1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

「電子メディア利用のルール10か条+1(プラスワン)」

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 テレビ、テレビゲーム、インターネット、携帯電話などの電子メディアの普及は、必要な情報が簡単に入手できるなど便利になった反面で、青少年が電子メディアに長時間接触したり、有害な情報が簡単に入手できるなど様々な弊害をもたらしています。そのためには、青少年を守る取組も必要ですが、青少年自身が、電子メディアと上手に接することや正しく利用することが大切です。

 

   そこで、「青少年がテレビ、テレビゲーム、インターネット、携帯電話などの電子メディアと上手に付き合い、活用するための家庭や学校、地域社会でつくる利用のルール」をテーマにした作品を募集したところ、965件の応募をいただき、 優秀作品10点、入選作品10点を選びました。



◆◆ 優秀作品(作品/作者)  ◆◆


ゲーム機で 遊んだよりも 宝もの外で 遊んだ 青い空 /佐古田(さこだ) 理紗(りさ)ノートルダム清心高等学校1年

 

テレビの時間 家族の時間 時間をまもって 心きらり /平田(ひらた) 真奈未(まなみ) 井口台小学校3年

 

使いすぎ あなたとメディアの 距離が大切。 /堀田(ほった) 夏美(なつみ) 亀山中学校3年

 

メールより、電話より、会って話す 大切さ!! /岡村(おかむら) 知美(ともみ) 五日市高等学校3年

 

考えよう!そのクリックは大丈夫?/上田(うえだ) めぐみ 広島文教女子大学附属高等学校3年

 

身につけよう。正しい情報 見分ける力 /光野(みつの) 友梨(ゆり) ノートルダム清心高等学校1年

 

見えない相手を思いやり、相手も自分も 楽しい気持ちに。 /末岡(すえおか) 佑梨(ゆり) 広島工業大学附属中学校3年

 

ネットにも、必ずあるのが 自由と責任。みんなで守る、ネチケット /藤川(ふじかわ) 彩(あや)ノートルダム清心高等学校1年

 

携帯は マナー厳守で ピッポッパッ/砂堀(すなぼり) 夏生(なつき) ノートルダム清心高等学校1年

 

テレビの灯りを 星の灯りに 家族で作る会話の時間 /野口(のぐち) 奈津子(なつこ) 高取北中学校2年



◆ 入選作品(作品/作者 )◆


時間決めて 回数決めて、自分の心で 選んで決めて /森(もり)  美弥(みや) 高取北中学校2年

 

TVゲーム 時間を決めて ゲームセット /山本(やまもと) 愛弓(あゆみ) 日浦中学校1年

 

メールより、人との会話、大切に/ 日下(くさか) 恵理子(えりこ)

 

信じない!ディスプレイ上の 光る文字。人と話して 初めて“情報” /綾部(あやべ) 茉依(まい)広島工業大学附属中学校3年

 

情報を 正しく使おう 見極めよう冨樫(とがし) 紗代(さよ) 亀山中学校3年

 

送る前 確認できる 優しさが あなたと私幸せにする /星川(ほしかわ) 明江(あきえ)ノートルダム清心高等学校1年

 

パソコンの 画面の向こうに 君がいる 普段の会話を 忘れずに /竹安(たけやす) 亜子(あこ)ノートルダム清心高等学校1年

 

その言葉 見えない相手 傷つける/益田(ますだ) 光(ひかる) ノートルダム清心高等学校1年

 

迷惑です 電話やめてよ バスの中 みんなの空間大切に! /広山(ひろやま) 夕貴(ゆき)広島文教女子大学附属高等学校3年

 

パソコンは 自分の部屋より リビングで! /藤井(ふじい) 沙織(さおり)ノートルダム清心高等学校 1年

                                                                                       (注)学校名、学年は応募当時のものです。

 


10か条に、あなたが決めたルールを1つ加えて(+1 プラスワン)、ポスターなどを作成してみませんか?

 poster

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 青少年育成部 育成課
電話:082-242-2116 /  FAX:082-242-2018
メールアドレス:ikusei@city.hiroshima.lg.jp