1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

鳥インフルエンザの食品安全について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 

鶏の絵

鶏肉、鶏卵は安全です!

安心してお召し上がりください!!

たまごの絵

食品の安全性は?

   これまで鶏肉や鶏卵を食べることにより、鳥インフルエンザがヒトへ感染した事例は世界的にも報告されておらず、現在のところ、鶏肉や鶏卵を食べることによってヒトが感染することは考えられず、鶏肉や鶏卵は安全と考えられています。

   なお、国内での鳥インフルエンザの発生をうけ、平成16年3月9日、国(食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省、環境省)は、「国民の皆様へ(鳥インフルエンザについて)」を発表し、鶏肉や鶏卵は安全であることや、国民に冷静な対応をとることなどを呼びかけいています。

   また平成26年4月24日、食品安全委員会は「鶏肉・鶏卵の安全性に関する食品安全委員会の考え方」を更新して発表しており、この中でも鶏肉・鶏卵は安全であるとの考え方を示しています。
 

(参考)ヒトにも感染するの?

 ほとんどの鳥インフルエンザウイルスはヒトには感染しませんが、東南アジアや中近東の国々ではヒトへの感染事例が報告されています。 

 感染事例の原因としては、鳥類の羽や粉末状の糞を吸引したり、それらに触れた手を介して体内に大量のウイルスが入るなどで、ヒトへの感染は、感染した鳥への密接な接触が原因と考えられています。


リンク

◆ 鳥インフルエンザに関する情報について(消費者庁ホームページ)

◆  鳥インフルエンザについて(食品安全委員会のホームページ)

◆  鳥インフルエンザについて知りたい方へ(農林水産省のホームページ)

◆ 高病原性鳥インフルエンザについて【各問合せ先】(広島市ホームページ)

◆ 感染症トピックス/鳥インフルエンザ(広島市ホームページ)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 食品保健課
電話:082-241-7434、082-241-7437 /  FAX:082-241-2567