1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

一時預かり事業

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

保護者が、次のような理由により、乳幼児を一時的にご家庭で保育できない場合、その乳幼児を広島市が認可した保育園等でお預かりしています。

利用できる方

 対象は、主として、保育園、認定こども園等に通っていいない、又は在籍していない乳幼児です。

 一時預かりの利用に際しては、事前に一時預かり事業を実施する保育園、認定こども園、小規模保育事業所又は事業所内保育事業所(以下、「一時預かり事業実施施設」という。)で登録等の手続きが必要です。

利用できるサービスと日数

サービス名 利用理由 乳幼児の居住地 利用できる日数
非定型的保育 ・ パートなどの勤めや職業訓練、学校に通っているため
など
広島市または   近隣市町(※) 週3日までで月9日以内
緊急保育 ・ 保護者の病気、災害、事故、出産、看護、介護、冠婚葬祭等社会的にやむを得ない理由があるとき 問わない 原則14日以内
私的理由による保育 ・ 育児疲れのリフレッシュをしたいため
・ ボランティア活動へ参加するため
など
広島市または   近隣市町(※) 月9日以内
待機児童等対応保育 ・ 月10日以上勤めがあるとき
・ 働いているので保育園等の入園申込をしたが、入園保留になっているとき
※このサービスの利用には、在職証明書(一時預かり用)などの証明が必要です。
広島市 月10日以上で必要最小限の日数

※近隣市町は、一時預かり事業の相互利用(広島市ホームページ)からご確認ください。

利用方法

 利用を希望する場合は、一時預かり事業実施施設に、直接お申込みください。

 利用手続き、利用内容(年齢、時間)、利用料などは、各一時預かり事業実施施設によって異なります。詳しくは、一時預かり事業実施施設にお問合せください。

 裁判員候補者又は裁判員として裁判所に行くため保育を必要とする方は、保育時間の延長について一時預かり事業実施施設にあらかじめご相談ください。

一時預かり事業実施施設一覧 

実施施設一覧

利用料の免除

 次に該当する世帯の方については、下記の確認書類を提出したとき、利用料(飲食費実費を除く)が免除されます。  

対象となる方 確認書類
 生活保護受給世帯  次のいずれか
 ・被保護者証明書 (緊急時受診用 )
 ・生活保護受給証明書
 次の法律による支援給付の受給世帯
・ 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)
・ 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の一部を改正する法律(平成19年法律第127号)
 支給決定の本人確認証等
 市町村民税非課税世帯  (4月~8月に利用する場合)前年度分市町村民税課税証明書
 (9月~3月に利用する場合)当年度分市町村民税課税証明書
 保護者が里親である世帯  里親であることを証明する書類

このページに関するお問い合わせ先

こども未来局 保育指導課
電話:082-504-2154 /  FAX:082-504-2254
メールアドレス:ko-sidou@city.hiroshima.lg.jp