1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

試験問題

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

採用試験の問題

 問題の程度や形式などの参考のため、教養・専門試験の例題、体力試験の内容を公開しています。その他に、平成30年度に実施した小論文試験、集団討論試験及び実技試験についても課題等を公開しています。
 なお、平成31年度に実施する試験区分については、「試験実施計画」等でご確認ください。

試験区分 専門選択科目 第1次試験 第2次試験 第3次試験
I種  行政事務 法律

教養試験(189KB)(PDF文書)

専門試験(132KB)(PDF文書) 小論文試験

集団討論試験

体力試験(消防のみ)(148KB)(PDF文書)

経済 専門試験(186KB)(PDF文書)
行政 専門試験(166KB)(PDF文書)
 社会福祉 専門試験(206KB)(PDF文書)
 心理 専門試験(202KB)(PDF文書)
 土木 専門試験(125KB)(PDF文書)
 建築 専門試験(169KB)(PDF文書)
 電気 専門試験(102KB)(PDF文書)
 機械 専門試験(127KB)(PDF文書)
 化学 専門試験(176KB)(PDF文書)
 農芸化学 専門試験(96KB)(PDF文書)
 造園 専門試験(117KB)(PDF文書)
 園芸 専門試験(155KB)(PDF文書)
 林業 専門試験(131KB)(PDF文書)
 水産 専門試験(164KB)(PDF文書)
 薬剤師 専門試験(100KB)(PDF文書)
 獣医師 専門試験(108KB)(PDF文書)
 保健師 専門試験(203KB)(PDF文書)
 消防 専門試験(157KB)(PDF文書)
 保育士 教養試験(125KB)(PDF文書) 専門試験(189KB)(PDF文書) 小論文試験 実技試験
 栄養士 専門試験(147KB)(PDF文書) 小論文試験 集団討論試験
II種  行政事務 小論文試験 グループ討議
 学校事務
 土木 専門試験(81KB)(PDF文書)
 消防 体力試験(148KB)(PDF文書)
職務経験者対象 教養試験(186KB)(PDF文書) 経験小論文試験 一般小論文試験 集団討論試験
障害者対象 教養試験(125KB)(PDF文書) 小論文試験

※平成31年度は「薬剤師」「栄養士」の採用試験は実施しませんが、教養・専門試験の例題と平成30年度の「栄養士」の採用試験の小論文と集団討論の課題を掲載しています。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこのリンクをご覧ください。 


