このページはメールマガジン「ひろしまファンクラブ」のバックナンバー(平成18年10月12日号)のページです。 登録ページへ このページを人に紹介する

広島が大好きな方々にお届けするメールマガジン
メールマガジン ひろしまファンクラブ
第62号 平成18年10月12日(木)発行
くすだま 祝!登録者数が1,000人になりました!
このメールマガジン「ひろしまファンクラブ」は、広島市内だけでなく、全国各地におられる広島にゆかりのある方に広島の情報をお伝えしています。

親戚や知人友人、先輩後輩、同僚など、広島にゆかりのある方がおられましたら、ぜひ登録をおすすめください。(現在の登録者数 1,000人)
また、登録ページはリンクフリーです。ホームページやブログを開設しておられる方は、ぜひリンク先に加えてください。

今週お届けするニュース
■ 広島が登場します。 〜小説「ブラバン」〜
■ 平成6年(1994年)10月、第12回アジア競技大会広島1994が開催されました。
■ ひろしまフードフェスティバル
■ 今、広島でこんなことをやっています。
■ 今週のプロスポーツ
■ お知らせなど
   (画像が表示されない場合
広島が登場します。 〜小説「ブラバン」〜
ブラバン
津原泰水著 
バジリコ株式会社発行

今回、ご紹介するのは、1980年の広島の高校にあるブラスバンド部を舞台にした小説「ブラバン」(津原泰水著)です。

〈ストーリー〉
1980年(昭和55年)、広島市の高校のブラスバンド部で「弦バス」を担当していた主人公も、いまは楽器とも離れ、独り地元で小さな酒場を開いて細々と生活する毎日。そこへ元バンドのメンバーの披露宴のため、ブラスバンド再結成の話がもちあがった。

あの日に戻り、あの輝きに満ちた時間を取り戻すため、バンド再結成に奔走する主人公。しかし、かつてのバンドメンバーの消息をたずね、出会う先々で直面する苦い現実……それぞれの人生が浮き彫りになる。はたして再結成は実現するのか。再結成の舞台の日がせまる。


吹奏楽部を舞台にしたボーイズ&ガールズが織り成す青春グラフティという物語もさることながら、広島の描写もお楽しみです。

最初のページから国道2号と流川が登場し、「ほうね」「いなげな奴じゃの」「ちょっと待ちんさいやね」と全編、広島弁が飛び交い、「東京都心でばったり知人に出会うといったら奇蹟に近い。しかし地方の繁華街では日常だ。店の客と話しこんでいるうち、共通の知人の存在が明らかになるといった場面にも事欠かない。」などリアルな表現には嬉しくなってしまいます。

作者の津原泰水(つはらやすみ)氏は1964年(昭和39年)広島市生まれ。広島観音高等学校在学中は、吹奏楽部に在籍し、コントラバスを担当していました。
少女小説作家として活動した後、「妖都」「少年トレチア」など幻想色豊かな作品を発表しつづけています。

ぜひ、ご一読ください。

▼詳しくは▼
  バジリコ株式会社のホームページ
  http://www.basilico.co.jp

平成6年(1994年)10月、第12回アジア競技大会広島1994が開催されました。
■大会史上最大規模の大会
第12回アジア競技大会広島1994
広島広域公園陸上競技場

開会式の様子
開会式の様子

ポッポとクック
マスコットキャラクター
ポッポとクック


平成6年(1994年)10月2日(日)から16日(日)まで、第12回アジア競技大会広島1994が開催されました。首都以外の都市で開催される初のアジア競技大会で、参加国・地域は42の国と地域、参加選手・役員数は6,828人に上りました。

陸上競技や水泳、サッカーなどの代表的な競技からカバディ、セパタクロー、テコンドーといったアジア地域の特徴ある競技まで34競技(337種目)で熱戦が繰り広げられ、同時に芸術展示も行なわれました。

熱戦の舞台となった競技会場は広島市内を中心に県内各地42会場に及び、選手村は西風新都にある現在のA−City一帯と福山の2ホテル(福山分村)に設けられました。

運営要員はのべ306,000人、観客総数は111万8,591人に上りました。読者の中でも運営に携わられたり、競技をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

この大会では、市内の公民館がそれぞれ特定の国や地域を応援する「一館一国・地域の応援事業」が展開されましたが、この後に全国各地で開催された多くのスポーツ大会でも地域で参加国・地域を応援するという事業が行なわれました。
現在も、この「一館一国・地域の応援事業」がきっかけとなって交流事業を続けている公民館もあります。

