1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市の費目別消費者物価指数の推移

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
広島市の費目別消費者物価指数の推移

区分

総合

指数

食料

生鮮

食品

住居

光熱

水道

家具家

事用品

被服及

び履物

保健

医療

交通

通信

教育

教養

娯楽

諸雑費

エネルギー

平成26年

98.5

95.4

91.2

99.7

101.6

98.7

98.1

98.7

101.5

98.9

97.6

99.0

105.8

平成27年
(基準年)

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

100.0

平成28年

100.0

101.8

103.3

99.9

94.4

99.5

103.2

100.3

97.9

103.2

100.2

99.9

91.5

平成29年

1月

100.0 102.2 104.7 100.0 93.5 99.3 101.3 100.4 98.3 104.1 99.7 100.2

92.7

 

2月

99.8 101.6 100.4 100.1 94.1 99.1 101.1 100.3 97.6 104.1 99.5 100.1

93.2

 

3月

99.8 101.1 97.3 100.0 94.8 97.8 103.3 100.1 97.3 104.1 99.9 100.3

94.4

 

4月

100.3 101.8 99.2 100.0 95.7 99.2 105.4 100.7 97.9 103.9 100.6 100.8

95.3

 

5月

100.4 101.8

100.5

100.0 97.0 97.7 105.0 101.1 98.1 104.2

100.8

100.8

96.6

 

6月

 100.3 101.6  99.2 100.0 97.3  97.0  104.4  100.8  98.1  104.2  100.0  100.8

 96.7

 

7月

100.2

101.7 97.8 100.0 97.3 98.7 103.0 100.9 98.2 104.2

98.9

 100.8

96.5

 

8月

100.3 102.0 100.2 100.0 97.4 97.8 100.8 102.7 97.7 104.2 99.9 100.8

96.4

 

9月

               

 

     

 

 

10

       

 

             

 

 

11

                         
 

12

                       

 

 

●上記指数は、総務省統計局の『小売物価統計調査』から、広島市分を抜粋して掲載しています。

●平成28年7月分から、指数の基準年を平成22年から平成27年に改定しています。

●消費者物価指数とは、消費者が購入するさまざまな商品やサービスの小売段階での物価水準を測定するもので、家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によってどのように変化するかを指数値で表したものです。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

市民局 消費生活センター
電話:225-3329 /  FAX:221-6282