1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

アスベスト(石綿)対策

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

  広島市におけるアスベスト(石綿)対策

 アスベスト関連製品を製造または使用する業務に従事していた方々や工場周辺住民に、アスベストが原因とみられる肺がん、中皮腫等の健康被害が多発していることが関係企業から相次いで公表され、その被害の深刻さが問題となっています。
 こうしたことから、広島市では、アスベスト問題について、市民の皆様の不安に対応し、安全を確保するために、関係部局が連携し以下のような対策を行っています。

【建築物の調査】

◆市有建築物
    広島市が管理する建築物については、アスベスト被害が社会問題となった昭和62年以降、教育関連施設をはじめ、施設のアスベストの使用状況を把握し、全ての施設を調査・点検し、必要な対策を講じています。
(お問い合わせ)    環境局 環境保全課 
              中区国泰寺町一丁目6番34号    TEL    504-2187

   市有建築物の吹付けアスベスト対策について(平成28年8月1日現在)(366KB)(PDF文書)

 

◆民間建築物
  民間建築物の所有者又は管理者に対して、当該建築物(対象:昭和31年から平成18年施工)の吹付けアスベスト(石綿)の使用実態の調査及びその結果の報告を依頼するとともに、その適正処理を要請していきます。
 (お問い合わせ)    都市整備局 建築指導課    中区国泰寺町一丁目6番34号 
              TEL    504-2288


【製造工場等発生源】

  広島市には、過去に2工場が稼動していましたが、現在、アスベスト製品の製造工場はありません。
   ・  渡辺工業(株)    中区光南三丁目9番7号    平成4年度廃業(会社現存せず)
   ・  (株)万年パイプ   南区大州四丁目3番17号  平成10年度廃業(会社現存せず)
 (お問い合わせ)    環境局 環境保全課
               中区国泰寺町一丁目6番34号     TEL    504-2187

 アスベスト製品製造工場の廃棄時の調査結果

アスベスト製品製造工場などで以前アスベストを取り扱っておられた方や、工場周辺にお住まいの方等からの健康相談は、随時受け付けておりますので、各区役所の健康長寿課までご相談ください。( 連絡先

(参考)

主なアスベストばく露作業

・石綿(アスベスト)による健康被害について

・石綿ばく露作業による労災認定等事業場一覧表:下記の厚生労働省HPをご覧ください。

(厚生労働省HP  http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/sekimen/ichiran/dl/120315-1_003.pdf)

 

【既存建築物の解体時の飛散防止対策】

   建築物の解体等に際して、所有者や解体事業者に対し、アスベストの飛散防止等について監視・指導を行います。
   建築物の所有者 ⇒ アスベスト使用状況を解体事業者に通知
   解体事業者 ⇒ アスベスト使用事前調査 ⇒ アスベスト除去作業の届出
 

 

・石綿障害予防規則に基づく届出先

機関名

管轄区域

電話番号

広島中央労働基準監督署

中区、東区、南区、西区、安芸区

082-221-2457

広島北労働基準監督署

安佐南区、安佐北区

082-812-2115

廿日市労働基準監督署

佐伯区

0829-32-1155

 

 

・大気汚染防止法に基づく届出先

  環境局 環境保全課 大気騒音係  
  中区国泰寺町一丁目6番34号    TEL     504-2187

 特定粉じん排出等作業の実施届出書様式  (WORD)  (PDF)

 

 
【アスベスト濃度の測定】

  広島市内で、昭和63年度から一般環境やアスベスト製品を製造していた工場周辺で大気中のアスベスト濃度の測定を行ってきました。 測定結果(97KB)(PDF文書)

(お問い合わせ)      環境局 環境保全課 
             中区国泰寺町一丁目6番34号  TEL 504-2187

【相談窓口の設置】

  ◆健康に関するご相談(相談時間:月~金曜日 8:30~17:00)
      各区厚生部 健康長寿課
          中区         中区大手町四丁目1番1号        TEL  504-2528
          東区          東区東蟹屋町9番34号              TEL     568-7729
          南区          南区皆実町一丁目4番46号        TEL     250-4108
          西区          西区福島町二丁目24番1号        TEL     294-6235
          安佐南区   安佐南区中須一丁目38番13号    TEL     831-4942
          安佐北区   安佐北区可部三丁目19番22号    TEL     819-0586
          安芸区       安芸区船越南三丁目2番16号     TEL     821-2808
          佐伯区       佐伯区海老園一丁目4番5号     TEL     943-9731

