広島が大好きな方々にお届けするメールマガジン

ひろしまファンクラブ
第123号 平成19年12月27日(木)発行
このメールマガジンは、広島市内だけでなく、全国各地におられる広島にゆかりのある方に広島の情報をお伝えしています。

親戚や知人友人、先輩後輩、同僚など、広島にゆかりのある方がおられましたら、ぜひ登録をおすすめください。(現在の登録者数 1,615人:登録ページはリンクフリーです。ホームページやブログを開設しておられる方は、ぜひリンク先に加えてください。)

今週の「ひろしま通(つう)」問題
広島市を本拠地とする中・四国唯一のオーケストラは?(第1回ひろしま通認定試験から抜粋)

   新交響楽団   平和交響楽団   市民交響楽団   広島交響楽団

 答えは今週号の一番最後


今週お届けするニュース
■ 第2回「ひろしま通」認定試験 申込受付は平成20年1月15日(火)まで。
■ あなたが選ぶ!「ひろしまみやげ」アンケートを実施します。
■ 2008グリーンアリーナ ニューイヤーイベント 「新春神楽」
■ ひろしま市民パブリシストの「これが私のとっておき!」
■ 年末年始のおでかけ情報
■ お知らせなど
   (画像が表示されない場合
第2回「ひろしま通」認定試験 申込受付は平成20年1月15日(火)まで。  
今年2月に開催された第1回「ひろしま通」認定試験
ひろしま通ロゴ
来年、平成20(2008)年2月17日(日)第2回「ひろしま通」認定試験を開催します。

「我こそは広島通」
というあなたのチャレンジをお待ちしています。


試験日時:平成20(2008)年2月17日(日) 14:00〜(試験時間90分)

試験会場:
広島工業大学専門学校(西区役所 隣)
       広島市西区福島町二丁目1-1

申込受付期間:平成19(2007)年11月15日(木)〜平成20(2008)年1月15日(火)


 ▼詳しくは▼
 広島市ホームページ「第2回「ひろしま通」認定試験の実施について」


また、第1回「ひろしま通」認定試験の広島の歴史や食、観光、文化芸術の問題を1日1問、正解や解説とともにお届けするメールマガジン「ひろしま通」受験塾を配信しています。
第2回「ひろしま通」認定試験対策としてはもちろん、ひろしまの魅力を再発見できますので、ぜひ、ご覧ください。

 ▼登録・バックナンバーはこちらから▼
 http://www.mag2.com/m/0000244456.html


あなたが選ぶ!「ひろしまみやげ」アンケートを実施します。
正月の帰省が始まるこの時期、広島のおみやげは皆さんだったらどれを選びますか?選んでますか?

おみやげも最近は種類が豊富。皆さんが買って帰りたいもの、自分が買いたいもの、また自分がもらって嬉しいもの等何でもいいですので教えてください。

もみじまんじゅうお好みソースなどなど・・・あなたが選ぶ「ひろしまみやげ」

是非、アンケートにご参加を!
また、皆さんの広島へ来た、帰ったときの思い出などもお聞かせください。
(締め切りは平成20年1月27日(日)

  ▼回答フォームへはこちらをクリック▼
  「ひろしまみやげ」アンケート回答フォーム

集計結果は1月31日号で発表します。お楽しみに。


2008グリーンアリーナ ニューイヤーイベント 「新春神楽」
神楽とは・・・
グリーンアリーナ「新春神楽」
神楽は、古くから宮廷で行なわれてきた御神楽と、民間で行なわれる里神楽の二つに分けられます。

2008年正月、グリーンアリーナで神楽を鑑賞してみませんか。

日 時:平成20年(2008年)1月2日(水)・3日(木)
     開場 11時  開演 12時 
     終了16時30分(予定)

場 所:広島県立総合体育館 武道場
     広島市中区基町4-1

入場料:当日券 2,500円 (前売り2,000円)
      小学生以下 無料  ※イス席あり(400席)