■今年はドーハで開催
4年ごとに開催されるアジア競技大会は、今年12月に第15回大会がカタール国ドーハで開催されます。開会を前にアジアの15の国・地域を通過するトーチリレーが行われますが、日本では、広島市がただ一つ選ばれ、10月21日(土)にこのトーチリレーが通過します。

会場は平和公園。アテネオリンピック金メダリスト(水泳)の柴田亜衣選手やカープのマーティー・ブラウン監督など19人によるトーチリレーの他、カタールの民族舞踏や安西中学校の吹奏楽部による演奏なども行われますので、ぜひご覧ください。


ひろしまフードフェスティバル
ひろしまフードフェスティバル

ひろしまフードフェスティバル
昨年の模様

ひろしまフードフェスティバル 周辺地図
周辺地図
これ以外にも基町クレドふれあい広場や
協賛会場の広島港などでも展開


10月14日(土)・15日(日)、広島城とその周辺及び中央公園で「ひろしまフードフェスティバル」が開催されます。

今年のテーマは「おなかいっぱい!広島の秋!」
昨年より会場を拡大し、「食」に加えて、広島の文化や歴史、芸術に触れる企画、スポーツの秋を体感できる様々な企画を盛り込んでいます。

広島市は新しく会場となった中央公園で新たな展開として、「食のブランド市(お好み焼き)」「ひろしまおむすび亭」「かき入りおやき」などを出展しています。

広島市の出展ブース
名 称 出展品
“ひろしまそだち”朝市 野菜・花・米・卵・レシピ紹介など
砂谷酪農部会 牛乳・コーヒー牛乳・ヨーグルト
食のブランド市 お好み焼き お好み焼き
かき入りお焼き かきのおやき
太田川シジミとしじみ汁
広島市内水面漁業協同組合
しじみ・しじみ汁
ひろしま おむすび亭 おむすび体験&試食、ゲーム
水素自動車とエコライフ 水素自動車の展示、
食の省エネのパネル展示、
愛のマイ箸運動PR
レストランひろしまそだち お好み焼き、かきめし、
黒鯛めし、広島菜巻

 開催日時:10月14日(土)・15日(日) 
         10:00〜17:00
 開催場所:広島城とその周辺及び中央公園
 ※ご来場は公共交通機関をご利用ください。

▼詳しくは▼
  全体のお問合せ先
  ひろしまフードフェスティバル実行委員会事務局
  電話 082-222-1133/ファクス 082-222-1319

  広島市のブースに関してのお問合せ先
  広島市経済局農林水産部農政担当
  電話 082-504-2247/ファクス 082-504-2259
今、広島でこんなことをやっています。
■広島市湯来町−安芸太田里山ルートバス
10月1日(日)から11月12日(日)まで、広島市湯来町−安芸太田里山ルートバスを運行しています。毎回、テーマを設け、湯来町や安芸太田町の景勝地を巡って、交流・体験型の観光をお楽しみいただく企画です。

10月21日(土)のテーマは「特産づくり」。吊し柿とこんにゃくづくりを体験していただけます。
10月22日(日)のテーマは「湯ったり紅葉」。三段峡を散策し、美しい紅葉を楽しんでいただけます。
10月15日(日)の「まつり三昧コース」もまだ残席がございます。
この機会にぜひご参加ください。

 定員:50名/1回(先着順)
 日帰りバス代:片道1,000円、往復2,000円
 昼食、目的地での入場料・体験料は別途自己負担になります。

10月21日(土)
特産づくりコース 目的地:湯来
時間 経由地/目的地 その他
8:00 広島駅新幹線口 
ホテルグランヴィア広島前 発

8:15 平和公園
8:30 西広島バイパス バス停 
(古江・井口4丁目)
8:40 三和中学校バス停
      ▼
10:00 柿もぎ・吊し柿づくり体験 参加費500円
柿20円/個

11:00 こんにゃくづくり体験 体験料、
昼食代込み500円

13:30 石ヶ谷峡散策
15:30 湯来温泉入浴 ロッジ入浴料 450円
各旅館 800円
      ▼
16:30 三和中学校バス停
16:45 西広島バイパス バス停 
(古江・井口4丁目)
17:00 平和公園
17:10 広島駅新幹線口
ホテルグランヴィア広島前 着