I種試験

小論文試験

I種 行政事務・技術職・資格職・消防

試験日ごとに一題を出題 (60分・1000字程度)
・広島市の入込観光客数は全体として増加傾向にある中、そのうち修学旅行生の数は年間30万人台の水準で推移している。こうした状況の背景を考察した上で、今後、本市への修学旅行の誘致を推進するに当たり、どのような取組を行うことが有効か、あなたの意見を述べよ。
・広島市の財政は、市税や地方交付税などの一般財源収入の増加が見込めない状況にある一方で、社会保障費の大幅な増加を始め公債費などの義務的経費が増加しており、財政運営は困難度を増している。こうした状況を踏まえ、本市が将来にわたって持続可能な財政運営を行うためには、どのような取組が有効か、あなたの意見を述べよ。
・広島市では、広報紙「ひろしま市民と市政」やテレビ広報番組等を通じて市政情報を発信しているが、これらの広報媒体では、若い世代の市民に対し十分に情報を届けることができていないという調査結果がある。こうした状況の背景を考察した上で、特に若い世代を対象に市政情報を発信する際、どのような取組が有効か、あなたの意見を述べよ。
・広島市は、世界に誇れる「まち」の実現に向けて様々な施策を推進している。本市が世界に誇ることができるものは何かを考察した上で、世界に誇れる「まち」の実現に向け、本市としてどのようなことを発信し、どのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べよ。
・広島市では、広島で就職する若者を増やすため、UターンやIターン、Jターンを呼び掛ける取組を進めている。こうした状況の背景を考察した上で、広島へのUIJターンを更に促進するために本市としてどのような取組を行うことが有効か、あなたの意見を述べよ。
※ Uターン:都会に出ていた人が、故郷に帰って職につくこと
  Iターン:都市部の人が地方に移り住んで職につくこと
  Jターン:都会に出ていた人が、自分の故郷に近い都市で職につくこと
・広島市では、三原市エリアから山口県柳井市エリアにまたがる24市町で構成する都市圏において、圏域経済の活性化と圏域内人口200万人超の維持を目指す「200万人広島都市圏構想」の実現に向け取り組んでいる。この構想の背景について考察した上で、本市としてどのような取組を行うことが有効か、あなたの意見を述べよ。
・広島駅周辺地区においては、南口の市街地再開発や駅の南北を結ぶ自由通路、新幹線口のペデストリアンデッキなど基盤整備が着実に進められている。こうしたことが本市の都市機能に与える影響を考察した上で、今後、同地区におけるにぎわい創出や回遊性向上のため、本市としてどのような取組を行うことが有効か、あなたの意見を述べよ。
・我が国はその自然環境から風水害・土砂災害の多い国土であり、全国どこでも近年経験した災害を超える想定外の災害が起こり得ることから、住民が自助・共助の取組を平時から行っておく心掛けが必要となる。こうした状況を踏まえ、行政として誰もが安心して暮らすことができる災害に強いまちを形成するためにどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べよ。
・平成27年の実態調査によると、広島市の販売農家戸数は10年前と比べて約3割減少しているなど、近年、全国的にも農業の担い手や農家の後継者不足等の問題が深刻化している。こうした状況の背景を考察した上で、行政としてこの問題に対し具体的にどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べよ。
・登下校時の子どもの安全確保が全国的な課題となっているが、こうした状況の背景を考察した上で、学校と家庭や地域との連携・協働の観点も踏まえ、行政としてこの課題に対し具体的にどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べよ。 

I種 保育士

試験日ごとに一題を出題(60分・800字程度)
・保育の現場において、他の園児とトラブルを起こす園児がいた場合は、保育士としてどのように対処すべきか、あなたの考えを述べよ。
・保育の現場において、食べ物を粗末にする園児がいた場合は、保育士としてどのように対処すべきか、あなたの考えを述べよ。
・保育の現場において、親から大切にされていないと感じられる園児がいた場合は、保育士としてどのように対処すべきか、あなたの考えを述べよ。 

I種 栄養士

試験日ごとに一題を出題(60分・800字程度)
・あなたが市職員の栄養士として働いていく上で、最も大切にしたいと思うことについて述べよ。
(平成31年度は「栄養士」の試験は実施しませんが、平成30年度の課題を掲載しています。)
 

