1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

『被爆50周年 図説戦後広島市史 街と暮らしの50年』の概要

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

写真でみる市民生活の50年。
市民はもとより、国内外から収集した原子爆弾投下直後から今日までの貴重な写真1200点余りを掲載。

 ビジュアルで大変読みやすい1冊です。また、別冊として美空ひばりの隠れた名曲「一本の鉛筆」など、ヒロシマの心をテーマとした12曲を収録したCDが付録としてセットされています。

 ⇒ 詳しい内容は、目次情報を御覧ください。


【収録写真】 

 

昭和29年 原爆ドームのある風景

 

 

 

 

原爆ドームのある風景 
撮影:鈴木正美 
撮影時期:昭和29年(1954年)正月
拍子木の音に誘われて、紙芝居に駈けよる子どもたち

 

 

千田小学校の体育の授業
所蔵:広島市公文書館(広島原爆戦災誌編纂資料)
撮影時期:昭和30年(1955年)
右後方の鉄骨は、被爆直後全焼した講堂の残骸。
昭和31年(1956年)、鉄骨のまわりに金網を張って飼育館に整備  

昭和30年 千田小学校の体育の授業

昭和34年 紙屋町交差点の写真

 

 

 

 

紙屋町交差点
所蔵:広島市公文書館(新修広島市史編纂資料)
撮影時期:昭和34年(1959年)
戦前、広島城旧外堀を埋めて生まれたT字型交差点は、戦後マッカーサー道路が作られ十字路となる。

  

【主な内容】

 

【本編】

【別冊CD】

第1部 写真でみる50年
 広島の戦後は8月6日に始まった
 広島 2年目の夏 
 一人もれなく投票だ!平和記念都市建設法   
 平和をデザインする 平和記念公園
 変り行く都市空間
 原爆ドームのある風景
 ぼくらのまいにち
 被爆者援護
 平和記念式典のあゆみ
第2部 50年のおもなできごと
 1945年~1995年
特論
 

ひろしま平和の歌(崇徳高校グリークラブ)
ヒロシマ・レクイエムより「夜明け」(広島交響楽団)
ヒロシマにかける虹(崇徳高校グリークラブ)
原爆を許すまじ(中央合唱団)
平和の山河(都山流尺八)
Hiroshima(加藤登紀子)
ヒロシマの少女の折鶴(オユンナ)
青い空は(ひろしま少年少女合唱団)
一本の鉛筆(美空ひばり)
平和の太陽(広島放送児童合唱団)
花ぐるま(芹洋子)
未来の風(西田ひかる)

 

【体裁】 AB判・5色刷り、本編382ページ、別冊CD付きブックレット14ページ

【価格】 3,490円(税込)

【販売場所】 広島市公文書館、広島市東京事務所、広島市の各区役所区政調整課(中区を除く)

 ⇒ お申込み、販売場所については、「購入方法」を御覧ください。

このページに関するお問い合わせ先

広島市公文書館(〒730-0031 広島市中区大手町四丁目1番1号 大手町平和ビル)
電話:082-243-2583 /  FAX:082-542-8831
メールアドレス:koubun@city.hiroshima.lg.jp