1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

植木せん定枝リサイクルセンターの概要

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 広島市では、可燃ゴミを減量するため、公園・街路樹、庭木などの植木剪定枝を再生処理し、土壌改良材などにリサイクルしています。

 

 施設名
  広島市植木せん定枝リサイクルセンター 
   (電話:082-838-2346 FAX:082-838-2346)

 所在地
  安佐北区安佐町筒瀬 玖谷埋立地内

 搬入時間
   ・1月~4月、8月、12月
      午前8時30分~午後4時
   ・5月~7月、9月~11月
      午前8時30分~午後7時
  
 
(土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、8月6日、年末年始を除く。)

位置図

 搬入者
  造園業者、一般廃棄物処理業者、市民など自ら搬入する者

 搬入できるもの
  事業所、公園、家庭から排出された植木せん定枝
 ● 長さ 2m以下
 ● 直径 10cm以下
   (造成工事等から発生する伐採材は、産業廃棄物に該当するため、搬入できません。)

■ 搬入できないもの
  竹、笹、ソテツ、シュロ、ヤツデ、腐ったり枯れたせん定枝、草、わら、つる、苗、根株、
  ビン、缶、プラスチック類

■ 再生処理手数料
  70円/10kgまでごと(消費税含む。10円未満切り捨て)
  家庭で自らせん定したせん定枝を自ら搬入する場合は無料です。

 注意事項
 ● 同センターへの搬出入は、県道下佐東線を通行してください。
  (安佐南区上安、安東地区からの搬入はできません。)
 ● 搬入時には、飛散、落下を防止するため、シート掛けを徹底してください。
 ● 同センターが開場している時間内は、植木せん定枝のリサイクルの促進のため、清
   掃工場への搬入はご遠慮ください。
  (清掃工場へ搬入する場合は、長さが50cm以下で、乾燥木の場合 直径10cm以下、
   生木の場合 直径5cm以下となります。) 

■ 処理状況

 

破砕機へ投入 土壌改良材熟成 処理フロー 
不適物を取り除いたせん定枝を破砕機へ投入します。 破砕後、土壌改良材は、野積場で約7ヵ月間熟成します。 土壌改良材やマルチング材で再利用します。

 


 

このページに関するお問い合わせ先

環境局業務部業務第一課
電話:504-2219 /  FAX:504-2229