集団討論試験

グループ構成
 8名程度

討論の方式
 提示された課題について、各自の意見発表(各1分)の後に自由討論(50分)を行う。

I種 行政事務・技術職・資格職・消防

課題(試験日ごとに一題を出題)
・現行の国家公務員や地方公務員の定年は原則60歳であるが、現在、国において定年を65歳に引き上げる検討が進められている。こうした背景について考察・整理した上で、定年延長のメリット・デメリットについて討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・広島市の保育園等への入園待機児童数は平成30年4月1日現在で63人と過去10年間では最少となったが、依然として待機児童対策は課題となっている。こうした背景について考察・整理した上で、待機児童の解消のために本市が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・広島市は、世界中の人々に広島を訪れてもらい、被爆の実相に触れるとともに、被爆者の体験や平和への思いを共有してもらう「迎える平和」の取組を行っている。こうした背景について考察・整理した上で、今後とも、本市がこの取組を推進していくために有効な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・近年、全国的に子どもの貧困が問題となっており、各地で子ども食堂が開設されるなど様々な生活支援の取組が行われている。こうした背景について考察・整理した上で、子どもの貧困問題の解消に向けて行政が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
※ 子ども食堂:地域のボランティアが子どもたちに対し、無料又は安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供する場
・近年、住宅を活用して旅行者等に宿泊サービスを提供する、いわゆる民泊サービスが広まっているが、地域住民とのトラブルや事件・事故が発生するなどの社会問題も生じている。こうした背景について考察・整理した上で、民泊サービスの適切かつ安全な運営を確保するために行政が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・携帯電話やスマートフォン等の電子メディアは手軽で便利な反面、青少年がこれらの利用を通して犯罪に巻き込まれるケースが増えているなどの問題が生じている。こうした背景について考察・整理した上で、このような問題の解決のために行政が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・広島市は、花と緑と音楽によるまちづくりを進めるため、四季折々の草花を植え付けたプランターの街なかへの設置や、広島交響楽団による四季を感じることができるコンサートの実施など様々な取組を行っている。こうした取組の効果と課題について考察・整理した上で、今後、本市がこの「花と緑と音楽の広島づくり」を更に推進していくために有効な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・平成29年度の広島市市民意識調査において、電車やバスなど公共交通の利用のしやすさに満足している市民の割合は約6割にとどまるといった結果が出ている。こうした背景について考察・整理した上で、本市の公共交通をより利用しやすく快適なものにするために有効な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・広島市中心部においてはかねてから放置自転車対策が課題となっているが、広島市役所周辺では歩道上への駐輪場設置(平成29年9月)によって放置自転車が大幅に減ったという調査結果もある。こうした背景について考察・整理した上で、自転車の放置防止のために本市が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・広島市は、三原市エリアから山口県柳井市エリアにまたがる24市町で構成する広島広域都市圏域内において、「瀬戸内かき海鮮食堂」や「広島てっぱんバル」など、特色ある「食」をテーマにした観光キャンペーンを展開している。こうした背景について考察・整理した上で、今後、本市が食イベントなどの新たな観光キャンペーンを行う場合、どのようなテーマ設定や構成の下、施策を展開することが有効か討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
※ 瀬戸内かき海鮮食堂:地元の海産物を使った料理を提供する協力店のことで、協力店とともに展開するキャンペーンの名称としても使用している。
  広島てっぱんバル:広島の食材を使った鉄板料理を提供する協力店のことで、協力店とともに展開するキャンペーンの名称としても使用している。
・広島市における町内会・自治会への加入率は年々低下しており、地域におけるコミュニティ活動の停滞やこれに伴う弊害が懸念されている。こうした背景について考察・整理した上で、地域のコミュニティ活動の活性化のために本市が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・広島市における救急車の出動件数は年々増加しているが、救急車が適正に利用されないと、生命に危険のある傷病者のもとへ救急隊がいち早く駆けつけることに支障を来すことも考えられる。こうした背景について考察・整理した上で、今後、救急車の適正利用を促進するために本市が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。 

I種 栄養士

課題(試験日ごとに一題を出題)
・平成29年度に広島市が行った食育に関する調査において、「健全な食生活を実践できていると思う」と答えた市民の割合は64.8%との結果が出ている。こうした状況の背景について考察・整理した上で、健全な食生活を実践する市民を増やすために本市が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
(平成31年度は「栄養士」の採用試験は実施しませんが、平成30年度の課題を掲載しています。)
 

実技試験(保育士のみ)

グループ・ワーク

 グループごとに、概ね60分間で、表現内容や役割などを「話し合い」、表現に必要な「準備」をし、「表現」をする。
 (表現は、身体表現や台詞、歌及び提示する造形材料・用具を使っての造形表現などにより行う。)

課題 (試験日ごとに一題を出題)
 行事をどのように伝えるか、グループで話し合い展開する。
・「平和記念日」
・「敬老の日」
・「勤労感謝の日

声楽及び器楽

 声楽については、自分の知っている童謡を1曲選んで歌う。評定者が提示した絵本2冊のうち、1冊の読み聞かせを行う。器楽については、評定者が提示した課題曲2曲のうち1曲を選んで歌いながら演奏する。指定された曲を移調して演奏する。

