このページはメールマガジン「ひろしまファンクラブ」のバックナンバー(平成19年11月8日号)のページです。 登録ページへ このページを人に紹介する


広島が大好きな方々にお届けするメールマガジン

ひろしまファンクラブ
第116号 平成19年11月 8日(木)発行
このメールマガジンは、広島市内だけでなく、全国各地におられる広島にゆかりのある方に広島の情報をお伝えしています。

親戚や知人友人、先輩後輩、同僚など、広島にゆかりのある方がおられましたら、ぜひ登録をおすすめください。(現在の登録者数 1,552人:登録ページはリンクフリーです。ホームページやブログを開設しておられる方は、ぜひリンク先に加えてください。)

今週の「ひろしま通(つう)」問題
石見や備中の影響を受け発展してきた伝統芸能で、神事要素の強い舞いや、ストーリー性を重視した新舞がある。近年では派手な衣装や巧妙な仕掛けで見せる新分野も登場。古くから広島に伝わるこの伝統芸能は何でしょう?(第1回ひろしま通認定試験から抜粋)

   歌舞伎        雅楽         神楽         4 日本舞踊

 答えは今週号の一番最後

今週お届けするニュース
■ 広島が登場します。 〜小説吉田拓郎「いつも見ていた広島」〜
■ ひろしま市民パブリシストの「これが私のとっておき!」
■ 今、広島でこんなことやってます。
■ どれだけ、つこぉとる?広島弁
■ 今週のプロスポーツ
■ お知らせなど
   (画像が表示されない場合
広島が登場します。 〜小説吉田拓郎「いつも見ていた広島」〜
画像
今回、ご紹介するのは、1965年〜68年の広島を舞台に、バンド活動を本格化し始めた頃の吉田拓郎氏の青春時代を舞台にした小説吉田拓郎「いつも見ていた広島-ダウンタウン物語-」(田家秀樹著)です。

<ストーリー>
ビートルズに触発されてバンドを組み、大学進学とともに活動は本格化。

歌うのはロックが中心で、「吉田拓郎」は口の達者なドラマーだった。しかし「ヒロシマ」という土地には、まだまだ戦争の香りが色濃く残っており、数少ない理解者の協力でライブを開くのが精一杯だった。

世間で人気のグループサウンズより自分たちの音楽の方が上だと自信を深め、仲間と共に上京するが、彼らの音楽はなかなか理解されることはなかった。

拓郎は仲間たちと離れてさまざまな音楽を模索、何度目かのコンテストでやっと注目され、「よしだたくろう」の名が「和製ボブ・ディラン」としてマスコミに取り上げられる。希代のスーパースターを生んだ土地と時代に繰り広げられる青春群像。

<作者の紹介>
田家秀樹(たけ ひでき)氏は1946年(昭和21年)千葉県生まれ。タウン誌編集者を皮切りに、放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論、ノンフィクション作家、放送作家、音楽番組のパーソナリティとして活躍中。著書に「夢の絆/GLAY2001−2002ドキュメント」、「陽のあたる場所/浜田省吾ストーリー」、「ラブソングス/ユーミンとみゆきの愛のかたち」、「豊かなる日々〜吉田拓郎2003年全軌跡」など多数。

<コメント>
原爆投下20年後の広島の様子が、吉田拓郎氏のバンド仲間やいきつけの楽器店などとともに紹介され、当時の風俗や町の様子などを追体験できるとても良い作品です。フォーク村誕生までの広島の音楽シーンの移り変わりも堪能できます。
ぜひ、ご一読ください。

 ▼詳しくは▼
  株式会社小学館
  http://www.shogakukan.co.jp/

ひろしま市民パブリシストの「これが私のとっておき!」 
このコーナーでは、ひろしま市民パブリシストが週代わりで、広島の魅力を様々な視点でお伝えしていきます。

今回は「広島市現代美術館」 です。

画像
広島市現代美術館全景(玄関から)

画像
(C)大竹伸朗《シップヤードワークス 船底と穴》
1990-2005年


画像
(C)大竹伸朗《Mr.ピーナッツ》(1978-81年)

画像
(C)フランク・ステラ《ラッカI》(部分)1967年
***************
緩やかな山道を登ると、行く手に広島市現代美術館の三角屋根が、秋の日差しに輝いていた。
比治山は小高い山だが、広島の街を一望することができる。

眼下に広がる美しい街並からは、1945年8月6日の惨状を想像することは容易でない。
しかし、あの日、この山には火炎と放射能を浴び、ボロボロの姿の人たちが大勢押しかけ、ばたばたと死んでいったのだ。

