1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

「水の都ひろしま」構想

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

広島デルタの写真 太田川と瀬戸内海の存在は、広島市の大きな個性であり、また快適な環境の源となっています。その魅力をより一層引きだしていくためには、「水の都」づくりという方向で市民・企業・行政それぞれの努力を計画的に結集していく必要があります。

 このため、平成2(1990)年3月に国・県・市の3者が協力して、広島市の太田川デルタを対象に「水の都整備構想」(以下「整備構想」といいます)を策定し、水の都づくりのための共通のよりどころとしてきました。

 整備構想策定後10余年の間の努力の結果、現在では都心部を中心に美しい水辺が形成されつつあります。しかし策定当時と比較すると、社会経済の状況や市民ニーズなどが大きく変化してきています。水の都づくりにおいても、これまでのように、護岸や緑地などの整備を着実に進めていくことにあわせて、既に整備された河岸緑地などの利用を活性化させて、川や海を市民により身近なものにしていくことが重要になってきました。

 そこでこれまでの実績を踏まえ、時代の変化にあわせて整備構想を見直し、新たに「水の都ひろしま」の実現に向けて取り組むための“よりどころ”として、この構想を策定しました。引き続き、市民や企業の新たなアイデアや意見を求めながら取り組みます。

 「水の都ひろしま」構想の目的は、以下の3点です。

  1. 水辺等における都市の楽しみ方の創出
  2. 都市観光の主要な舞台づくり
  3. 「水の都ひろしま」にふさわしい個性と魅力ある風景づくり

 この構想は、これまでの水辺の整備にくわえて、水辺の活用や活動を円滑かつ効果的に進めるためのネットワークづくりなど、ソフトな取り組みを重視しています。また、市民の主体的な水辺活動について新たなアイデアを喚起する役割も期待しているところから、具体的な事業に展開しにくい内容や、実施主体が明確でない内容についても、取り組みとしてとりあげています。

 

 ―目次―

  「水の都ひろしま」構想とは

  1. 水の都ひろしまの特性
     
  2. 水の都をつくるための基本方針
     
  3. 水の都の実現方策
     
  4. モデル地区計画

     

「水の都ひろしま」構想の対象区域の地図   

 

ダウンロード

概要版表紙(3MB)(PDF文書)

概要版1(305KB)(PDF文書)

概要版2(3MB)(PDF文書)

概要版3(6MB)(PDF文書)

概要版4(8MB)(PDF文書)

全体構想図(584KB)(jpgイメージ)

 

このページに関するお問い合わせ先

経済観光局 観光政策部 観光ビジネス担当
電話:082-504-2676 /  FAX:082-504-2253
メールアドレス:kanko-biz@city.hiroshima.lg.jp