内 容:2日(水):宮乃木神楽団(広島市)、
           西宗神楽団(北広島町)
     3日(木):大塚神楽団(北広島町)、
           大森神楽団(広島市)
     ※各団体3演目ずつ上演

上演演目と出演団体
1月2日(水) 神降し 西宗神楽団
岩見重太郎 宮乃木神楽団
桃太郎伝説 西宗神楽団
恵比寿舞 宮乃木神楽団
紅葉狩 西宗神楽団
大江山 宮乃木神楽団
1月3日(木) 四方祓 大森神楽団
道成寺 大塚神楽団
土蜘蛛 大森神楽団
恵比寿舞 大塚神楽団
大江山 大森神楽団
滝夜叉姫 大塚神楽団


 ▼詳しくは▼
 広島県立総合体育館
 TEL:082-228-1111


ひろしま市民パブリシストの「これが私のとっておき!」
このコーナーでは、ひろしま市民パブリシストが週代わりで、広島の魅力を様々な視点でお伝えしていきます。

今回は「広島と東京を結ぶ 〜広島の東・東京の西〜 第7回 「広島国会議事堂【後編】」」です。

***************
「広島に国会議事堂があった!」と聞いてどう思いますか?

前編で紹介したとおり、現在、東京にある国会議事堂は、昭和11年(1936年)、旧芸州浅野藩の敷地に広島県倉橋島の花崗石を多数使用して建設されましたが、それ以前に仮の議事堂が4回建てられました。

そのうちの3つは東京に、そして残る1つが実は広島市内にあったのです。

【東京の西】
広島臨時仮議事堂全景
広島臨時仮議事堂全景

広島臨時仮議事堂貴族院議場
広島臨時仮議事堂貴族院議場

明治27年(1894年)9月22日、「第7回議会を広島に召集する」との詔書が公布され、急遽、臨時の仮国会議事堂の建設が広島市内で始まりました。

場所は当時の西練兵場内(現在の中区基町)で、同年10月14日に木造板葺洋風平屋建ての臨時仮議事堂が竣工しました。
そして、翌15日に召集された第7回帝国議会で使用され、臨時軍事費予算案などを可決した後、4日間の会期を終えました。

広島に議事堂を建設した理由は、全国で最初の市の一つとして広島が市制を施行した明治22年(1889年)に大型船が利用できる宇品港が開港、また明治27年(1894年)6月には山陽本線が広島まで開通し軍事輸送が容易になったことにより、日清戦争の大本営が広島に置かれたため、だそうです。

<「広島臨時仮議事堂」の規模>
位   置:広島市基町第五師団練兵場一隅
建築年月:明治27年9月起工 同年10月竣工
敷地面積:25,258平方メートル
建物面積:2,912平方メートル(附属建物を含む)
構造:木造 板ぶき 掘建 洋風 平家建
建物諸費:25,114円(貴族院12,728円80銭5厘、衆議院12,385円74銭3厘)
※現在の物価では、1億5千万円程度?
設計・監督:内務技師 妻木頼黄
※妻木氏は日本橋や横浜赤レンガ倉庫などに携った建築家で、広島の仮議事堂を短期間で完成させた功績により叙勲を受けたそうです。


        錦絵「広島国会仮議事堂の図」
        錦絵「広島国会仮議事堂の図」 明治27(1894)年 (広島市中央図書館所蔵)


【結(ゆい)】
「臨時帝国議会仮議事堂跡」案内碑
「臨時帝国議会仮議事堂跡」案内碑
(広島市中区基町)


大本営跡(広島城内)
大本営跡(広島城内)

明治23年(1880年)の第1回帝国議会開催以降、国会が東京以外の都市で開催された唯一の事例が広島です。

現在、広島では当時の議事堂の面影を見ることはできませんが、建設地であった中区基町の広島市水道局近辺に「臨時帝国議会仮議事堂跡」という案内碑が建っています。
また、同時期に建設された大本営は、原爆で倒壊したその基礎石を広島城内で見ることができます。