この美術館は、その人たちの痛恨の思いが建設させたにちがいない・・。そんなことを考えながら、館内に入った。

取材には美術館の広報スタッフが対応してくれた。
「おっしゃるとおり、ヒロシマを表現する収蔵作品は、国内有数の美術館です、先ず作品を見てください」と、案内された。

その日、「路上のニュー宇宙」と題した大竹伸朗展が開催されていた。展示作品は総数約630点。絵画、水彩、素描、彫刻、さらに写真や印刷物、廃材などの素材を利用した平面、立体の大小さまざまな作品が広い広場をうめつくしていた。

しかし、どの作品も筆者の平凡な頭脳を遥かに超えている。

そうすると「(目でみる)一般の絵画と違って、現代美術は体全体で感じるもの」というアドバイスが。

なるほど、黒いシルクハットに細い手足の道化師「Mr.ピーナツ(1978−81)」君が、戦争を止めない人類を揶揄する顔に見えてくる。

さりげなく描かれた「歯科医の記憶」と題する作品も、筆者流では「よみがえれヒロシマの記憶」と変る。

収蔵作品展会場に回った。
いきなり目に入ったのはダンボールで作った大きなオートバイ。題して「オートバイX‐50」(篠原有司男)とある。「50台を、みんな並べたら壮観だろうな」と、目は遠い日の少年のそれにかえっている。

限られた展示作品だが、異色を放つものばかりだ。

中でも、エンツォ・クッキの「ふたたびびスミレの花開く」、岡本太郎の「風」、河原温の「SEPT.8,1984」、フランク・ステラの「ラッカI」などは、一昨年、ソフィア王女芸術センター(マドリード)で観賞した、ピカソの「ゲルニカ」を思わせる。

大作「ラッカI」は、中・高校生に最も人気があるようで、記念写真を撮りあっている。質問を向けると

「色彩が鮮やか」、「幾何学模様、分度器の着想が良い」、「線の組模様が確か」と、若者らしい、鋭い答えが返ってくる。

頂いた栞をめくると、広島市現代美術館基本理念の冒頭に「現代をみつめ、未来への展望をきりひらく」とある。筆者は作品収集を含め、この美術館があるべき理想の姿に近づきつつあるのを強く感じた。

(ひろしま市民パブリシスト 馬屋原 勇 (文章・写真共)


▼ひろしま市民パブリシストについて詳しくは▼
 広島市 ひろしま市民パブリシストのホームページ


▼大竹伸朗展など詳しくは▼
 広島市現代美術館
 http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/


今、広島でこんなことをやってます。
■水辺の秋祭りを開催します
 
今週末は、広島駅付近の河岸緑地で「川まつり」と「みょうじんさん」が開催されます。また、2つの祭り会場を結ぶ、遊覧船も運行します。水辺の秋祭りに、ぜひ、お越しください。
画像
前回の様子
●広島駅前「川まつり」
猿猴橋と荒神橋の間の猿猴川河岸緑地で、広島駅前「川まつり」を開催します。

3回目の開催となる今回は、「みょうじんさん」と連携して開催します。

会場では、太田川しじみや広島カキ、野菜などを即売する川端市(かわばたいち)や川面で演奏するミニ・コンサート、お好み焼や広島菜うどんを販売する屋台、地元市場からの出店など、盛りだくさん。ぜひ、お越しください。

 開催日時:11月11日(日)10:00〜15:00(小雨決行)
 開催場所:猿猴川河岸緑地

▼詳しくは▼
  広島駅南口「川まつり」実行委員会(広島市観光交流部内)
  電話:082-504-2676

画像
京橋川「水辺のオープンカフェ」

地図
●京橋秋祭り みょうじんさん
京橋川「水辺のオープンカフェ」とその周辺の河岸緑地で、地域の皆さんと「水辺のオープンカフェ」が連携し、新たに秋祭りを開催します。

会場では、焼き牡蠣や牡蠣バーガー、山賊焼きなどの屋台や野菜市、ミニコンサート、子ども餅つき大会を開催。

また、色々な景品が当たる「みょうじん子どもくじ(子どものみ先着300人)」も行います。ご家族一緒においでください。
 
 開催日時:11月11日(日) 10:00〜17:00(小雨決行)
 開催場所:明神さん川通り(京橋川河岸緑地)
 ▼詳しくは▼
  NPO法人 セトラひろしま
  電話 082-545-7611

 
画像
かわいい子どものフラ

画像
華やかなフラ
■「ホノルルの日」記念イベントを開催します。
広島市の姉妹都市・友好都市の一つであるハワイ・ホノルル市。11月9日は「ホノルルの日」です。この日を記念して、広島駅南口地下イベント広場でイベントを行います。

