新着情報
南区プロフィール
回遊ルートマップ WEB版
フォトギャラリー
南区7大伝説
美奈美国風土記 WEB版
わがまち冒険王 WEB版
南区魅力づくり事業
南区Map(PDF)
Link
Top
黄金伝説河童伝説妖怪伝説天女伝説
鉄道伝説菓子伝説第九伝説表紙
菓子伝説のCM (CM部会制作)


日本でバウムクーヘンを普及させたカール・ユーハイムは、今から90
年以上前、ドイツの租借地であった中国のチンタオ(青島)で、ドイツ人相手にケーキを焼いていました。第一次大戦でドイツに宣戦布告した日本が、チンタオを陥落させたのが大正3年(1914)11月でした。結婚したばかりでしたが、多くの捕虜と一緒に日本へ連行され、大正6年2月には大阪の収容所から似島に移されたのです。
開設当時の似島の捕虜収容所の収容人数は、540名あまり、場所は、現在の似島臨海少年自然の家あたりで、建物・畑・テニスコート・サッカー場を含めた1万6000平方メートルほどでした。捕虜となった人々は色々な作業についており、印刷所では新聞も発行されていました。
大正7年11月ドイツの降伏により、捕虜達にはより一層の自由が与えられることになりました。翌年には、捕虜チームと広島高等師範の学生とのサッカーの試合が行われています。
そんな中、ユーハイムは捕虜収容所でバウムクーヘンを焼いていたわけですが、彼が最も活躍したのが大正8年3月4日から始まった広島県産業奨励館(現在の原爆ドーム)での捕虜製作品展覧会でした。初日の入場者は7400人を数え、その後も押すな押すな大盛況が続いたといいます。当時の書物によると工芸品、絵画、サンドウィッチやコーヒーなどという、当時としては、まだまだ珍しいものが並び、多くの市民をヨーロッパに行った気分にさせたとあります。
中でも菓子は、教師の初任給が20円だった当事、初日だけで150円を売り上げ、一番の人気商品でした。当日の様子を中国新聞が紹介しており、これが日本人とバウムクーヘンが最初に出会った出来事とされているのです。
大正9年に捕虜生活から開放されたユーハイムですが、そのまま日本に残り、横浜に自分の菓子店を開店。ドイツ、中国、日本と波乱万丈の人生を過ごしたユーハイムが、似島の地に残したバウムクーヘンは今や全国に広がった。