1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

東野・川内ルートの概要

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

1.ルートの特徴
 アストラムライン中筋駅、古市駅を起終点として、住宅地の合間に広がる広島菜などの農地と川の内用水による特徴的な風景を眺めながら、地域に残る歴史的な資源をめぐる、どこか迷路のようなルートです。

2.ルート上の主な資源

明円寺 中調子八幡宮と天満宮 堤平神社
●明円寺
 この寺は、福島大和守真道の二男が1604年に開基し、山号を福島山という福島氏ゆかりの寺です。
●中調子八幡宮と天満宮
 中調子八幡宮は、中調子村の氏神として仲哀天皇、応神天皇、仁徳天皇を祭っています。
 また同じ境内にある天満宮は、武田義信の祈願所として建立したと伝えられています。
●堤平神社
 境内の手水鉢は舟石と呼ばれ、横に置いてある古い舟石には盃状穴(祈願の痕跡)も多数見受けられます。
善教寺 福島大和守の墓(伝承) 川内用水
●善教寺
 本堂の廊下に吊ってある梵鐘は、1692年、藤原宗久という鋳物師の作です。戦時中の供出を免れたこの鐘には、二体の天女とその鐘を取り巻く唐草模様が浮き彫りで施されています。
●福島大和守の墓(伝承)
 福島大和守の墓と伝えられている石塔で、大和守を名乗るどの人物のものかは不明ですが、何基かの五輪塔の残欠と考えられています。
●川の内用水
 太田川と古川に囲まれた温井、中調子、中筋、東野、東原の5地域を北から南へ貫流する用水路です。経緯等についての記録は発見されていません。

3.ルート上の見所

東野国民学校跡(門柱) とんこ石 雄大な太田川の眺め
東野国民学校跡(門柱) とんこ石の石垣 雄大な太田川の眺め
川内用水が潤す水田 川内用水の洗い場 広島菜畑
川の内用水が潤す水田 川の内用水の洗い場 広島菜畑
旧庄屋邸宅・納屋を活用したギャラリー 稲藁干し(明円寺付近) 小瀬大橋から見た古川
旧庄屋邸宅・納屋を活用したギャラリー 稲藁干し(明円寺付近) 小瀬大橋から見た古川

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

安佐南区役所 市民部 地域起こし推進課
電話:082-831-4926 /  FAX:082-877-2299
メールアドレス:am-chiiki@city.hiroshima.lg.jp