みなさんも一度現地へ足を運んで、戦前の広島での国会審議の様子などを想像してみてはいかがでしょうか。


 広島中心部地図


<参考>
○広島臨時仮議事堂の写真2点は、『帝国議会議事堂建築報告書』(昭和13年大蔵省営繕管財局編纂)から転用
○参議院ホームページ「国会を体験しよう・議事堂竣功70周年」
http://www.sangiin.go.jp/japanese/70/70.htm
○広島平和記念資料館「キッズ平和ステーション−サダコと原爆−」
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/kids/KPSH_J/hiroshima/sadako/subcontents/02hirotosenso_2.html



(ひろしま市民パブリシスト ほくほく(文章・写真共))


 ▼ひろしま市民パブリシストについて詳しくは▼
 広島市 ひろしま市民パブリシストのホームページ


年末年始のおでかけ情報
■ひろしま美術館 「幕末浮世絵アラカルト」
幕末浮世絵アラカルトポスター

「幕末浮世絵アラカルト」では、旅への憧れを反映させた北斎・広重の風景画シリーズ、より庶民性を増した国貞らの美人画、江戸の粋を極める役者絵、人気の小説や芝居のヒーローが活躍する武者絵・芝居絵、国芳の描くジグソーパズルを思わせる人物画、時事性に富んだ開国絵・横浜絵などなど、中右瑛氏(国際浮世絵学会常任理事)の膨大な浮世絵コレクションから厳選された約150点を紹介します。

場   所:ひろしま美術館
       広島市中区基町3-2
開催期間:1月3日(木)〜2月11日(月・祝)
       9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

 ▼詳しくは▼
 ひろしま美術館
 http://www.hiroshima-museum.jp/
 TEL:223-2530


■広島市現代美術館 「イリヤ・カバコフ『世界図鑑』絵本と原画」
画像掲載は終了しました
イリヤ・カバコフ 『アンドリューシャとキリューシャ』
(エリミラ・ペイサホヴナ・コトリャール著・1976年)
のための原画   (撮影:上野 則宏)


イリヤ・カバコフ(1933−)は、旧ソ連のドニエプロペトロフスク市に生まれ、現在はニューヨークを拠点に国際的に活躍している現代作家です。
今回の特別展は、カバコフが1950 年代後半から1980 年代後半にかけて手がけた絵本約100冊とその原画約1000点を、会期の前半と後半にわけて展示し、今なお鮮やかな色彩をはなつ美しい原画を紹介するものです。

場   所:広島市現代美術館
        広島市南区比治山公園1-1
開催期間:(前期)開催中〜12月28日(金)
        (後期)1月4日(金)〜27日(日)
      10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

 ▼詳しくは▼
 広島市現代美術館
 http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/contents.html
 TEL:264-1121


■縮景園 「2008年元旦、臨時開園します。」
縮景園「跨虹・清風」
縮景園「跨虹・清風」


1月1日元旦に臨時開園します。
初詣の帰りに立ち寄るのもいいですね。

場 所:広島県縮景園
     広島市中区上幟町2-11
日 時:
1月1日(火・祝) 9:00〜15:00

 ▼詳しくは▼
 広島県縮景園
 TEL:221-3620


■ガラスの里 「ガラスの干支プレゼント」
お正月の3日間、ガラスの里にご来場の各日先着100名様(3日間合計300名様)に、新年の干支「ねずみ」をかたどった小さなガラス小物をプレゼント!