石ケ谷峡
石ヶ谷峡

10月22日(日)
湯ったり紅葉コース 目的地:湯来
時間 経由地/目的地 その他
8:00 広島駅新幹線口 
ホテルグランヴィア広島前 発

8:15 平和公園
9:15 戸河内IC (高速4号線)
      ▼
10:00 三段峡散策
15:50 湯来温泉入浴 ロッジ入浴料 450円
各旅館 800円
      ▼
17:10 三和中学校バス停
17:25 西広島バイパス バス停 
(古江・井口4丁目)
17:40 平和公園
17:50 広島駅新幹線口
ホテルグランヴィア広島前 着

三段峡
三段峡の紅葉

今後の予定
月日 コース名 目的地 ここが目玉
10月29日(日) 収穫・紅葉コース 加計 温井ダム龍姫湖まつり(特別放水観覧)
11月5日(日) 味覚と文化コース 湯来 湯来町ふるさとまつり
   12日(日)  紅葉見学最終コース  加計・筒賀 温井ダム−筒賀大銀杏

▼詳しくは▼
  広島市湯来ニューツーリズム推進実行委員会(広島市都市活性化局観光交流部内)
  電話082-504-2602/ファクス082-504-2253
  E-mail:conv@city.hiroshima.jp

  広島市 秋を楽しむ格安バスツアーの参加者募集!


■帆船「日本丸」が入港します。
練習帆船 日本丸独立行政法人公開訓練所所属の練習帆船「日本丸」が今年も広島港に入港します!

10月14日(土)と15日(日)には入港イベントを開催し、帆を張る訓練であるセイルドリルの見学(14日)や船内の一般公開(15日)も行なわれます。

「太平洋の白鳥」と呼ばれるその美しい姿をぜひ、ご覧ください。(入場無料・申込不要)

 入港期間:10月14日(土)10:00入港〜10月18日(水)10:00出港
 場   所:広島港宇品外貿地区

▼詳しくは▼
  広島市 練習帆船「日本丸」入港記念イベントを開催します!


■ふるさとは神楽 de Night
悪狐伝(高猿神楽団)
悪狐伝(高猿神楽団)

10月から年内4回、夜神楽「ふるさとは神楽 de Night」が上演されます。

スケジュール

日時 会場 神楽団 演目
10月14日(土)
17:00〜20:00
広島城本丸
特設ステージ
高猿神楽団
 (安芸高田市)
神奈備
悪狐伝
八重西神楽団
 (北広島町)
滝夜叉姫 
八岐大蛇 
10月28日(土)
17:00〜20:00
広島護国神社
儀式殿
あさひが丘神楽団
 (広島市)
土蜘蛛
天神記
吉田神楽団
 (安芸高田市)
滝夜叉姫
元就公
11月11日(土)
16:00〜19:00
福屋広島駅前店
屋上
宮乃木神楽団
 (広島市)
戻り橋
大江山
山王神楽団
 (北広島町)
羅生門
八岐大蛇
12月24日(土)
16:00〜19:00
広島国際会議場
フェニックスホール
西宗神楽団
 (北広島町)
桃太郎伝説
紅葉狩
大森神楽団
 (広島市)
滝夜叉姫
大江山
※会場が満席の場合は、入場をお断りする場合がありますので、予めご了承ください。

広島地域に脈々と伝承されている伝統芸能「神楽」を、広島市内の“夜神楽”でお楽しみください!!
(入場無料)

▼詳しくは▼
  「ふるさとは神楽 de Night」実行委員会
  (広島商工会議所商工部流通観光チーム内)
   電話 082-222-6651/ファクス 082-222-6411


■広島県立美術館特別展「ウルトラマン伝説展2006」


ウルトラマン伝説展2006
(C)1966 円谷プロ 
広島県立美術館では、10月18日(水)から「ウルトラマン伝説展2006」を開催します。

テレビ番組『ウルトラマン』が誕生したのは1966年のことです。当時は宇宙開発時代を迎え、世界中が科学や宇宙という未知の空間に夢を馳せた時代でした。ブラウン管に毎週登場する怪獣とウルトラマンの活躍は、子どもたちを魅了し、怪獣ブームを誕生させました。

制作者たちは、環境汚染や科学の生み出す悲劇など社会の抱える問題を取り上げながら、エンタテイメント性を失うことなく、子どもたちに未来への夢と生命の大切さを問いかけました。