会場では、ヒロシマ・メッセンジャーによるホノルル紹介イベントをはじめ、ハワイアンの生演奏、カヒコ(古典フラ)や男性フラ、ケイキ(子ども)フラなど各種フラのパフォーマンスやレッスンを開催。

観光パンフレットの無料配布やハワイアングッズ・食品などの販売も行います。

皆さん、お気軽にご参加ください。

 開催日時:11月10日(土) 14:00〜16:00
 開催場所:エールエール(広島駅南口)地下イベント広場

 ▼詳しくは▼
 (財)広島平和文化センター国際部 国際交流・協力課
 http://www.pcf.city.hiroshima.jp/ircd/

どれだけ、つこぉとる?広島弁
ロゴ 画像
■「どれだけ、つこぉとる?広島弁」アンケート調査にご参加を!!!

「ひろしまファンクラブ」読者の皆さんが愛してやまない広島弁。その広島弁の使用具合を調べるコーナー「どれだけ、つこぉとる?広島弁」では、ただいま「さげる」について、アンケート調査をしています。

まだ、回答されていない方は、ぜひご参加ください。
(締切:11月11日(日))

 ▼詳しくは▼
  
どれだけ、つこぉとる?広島弁 「さげる」

今週のプロスポーツ
■サンフレッチェ広島
最近の試合結果
大会 試合日 試合結果
天皇杯全日本サッカー選手権大会 11月4日(日)  ○3-0 湘南ベルマーレ

今月・来月の試合日程
日時 対戦相手 試合会場
 11月11日(日) 13:00〜 清水エスパルス(J1第31節) 日本平スタジアム
    18日(日) 14:00〜 ヴィッセル神戸(J1第32節) 広島ビッグアーチ
   24日(土) 14:00〜 川崎フロンターレ(J1第33節) 等々力陸上競技場
 12月1日(土) 14:30〜 ガンバ大阪(J1第34節:最終節) 広島ビッグアーチ

J1勝敗表(第30節)
順位 チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差
14 大分トリニータ 32 30 9 5 16 36 56 -20
15 大宮アルディージャ 30 30 7 9 14 20 36 -16
16 サンフレッチェ広島 30 30 8 6 16 40 62 -22
17 ヴァンフォーレ甲府 26 30 7 5 18 31 58 -27
18 横浜FC 11 30 3 2 25 17 63 -46

 ▼詳しくは▼
 サンフレッチェ広島ホームページ
 http://www.sanfrecce.co.jp/

ロゴマーク
■「トップス広島」関連プロスポーツ情報
このコーナーでは、トップス広島に加入しているプロスポーツチームを応援するため開催日程などを紹介します。
トップス広島とは、広島に拠点を置くトップスポーツクラブが、競技種目の枠を越え連携し、スポーツの楽しさを県民や市民に伝え、「スポーツ王国ひろしま」の実現と地域の活性化に貢献するために作られた組織です。シーズンオフには、現役選手などが学校やスポーツセンターなどでスポーツの指導などを行っています。

日本ハンドボールリーグ、11月の試合日程
男子チーム(ワクナガレオリック)

開催日時 対戦相手(開始時間) 会場
11月3日(土) 北陸電力(14:00) 北陸電力福井体育館フレア(福井)
   10日(土) 大同特殊鋼(16:00) ★東区スポーツセンター
   18日(日) Honda(13:30) 高知県民体育館(高知)
   24日(土) 北陸電力(14:00) ★湧永満之記念体育館
女子チーム(広島メイプルレッズ)
開催日時 対戦相手(開始時間) 会場
11月3日(土) ソニーセミコンダクタ九州(14:00) 霧島市国分体育館(鹿児島)
   10日(土) オムロン(14:00) ★東区スポーツセンター
   11日(日) 三重バイオレットアイリス(14:00) ★東区スポーツセンター
   17日(土) HC名古屋(13:00) 栃木市総合体育館
※表中の★マークは広島市での開催

 ▼詳しくは▼
  トップス広島
  http://www.sanfrecce.co.jp/tops/
  日本ハンドボールリーグ公式hp
  http://www.jhl.handball.jp/

お知らせなど
画像
■LEGENDによるチャリティーコンサート(参加者募集中)
オペラ歌手5人のユニット「LEGEND(レジェンド)」による無料チャリティーコンサートを上演。被爆建物保存のための募金も行います。

