1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市地域包括支援センター

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

○ 地域包括支援センターってなに?

 高齢の皆さんが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、地域での生活を総合的に支援するため、広島市が社会福祉法人や医療法人などに委託して、設置運営しています。

 地域包括支援センターでは、専門の職員(保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー等)が、介護予防の支援をはじめ、保健・福祉などさまざまな相談に応じます。
 

○ どんなことをするの?
 

1 介護予防の相談、サービスの利用調整

 いつまでも自立した生活を送っていただくために、地域の高齢者を対象とした健康づくりや介護予防に関する活動などの情報を提供します。
 また、健康診断などで「介護予防事業の参加が望ましい」と判定された方へ、一人ひとりの状態に応じた転倒予防教室などの各種教室のご案内をさせていただきます。
 さらに、要介護認定で「要支援1・2」に認定された方には、介護予防ケアプランをつくり、介護予防サービスの利用を支援します。
(例えば、「足腰が弱くなり、転びやすいので不安」「要支援の認定を受けたのでサービスを利用したい」など)

 地域の団体から頂いたお手紙のイメージ図

 

2 保健・福祉全般に関する相談

 高齢者やその家族の皆さんなどから、健康の不安や介護の悩みなど保健や福祉、生活に関するさまざまな相談を受けます。
(例えば、「一人暮らしが不安だ」「親の介護をどのようにしたら良いか分からない」など)

ある高齢者のご家族の方とのメール

 

3 権利擁護、虐待の早期発見・防止

 高齢者が地域で安心して暮らせるよう、高齢者の人権を守ります。
 高齢者虐待の早期発見と防止、「成年後見制度」の普及や利用の手続きの支援、消費者被害に対する相談などに対し、関係機関と連携して対応します。

(例えば、「近所で虐待にあっている高齢者がいる」「財産管理が心配になった」「悪質な訪問販売の被害にあった」など)

ある消費者被害の対応事例

 

4 包括的・継続的ケアマネジメント

 地域の多様な社会資源を活用したケアマネジメント体制が構築できるよう、地域のケアマネジャーの支援や関係機関とのネットワークづくりを行います。

 

○ どこにあるの?

市内41か所に設置しており、皆様がお住まいの中学校区により担当地域包括支援センターが決まっています。
「地域包括支援センター所在地一覧表」をごらんください。

 

○ いつ相談すればいいの?

原則として、月曜日から金曜日(年末年始、祝日を除く) 8時半から17時です。 

(緊急時の電話相談は、24時間受付けます)
 

 

◆根拠規定◆

介護保険法第115条の46

広島市地域包括支援センター設置運営要綱

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 高齢福祉部 地域包括ケア推進課
電話:082-504-2648 /  FAX:082-504-2136
メールアドレス:hokatsucare@city.hiroshima.lg.jp