ガラスのねずみ

ミュージアムゾーンにご入館された方が対象となります。

場 所:ガラスの里 ミュージアムゾーン
     広島市安佐北区大林2丁目12-55
日 時:1月1日(火・祝)〜3日(木)
     9:00〜

 ▼詳しくは▼
 ガラスの里
 http://www.garasunosato.net/top.html
 TEL:818-0414


■安佐動物公園 「新春子ども もちつき大会」
もちつき大会(昨年の様子)
もちつき大会(昨年の様子)
もちつきや、まるめる作業を体験。各回の30分前から、先着50人ずつにもちつき券を配布します。

2日11時からはイノシシからネズミへの「干支の引渡し式」も。
ぴーちくパークのテンジクネズミコーナーでは午前11時〜12時、午後1時〜2時、抱っこして記念撮影もできます。

場 所:安佐動物公園 ヒヒ山前周辺
     広島市安佐北区安佐町動物園
日 時:1月2日(水)・3日(木) 11:00〜 14:00〜

 ▼詳しくは▼
 広島市安佐動物公園
 http://www.asazoo.jp/
 TEL:838-1111


■広島県緑化センター 
覆輪一休
覆輪一休

白斑孔雀
白斑孔雀

○「春の七草を食べよう」
春の七草について学習した後、七草粥を実際に調理して試食する研修会を行います。

場 所:緑化センター 学習室
     広島市東区福田166-2
日 時:1月5日(土) 10:00〜12:00(要予約)


○「ツバキ写真展」
センターのツバキ園には528品種のツバキがあり、そのうち名前がわかっているものが215品種。
その名前がわかっているツバキの花のうち、30品種の写真を展示します。

センターではツバキの花が11〜4月まで楽しめます。

場 所:緑化センター レストハウス
     広島市東区福田166-2
日 時:1月5日(土)〜24日(木) 10:00〜16:00


 ▼詳しくは▼
 広島県緑化センター
 http://www.hiroshima-cdas.or.jp/ryokka-c/
 TEL:899-2811


■江波山気象館 「新春スペシャル企画 「コマまわしにチャレンジ!」」
コマまわし(昨年の様子)
コマまわし(昨年の様子)
もみごまやひねりごま、糸ひきごま、投げごまなど 、いろいろな回し方をするコマを紹介します。

また、広島コマの会の中島昭雄さんによるコマの実演も予定しています。(実演時間:11:00〜、14:00〜)

場 所:江波山気象館
     広島市中区江波南1-40-1
日 時:1月5日(土)・6日(日)
     10:00〜16:00

 ▼詳しくは▼
 江波山気象館
 http://www.ebayama.jp/
 TEL:231-0177


■植物公園 「新春小品盆栽展」
新春小品盆栽展(昨年の様子)
新春小品盆栽展(昨年の様子)

クロマツ、カエデ、ナンテンなど新春を飾るにふさわしい植物を、出展者ごとに1席ずつ小鉢仕立てで展示します。

場 所:広島市植物公園
     広島市佐伯区倉重3-495
日 時:1月5日(土)〜10日(木)
     9:00〜16:30

 ▼詳しくは▼
 広島市植物公園
 http://www.hiroshima-bot.jp/
 TEL:922-3600


■広島城 「企画展「新春書道展」」
「鴻漸」
「鴻漸」
頼聿庵(らいいつあん)


新春にあたり、江戸時代を中心とした「書」の展示を行い、日本の伝統的な毛筆文化の一端を紹介します。

場 所:広島城
     広島市中区基町21-1
日 時:1月3日(木)〜2月3日(日)
     9:00〜17:00(1月3日と土・日・祝日は、18:00)
     入館はいずれも閉館30分前まで

 ▼詳しくは▼
 広島城
 http://www.mogurin.or.jp/rijo/rijo.html
 TEL:221-7512


■まんが図書館 「手塚治虫特集」
手塚治虫を当館所蔵の貴重資料の中の「鉄腕アトム」を中心に特集します。

場 所:まんが図書館
     広島市南区比治山公園1-4
日 時:1月5日(土)〜2月28日(木) 10:00〜17:00

 ▼詳しくは▼
 まんが図書館
 http://www.library.city.hiroshima.jp/library/manga/index.html
 TEL:261-0330


