目的として、概ね5年に1回、土砂災害危険箇所調査を行い土砂災害危険箇所の所在状況を把握しております。土砂災害危険箇所図は、土砂災害危険箇所調査の成果です。

3土砂災害危険箇所図
土砂災害危険箇所図とは、土砂災害による被害の恐れのある箇所(注1)を示した図です。対象となる土砂災害は、土石流災害、がけ崩れ災害、地すべり災害です。

(注1)
土石流災害による被害の恐れのある箇所は、一定の決まりにしたがって調査し線引きしたものですから、この範囲をこえて被害が発生する場合もあります。逆に土砂災害が発生した場合でも,必ずこの範囲全てに被害がおよぶとは限りません。また、ここで図示した箇所以外でも、土砂災害は発生する場合もあります。

4土砂災害危険箇所
土砂災害危険箇所調査は、土砂災害危険箇所調査要領(注2)に基づき実施されます。土砂災害危険箇所調査では、調査要領に従い1/25,000地形図を用いて土砂災害危険箇所の所在を把握しました。土砂災害危険箇所図は、1/25,000地形図で把握した土砂災害危険箇所を1/10,000程度の地形図へ転記したものです。


土砂災害危険箇所説明図

5土石流危険渓流及び土石流による被害の恐れのある箇所
土石流発生の恐れがあり、人家や公共施設(注3)に被害の恐れのある渓流を土石流危険渓流といいます。土石流危険渓流調査では、谷地形をしている渓流又は、過去に土石流が発生した渓流、土石流の発生の恐れのある渓流を土石流危険渓流として把握しました。
土石流による被害の恐れのある箇所は、地形と土砂の堆積状況及び過去の土石流の氾濫実績を基に、想定される最大規模の土石流が氾濫する恐れがある範囲です。土石流危険渓流調査では、土石流が発生する勾配15°から勾配が2°になる地点を目安に、過去の実績、地形や堆積物から判断し、土石流による被害の恐れのある箇所を把握しました(注4)。












6急傾斜地崩壊危険箇所及びがけ崩れよる被害の恐れのある箇所
傾斜度30度以上、高さ5m以上の急傾斜地で人家や公共施設(注3)に被害を生じる恐れのある箇所を急傾斜地崩壊危険箇所といいます。
がけ崩れによる被害の恐れのある箇所とは、急傾斜地崩壊危険箇所で、斜面の下部では斜面から50mを上限として斜面の高さの2倍以内、斜面の上部では斜面から斜面高さ以内を目安に設定した範囲です(注4)。

 

 

 

 

 

 

7地すべり危険箇所及び地すべりよる被害の恐れのある箇所
地すべりが発生している又は地すべりが発生する恐れがある箇所のうち、河川、道路、公共施設、人家等(注3)に被害を与える恐れのある箇所を地すべり危険箇所といいます。
地すべりによる被害の恐れのある箇所とは、地すべり危険箇所の下端から地すべり危険箇所の長さ又は250m以内の範囲を目安に設定した範囲です(注4)。
西区には、この度の公表データ(平成14年4月1日現在)においては、設定箇所はありません。

 

 

 

 


(注2)
土石流危険渓流:土石流危険渓流及び土石流危険渓流調査要領(案),平成11年4月,建設省河川局砂防部
急傾斜地崩壊危険箇所:急傾斜地崩壊危険箇所点検要領,平成11年11月,建設省河川局砂防部傾斜地保全課
地すべり危険箇所:地すべり危険箇所調査要領,平成3年3月,建設省河川局砂防部傾斜地保全課

 (注3)
土砂災害危険箇所は、原則として人家や公共施設に被害を与える恐れのある箇所、及び人家や公共施設がない箇所でも今後宅地開発等により人家や公共施設の立地の可能性のある箇所についても調査しております。

 (注4)
土砂災害による被害の恐れのある箇所は、過去の土砂災害の実績等から得られた知見を基に調査方法を決めたものです。しかしながら、この範囲を正確に想定することは現状では非常に困難であります。したがって、土砂災害が発生した場合、この範囲を超えて被害がおよぶ場合もあります。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

西区役所 市民部 地域起こし推進課
電話:082-532-0927 /  FAX:082-232-9783
メールアドレス:ni-chiiki@city.hiroshima.lg.jp