1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

個人の市民税・県民税(住民税)や所得税は、どのくらいの収入から課されますか。(FAQID-9999)d

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

広島市内にお住まいの人の場合、原則として、収入金額から必要経費を差し引いた所得金額が、35万円以下(給与所得者の場合、年収100万円以下)のときは、個人住民税も所得税も課されません。

この所得金額が35万円超38万円以下(給与所得者の場合、年収100万円超103万円以下)のときは、個人住民税は課されますが、所得税は課されません。

所得金額が38万円超(給与所得者の場合、年収103万円超)のときは、個人住民税も所得税も課されます。

なお、個人住民税や所得税が課されるかどうかは、個人個人の収入の状況や、家族構成などで異なりますので、所得金額が35万円や38万円を超える場合でも、個人住民税や所得税が課されない場合があります。
 

前年の所得金額(給与収入の場合)

個人住民税

所得税

35万円以下

(年収100万円以下)

課されない

課されない

35万円超38万円以下

(年収100万円超103万円以下)

課される

38万円超

(年収103万円超)

課される

 

<お問い合わせ先>

  個人住民税について

     各市税事務所市民税係

     市役所財政局税務部市民税課市民税係

 

  所得税(国税)について (クリックすると別ウィンドウで開きます。)

     各税務署

     広島国税局