■森林公園 「まゆ玉細工コンテスト」
昨年の作品
小学生の部(昨年):
とびたつヘラクレスオオカブトムシ


カイコのまゆを使って思い思いの作品を作ってください。後日、審査により、優秀作品には賞品を贈呈。作品を展示します。

材料費は100円(まゆ玉3個分、おきあがりこぼしを作る場合にはさらにおもり代5円)。

場 所:広島市森林公園こんちゅう館
     広島市東区福田町字藤ケ丸173
日 時:1月5日(土)〜3月2日(日) 9:00〜16:00

 ▼詳しくは▼
 広島市森林公園こんちゅう館
 http://www.hiroins-net.ne.jp/h-sinrin/
 TEL:899-8964


お知らせなど
■大都市圏にオープン!「広島暮らしサポートデスク」
広島県では、広島県内に移住をお考えの方に、「暮らしの情報」や「住まいの情報」 などの必要な情報の提供を行っています。

 ▼詳しくは▼
 広島県交流定住ポータルサイト 広島暮らし(UIターン情報満載)
 http://www.iju.pref.hiroshima.lg.jp/


■「ひろめーる」もご登録ください

広島市では市政の話題などをお伝えするメールマガジン「ひろめーる」も発行しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

 ▼登録・バックナンバー閲覧はこちらから▼
 http://www.city.hiroshima.lg.jp/koho/merumaga/


■リンク集
 広島市ホームページ 
 ひろしまビジターズサイト 
 広島市観光情報 「ひろしまナビゲーター」

 こんにちは!広島観光親善大使です。
 湯来町観光協会
 広島県観光連盟 「i ひろしま」
 広島の生きた交通博物館
 憩う、楽しむ 広島・湯来通信



■編集後記
子の置物
今年一年、皆さまにとってどの様な年でしたか?

私はまさに「亥」のように猪突猛進?(いや・・・ぐるぐる同じ所を回っていただけで・・・)いろいろ目まぐるしく動いた一年でした・・・。

今年も「ひろしまファンクラブ」をご愛読頂き有難うございました。
来年も引き続き宜しくお願いいたします。

来年が皆様にとって良い年でありますよう・・・。
皆さま!良いお年をお迎えください。(山)


1月3日はお休みです。次回は、1月10日発行予定です。
 ***** ***** ***** ***** ***** 
「ひろしまファンクラブ」<第123号>平成19年(2007年)12月27日発行
 発行:広島市都市活性化局観光交流部
    〒730-8586 広島市中区国泰寺町1-6-34
    TEL:082-504-2602 FAX:082-504-2253
     メール:mailto:conv@city.hiroshima.jp
 ***** ***** ***** ***** ***** 

■ひろしまファンクラブを知り合いに紹介する場合
  ひろしまファンクラブを知り合いに紹介する場合は、こちらをクリックしてください。登録ページのリンク先を記載したメールが起動します。
■配信先のメールアドレスの変更
  配信先(メールアドレス)の変更は、ひろしまファンクラブのページで一旦、配信を解除してから、新規登録をし直してください。
■画像が表示されない場合
  画像は広島市の Web サーバに置いており、オフライン状態(インターネットに接続していない状態)では画像が表示できません。インターネットに接続した状態でご覧ください。
■バックナンバーについて
 「ひろしまファンクラブ」のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。なお、掲載されているリンクは発行当時のものです。リンク先の内容は削除・変更される場合がありますので、ご注意ください。
■登録・解除について
  登録と解除は下記のホームページから出来ます。
  ひろしまファンクラブのページ(広島市ホームページ内)
   もしくは
  まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0000163878.html
  (このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。)

今週の問題の答え
答えは「4 広島交響楽団」です。
P3のロゴマーク


1964年にアマチュアからスタートし、1972年にプロ楽団として認可された中四国唯一のプロオーケストラです。国際平和文化都市・広島発のオーケストラとして日本のみならず世界各国で演奏活動を行っています。

また、2007年には広島3大プロとして広島東洋カープ、サンフレッチェ広島と共に「P3HIROSHIMA」を結成しました。


今週号も最後までお読みいただき、ありがとうございました。トップに戻る