1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

節目年齢歯科健診

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

歯周病は若くてもかかる病気です。 ~ あなたのお口は大丈夫ですか?~

歯周病とは

  • 歯ぐきが腫れる歯肉炎から始まり、徐々に歯の周りの組織が破壊され、最後には歯が抜けてしまう病気です。
  • 歯周病は自覚症状がないまま、静かに進行していきます。
  • 主な原因は歯垢(プラーク)の中の歯周病菌ですが、不規則な生活習慣や極度のストレスなどがあると、症状が悪化します。
  • 正しいブラッシングや歯石除去等により、重症化を防ぐことができます。

  <歯周病の進行>

 

 矢印    矢印  

<正常な歯ぐき>

ピンク色で引き締まっています。

 

<歯肉炎>

 歯と歯ぐきの境目に歯垢・歯石が付着し、歯ぐきが赤く腫れます。歯みがきのときに出血します。

 

<歯周炎>

 歯と歯ぐきの隙間に歯周ポケットができます。歯を支えている骨が溶けはじめ、歯がぐらつきます。

  歯周病の状況

 厚生労働省の調査では、20歳~24歳でも25.7%の人に中等度(4mm以上)の歯周ポケットができています。
歯肉の状況

    

年齢階級

所見の
ない者

所見のある者 対象歯のない者
総数 ポケット測定後の出血 歯石の沈着

歯周ポケット4mm以上
6mm未満

歯周ポケット6mm以上
15~19 49.0          51.0          20.4          24.5            6.1  -   - 
20~24 37.1          62.9            8.6          28.6          25.7  -   - 
25~29 40.7          59.3            8.1          19.8          31.4  -   - 
30~34 42.4          57.6          12.9          11.5          30.2            2.9  - 
35~39 30.0          70.0          12.6          17.9          33.7            5.8  - 
40~44 28.3          71.7            9.4          17.3          39.4            5.5  - 
45~49 28.7          71.3          11.4          15.3          40.6            4.0  - 
50~54 22.7          76.8            4.5          18.2          44.5            9.5         0.5
55~59 30.0          68.4            5.9          14.6          37.5          10.3         1.6
60~64 22.1          74.5            3.2          13.5          43.6          14.3         3.4
65~69 19.8          75.6            5.4            9.8          42.3          18.2         4.6
70~74 24.0          66.5            3.7            9.2          40.4          13.2         9.5
75~79 17.9          67.6            3.8            8.5          40.3          15.1       14.5
80~84 22.1          56.3            3.6            5.0          35.6          12.2       21.6
85~    12.5          50.7            3.7            2.9          31.6          12.5       36.8

  

歯周病は全身の健康に影響します。

 重度の歯周病になると、歯周病菌が血液中に入り込み、全身のさまざまな病気を引き起こすことがあります。

  • 糖尿病の人は歯周病にかかりやすいだけでなく、歯周病が進行すると、炎症性物質がインシュリンの働きを妨げて、糖尿病の状態を悪化させてしまいます。一方、歯周病が改善すると、糖尿病も改善することが分かっています。
  • 動脈硬化を起こしている血管に歯周病菌が付着すると、血管を狭める作用を促進させることがあります。
  • 妊娠期にひどい歯周病にかかると、歯周病によって分泌される炎症性物質により、低体重児出産早産の危険性が高まるといわれています。 
  • 歯周病菌が心臓の内膜に付着すると、心内膜炎を引き起こすことがあります。さらに、狭心症心筋梗塞などの心臓病の危険性を高めることも分かっています。
  • 歯周病菌は、食べ物や口の中の細菌が誤って肺に流れ込むことで起こる誤嚥性肺炎の大きな原因の一つとされています。 

 

広島市節目年齢歯科健診について

 広島市では以下のとおり節目年齢歯科健診を実施しています。対象の方には、誕生日月の月末頃にお知らせはがきが届きますので、ぜひこの機会に歯科健診を受診してください。

 対象者

 30歳・35歳・40歳・50歳・60歳・70歳の広島市民の方

 ※ 誕生日月の月末頃、お知らせはがきが届きます。 
 

健診の有効期間・回数

 30歳・35歳・40歳・50歳・60歳・70歳の誕生日から翌年の誕生日の前日までの間に1回 
 

健診内容

 むし歯、歯周病の検査(歯周ポケットの測定は部分測定)

 ※ エックス線撮影等、精密検査は含みません。
 

健診料

 500円

 ※ 70歳の方、生活保護世帯、市民税非課税世帯であることの証明書を持参された方は無料です。
 

 実施機関

 広島市内の歯科医院(一部市外の歯科医院も実施しています。)

 中区 東区 南区 西区 安佐南区 安佐北区 安芸区 佐伯区 廿日市市 安芸郡 呉市 江田島市
 

 広島市歯科医療福祉対策協議会ホームページ「デンタルパークひろしま」でも検索できます。

 ※ 実施の有無や時間については、受診される歯科医院へお問い合わせください。
 

持参物

  •  お知らせはがき(窓口に提出してください。)
  • 保険証(健診には不要ですが、健診の結果、治療を行う場合は保険証が必要となります。)

 

 

  

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 健康推進課 保健指導係
電話:082-504-2290 /  FAX:082-504-2258
メールアドレス:k-suishin@city.hiroshima.lg.jp