◆「石綿による健康被害の救済に関する法律」に基づく救済給付の申請に関するご相談(相談時間:月~金曜日 8:30~17:00)
    健康福祉局 保健部 保健医療課  中区国泰寺町一丁目6番34号   TEL 504-2178

◆環境汚染、住環境、除去工事など全般的なご相談(相談時間:月~金曜日 8:30~17:00)
    環境局 環境保全課  中区国泰寺町一丁目6番34号                  TEL  504-2187

◆建築物の所有者・管理者・解体事業者の皆様へ
  「石綿障害予防規則」の規定に基づき、建築物を解体する時には、建築物の所有者、管理者は、アスベストの使用の有無の調査、解体等の作業の方法、費用等について配慮しなければならないこととなっています。
    解体事業者は、アスベストを含む建築物を解体する時は、事前調査や作業計画の届出が必要です。
   (お問い合わせ)     広島労働局     TEL    221-9243

 

【アスベストについてのQ&A】

  市民の皆様の疑問にお答えするために Q&Aを作成しましたので、ご利用ください。

【関連リンク集】

◆厚生労働省 
石綿情報  
石綿障害予防規則の制定について   「建築物の解体等の作業における石綿対策(解体事業者向け)」「建築物からの石綿粉じん対策(建築物所有者・管理者向け)」パンフレットのダウンロードができます。

◆環境省
「私たちの環境とアスベスト」(一般啓発用パンフレット)
アスベスト問題に係る政府の対策について
粉じん規制のページ
廃棄物処理法における廃石綿等の扱い
非飛散性アスベスト廃棄物の取扱に関する技術指針

◆経済産業省
石綿(アスベスト)を含有する家庭用品の実態把握の結果について

◆広島県
・石綿(アスベスト)に関する情報

 

【アスベスト製品製造工場の廃業時の調査結果】

項目

渡辺工業 (株)

(株)万年パイプ

操業時の状況

操業内容

ジョイントシートの切断。

カナダ産石綿とセメントを混錬・成形。

粉じん発生

ゴムなどでコーティングして切断するため、粉じんの発生なし。

成形品の切断時に粉じん発生。

サイクロンによる集じん・産廃処分。

製品

各種石綿パッキン

煙突

解体時の状況

解体時期

平成4年9月頃

平成12年12月上旬

業者及び処分

D建託に解体委託(書類不明)。

M興業に解体委託。

工場・建物における

吹き付け石綿の使用

なし

なし

生産装置・機械

関連会社H社に無償譲渡。

解体業者による処分。

廃業時の原料等取扱

原料

中間製品の仕入れのため、原料の保有なし。

同業者A社に無償譲渡。

中間製品

本社工場に移転(移転量:不明)。

計画的廃業のため、中間製品の保管なし。

製品

計画的閉鎖のため、製品の保有なし。

取引会社に全て売却。

 

【主なアスベストばく露作業】

1 石綿鉱山又はその附属施設において行う石綿を含有する鉱石又は岩石の採掘、搬出又は粉砕その他石綿の精製に関連する作業

2 倉庫内等における石綿原料等の袋詰め又は運搬作業

3 次のアからオまでに掲げる石綿製品の製造工程における作業

 ア 石綿糸、石綿布等の石綿紡織製品

 イ 石綿セメント又はこれを原料として製造される石綿スレート、石綿高圧管、石綿円筒等のセメント製品

 ウ ボイラーの被覆、船舶用隔壁のライニング、内燃機関のジョイントシーリング、ガスケット(パッキング)等に用いられる耐熱性石綿製品

 エ 自動車、捲揚機等のブレーキライニング等の耐磨耗性石綿製品

 オ 電気絶縁性、保温性、耐酸性等の性質を有する石綿紙、石綿フェルト等の石綿製品(電線絶縁紙、保温材、耐酸建材等に用いられている。)又は電解隔膜、タイル、プラスター等の充填剤、塗料等の石綿を含有する製品

4 石綿の吹付け作業

5 耐熱性の石綿製品を用いて行う断熱若しくは保温のための被覆又はその補修作業

6 石綿製品の切断等の加工作業

7 石綿製品が被覆材又は建材として用いられている建物、その附属施設等の補修又は解体作業

8 石綿製品が用いられている船舶又は車両の補修又は解体作業

9 石綿を不純物として含有する鉱物(タルク(滑石)等)等の取扱い作業

10 上記1から9までの作業の周辺等において、間接的なばく露を受ける作業

 

このページに関するお問い合わせ先

環境局 環境保全課 大気騒音係
電話:082-504-2187 /  FAX:082-504-2229
メールアドレス:ka-hozen@city.hiroshima.lg.jp