1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

高齢者等住宅改修費補助

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

介護保険の住宅改修費支給制度を補完し、高齢者が居住する住宅のバリアフリー化のために必要な費用を補助する制度です。                                                  
 ※工事着工前の申請が必要ですので、必ず事前にご相談下さい。
 

                                               
対象                                               
 市内にお住まいで、(1)(2)のいずれにも該当する人

(1) 介護保険の要介護または要支援認定を受けている、または4064歳で、加齢が原因とされる16種類の特定疾病により、次の受給資格を有している

  

   (ア) 生活保護法の介護扶助

(イ) 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の介護支援給付

 

(16種類の特定疾病)

      ○末期がん、○関節リウマチ、○萎縮性側索硬化症、○後縦靱帯骨化症、○骨折を伴う骨粗鬆症、

   ○初老期における認知症、○進行性核上性麻痺、 大脳皮質基底核変性症、 パーキンソン病、

   ○脊髄小脳変性症、○脊柱管狭窄症、○早老症、○多系統萎縮症、

      ○糖尿病性神経障害、 糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、○脳血管疾患、○閉塞性動脈硬化症、

      ○慢性閉塞性肺疾患、○両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

(2) 生計中心者の申請した年度(4月から6月までは前年度。以下同じ。)の市民税所得割額が9万円以下の世帯に属する。

住民票では世帯が別々でも、実際に同居している人は、すべて同一の世帯構成員とみなします。

平成264月から、補助対象となる方の判断基準を、所得税から市民税に改めました。

                                                                                              
所得制限                                               
 生計中心者の申請年度の市民税所得割額が9万円以下の人です。
                                                                                               
補助額                                               
 本制度は、介護保険法に基づく住宅改修費(支給限度基準額20万円)の補完として、住宅改修費(上限60万円)に対する補助を行います。

   《補助率》
   生活保護等を受けている世帯の人                5/5
   生計中心者の市民税額が非課税となる世帯の人        3/5
   生計中心者の市民税所得割額が9万円以下の世帯の人   2/5
  
 

申請様式                                          
 最下部のダウンロードコーナーに掲載                       
 

                                
窓口                                               
 各区厚生部健康長寿課                       
                                                                                               
根拠規程                                               
 広島市高齢者住宅改造費補助要綱
 (最下部のダウンロードコーナーに掲載)

                  
 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 高齢福祉部 高齢福祉課 福祉係
電話:082-504-2145 /  FAX:082-504-2136
メールアドレス:korei@city.hiroshima.lg.jp