絵本
「えんやら りんごの木」「あめ  ぽぽぽ」
・「うちのねこちゃん」「おふろでちゃぷちゃぷ」
・「いないいないばあ」「かげはどこ

器楽の課題曲
・「わにのうた」「ありさんのお話」『あくしゅでこんにちは』(ハ長調→ト長調)
・「朝のうた」「たきび」『はと』(ハ長調→ト長調)
・「ひげじいさん」「線路は続くよどこまでも」『かえるの合唱』(ハ長調→ヘ長調)


II種試験

小論文試験

試験日ごとに一題を出題(60分・800字程度)
・災害現場に遭遇した際、冷静さを保ち続けるためにはどのような心構えが大切か、あなたの考えを述べよ。
・災害や事故が発生した際、被災者・被害者と接するに当たり重要となることは何か、あなたの考えを述べよ。
・災害発生時に必要となる体力を維持向上させるために日頃から心掛けるべきことは何か、あなたの考えを述べよ。
・災害発生時に迅速かつ的確に対応するために組織として必要なことは何か、あなたの考えを述べよ。
・災害発生時において、自らの身を守りながら安全に救助活動を行うために必要なことは何か、あなたの考えを述べよ。
・これまで人と関わる中で学んだことをこれからの仕事にどう生かしたいか、あなたの考えを述べよ。
・迅速かつ丁寧に業務を行うために大切なことは何か、あなたの考えを述べよ。
 

グループ討議試験 

グループ構成
 5名程度

討論の方式
 提示された課題について、各自の意見発表(各1分)の後に自由討論(20分)を行う。

課題(試験日ごとに一題を出題)
・広島市を「あらゆる災害に強いまち」にしていくためには、どのような取組が有効か討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・市民の方々が利用しやすい市役所や区役所をつくるためには、どのような取組が有効か討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
・学校生活において児童生徒が安心・安全に過ごせるようにするためには、どのような取組が有効か討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
 

職務経験者を対象とした試験

経験小論文試験

(90分・1600字程度)
・受験資格となる2年以上の職務経験について、従事した時期や果たした役割等を具体的に記述し、その経験を通して身につけた能力・知識等を広島市職員としてどのように活用できるか記述してください。
 

一般小論文試験

試験日ごとに一題を出題(60分・1000字程度)
・近年、女性活躍の一層の推進が各方面で課題となっているが、こうした状況を踏まえ広島市として取り組むべきことについて、あなたの考えを述べよ。
・近年、地方の若者の首都圏などへの流出が全国的な問題となっているが、このような現象に対し広島市が取り組むべきことについて、あなたの考えを述べよ。
 

集団討論試験

グループ構成
 8名程度

討論の方式
 提示された課題について、各自の意見発表(各1分)の後に自由討論(50分)を行う。

課題(試験日ごとに一題を出題)
・広島市は被爆の実相を伝えるための取組として、被爆体験伝承者※の養成や平和記念資料館本館の再整備等を進めている。こうした状況の背景について考察・整理した上で、後世まで被爆の実相をより広く伝えていくために本市が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
※被爆体験伝承者…被爆体験証言者の被爆体験や平和への思いを受け継ぎ、次世代に伝えていく者。広島市では平成24年度から伝承者の養成に取り組んでいる。
・広島市の入込観光客数は平成17年に1千万人を超え、それ以降連続して増加しているものの、近年、本市に宿泊する観光客は入込観光客の4割程度にとどまっている状況にある。こうした状況の背景について考察・整理した上で、今後、宿泊観光客を増加させるために本市が取り組むべき具体的な方策について討論し、グループとしての考えをまとめなさい。
 

障害者を対象とした採用試験

小論文試験

(80分・800字程度)
・あなたが社会人として大切にしたいと思うことを述べよ。
・あなたが目指す「公務員像」について述べよ。
 

このページに関するお問い合わせ先

人事委員会事務局 任用課
電話:082-504-2522 /  FAX:082-504-2590
メールアドレス:jinjiiin@city.hiroshima.lg.jp