開催日時:12月15日(土) 14:00〜15:00
開催会場:旧日本銀行広島支店ホール(中区袋町5-21)
申込方法:往復はがき(1枚4人まで)に、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、11月20日(火)必着までに、広島市役所観光交流部(〒730-8586 住所不要)へ。
募集人数:70人(抽選)

▼詳しくは▼
 広島市観光交流部
 電話 082-504-2243/ファクス082-504-2253

■広島市のホームページの広告募集について
広島市では広島市のホームページ(トップページ)へ掲載する広告を募集しています。
トップページには、月間約20万件のアクセスがあり、高い広告効果が期待できます。掲載期間は1カ月単位で、広告掲載料は5万円(月間)。画像やリンク先の変更もできますので、市民生活や年間行事を絞り込んで広告することも可能です。
 
貴社のホームページのPRの一助を担えます。ぜひ、ご検討ください。

▼詳しくは▼
 広島市トップページへ掲載する広告を募集しています
 http://www.city.hiroshima.lg.jp/riyou/ad.html

■「ひろめーる」もご登録ください
広島市では市政の話題などをお伝えするメールマガジン「ひろめーる」も発行しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

 ▼登録・バックナンバー閲覧はこちらから▼
 http://www.city.hiroshima.lg.jp/koho/merumaga/

■リンク集
 広島市ホームページ 
 ひろしまビジターズサイト 
 広島市観光情報 「ひろしまナビゲーター」 (駐車場検索を充実させました。)
 こんにちは!広島観光親善大使です。
 広島県観光連盟 「i ひろしま」
 湯来町観光協会
 憩う、楽しむ 広島・湯来通信
 広島県交流定住ポータルサイト 広島暮らし(UIターン情報満載)
 広島の生きた交通博物館

■編集後記
画像
紅葉シーズンの石ケ谷峡
11月3日(土)「文化の日」に、佐伯区湯来町の「石ケ谷峡」に行きました。

以前から名勝地としては知っていましたが、実際に行ったことがなかったので、時間的な余裕が7時間ほどあった、この日に散策しました。

ただ、紅葉と滝の写真を撮る気持ちが強かったこともあり、下りられそうな場所を見つけると、川底付近まで下りていたため、入口から4キロ強(全行程の半分)の地点で心地よい疲れとともに時間的なリミットが来てしまいました。

大小の滝がたくさんあるとは聞いていましたが、実際に行くとたくさんと言うよりは、ものすごくある感じがしました。

散策中は、常に滝の音色に包まれている感じもあり、とてもリラックス出来ました。やはり疲れをとるなら自然の中での散策が最高であると思いました。(常)


次回は、11月15日発行予定です。
 ***** ***** ***** ***** ***** 
「ひろしまファンクラブ」<第116号>平成19年(2007年)11月8日発行
 発行:広島市都市活性化局観光交流部
    〒730-8586 広島市中区国泰寺町1-6-34
    TEL:082-504-2602 FAX:082-504-2253
     メール:mailto:conv@city.hiroshima.jp
 ***** ***** ***** ***** ***** 

■ひろしまファンクラブを知り合いに紹介する場合
  ひろしまファンクラブを知り合いに紹介する場合は、こちらをクリックしてください。登録ページのリンク先を記載したメールが起動します。
■配信先のメールアドレスの変更
  配信先(メールアドレス)の変更は、ひろしまファンクラブのページで一旦、配信を解除してから、新規登録をし直してください。
■画像が表示されない場合
  画像は広島市の Web サーバに置いており、オフライン状態(インターネットに接続していない状態)では画像が表示できません。インターネットに接続した状態でご覧ください。
■バックナンバーについて
 「ひろしまファンクラブ」のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。なお、掲載されているリンクは発行当時のものです。リンク先の内容は削除・変更される場合がありますので、ご注意ください。
■登録・解除について
  登録と解除は下記のホームページから出来ます。
  ひろしまファンクラブのページ(広島市ホームページ内)
   もしくは
  まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0000163878.html
  
(このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。)

今週の問題の答え
画像
下五原神楽団(湯来町)の上演風景
答えは「3 神楽」です。

島根県の「石見神楽」や岡山県の「備中神楽」の影響を受けている広島の神楽は、4つに分類される。

広島市と県西部の「十二神祇神楽系」、芸北地域の「芸北神楽」、比婆地域の「荒神神楽」、賀茂備後地域の「王子神楽系」です。

広島市内では、安佐南区にある神楽「阿刀(あと)神楽」と佐伯区湯来町の神楽「五龍王」が有名です。

最近は、花火やスモークなどの舞台効果を使って上演される神楽も人気があります。

今週号も最後までお読みいただき、ありがとうございました。トップに戻る