展覧会では、初代『ウルトラマン』と番組に託されたメッセージ、魅力を探ります。初代『ウルトラマン』の登場する社会背景、誕生に至る道のり、ヒーローと怪獣の造形、番組ストーリー、今年40年目を迎えるウルトラシリーズの軌跡、また『ウルトラマン』だけではなく当時のヒーロー番組のキャラクター造形にも影響が見られるアフリカの仮面や神像などのプリミティブアートをあわせてご紹介します。

また、開催期間中はウルトラマンとの撮影会(10月28日(土)・29日(日))や関連作品の上映会なども行なわれます。

ぜひ、ご覧ください。

 開催期間:10月18日(水)〜11月19日(日)
 開催場所:広島県立美術館(中区上幟町)

▼詳しくは▼
  広島県立美術館のホームページ
  http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/
  (「ウルトラマン伝説展2006」のページでは、カーソルが科特隊のマークになります。)

今週のプロスポーツ

広島東洋カープ
 
○最近の試合結果
試合日 試合結果
10月5日(木) ○ 4−1 中日
   6日(金) ● 2−5 中日
   7日(土) ● 3−4 ヤクルト
   8日(日) ○ 7−3 ヤクルト
   9日(月祝) ● 3−5 横浜
   10日(火) ● 8−13 ヤクルト

 
○今週・来週の試合日程
日時 対戦相手 球場
10月14日(土)18:00〜 阪神 広島
   16日(月)18:00〜 中日 広島

 ○順位表(10月10日現在)
  チーム
1 中 日 85 52 5 .620 優勝
2 阪 神 82 57 4 .590 4.0
3 ヤクルト 69 70 2 .496 13.0
4 巨 人 65 78 2 .455 6.0
5 広 島 60 79 5 .432 3.0
6 横 浜 57 83 3 .407 3.5

   ▼詳しくは▼
    広島東洋カープホームページ
    http://www.carp.co.jp


■サンフレッチェ広島
 ○今月の試合結果
試合日 試合結果
26 10月 7日(土) ● 0−1 ヴァンフォーレ甲府

 ○今月の試合日程
日時 対戦相手 試合会場
10月15日(日) 15:00〜 FC東京(J1第27節) 広島ビッグアーチ
   22日(日) 15:00〜 セレッソ大阪(J1第28節) 長居第2陸上競技場
   28日(土) 14:00〜 横浜F・マリノス(J1第29節) 広島ビッグアーチ

 ○現在の成績(第26節)
勝 点 27点
順 位 15位

   ▼詳しくは▼
     サンフレッチェ広島ホームページ
     http://www.sanfrecce.co.jp

お知らせなど
■水の都ひろしま「川のうた」がお聞きいただけます。
水の都ひろしま「川のうた」で最優秀賞を受賞した小田貴音さん作詞・作曲の「流れとともに」と優秀賞に選ばれた「夢の河口」(坪北 紗綾香さん作詞・作曲)、「川の詩」(智さん作詞・作曲)がインターネットでお聞きいただけるようになりました。

ぜひ、下記のリンク先からお聞きください。

▼詳しくは▼
  水の都ひろしま「川のうた」が決定しました♪


■「ひろめーる」もご登録ください
広島市では市政の話題などをお伝えするメールマガジン「ひろめーる」も発行しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

 ▼登録・バックナンバー閲覧はこちらから▼
  http://www.city.hiroshima.lg.jp/koho/merumaga/

■リンク集
 広島市ホームページ 
 ひろしまビジターズサイト 
 広島市観光情報 「ひろしまナビゲーター」

 湯来町観光協会
 広島県観光連盟 「i ひろしま」
 広島の生きた交通博物館

 憩う、楽しむ 広島・湯来通信


■編集後記
10月6日は中秋の名月。全国的にはお天気に恵まれなかったようですが、広島では曇り空に驚くほど美しい月を眺めることができました。続く7日、8日も天気に恵まれましたが、これだけ観月が楽しめたのはここ数年になかったように思います。

さて、昨年7月に創刊した「ひろしまファンクラブ」も遂に当初目標であった登録者数1,000人になりました。広島市内をはじめ、全国各地、そして海外の読者の方々、またこれまで発行にあたってご協力いただいた皆さんに厚く御礼申し上げます。

これからも、楽しんでいただける紙面づくりを目指していきますので、引き続き「ひろしまファンクラブ」をよろしくお願いします。

読後の感想やご意見をお寄せください。お待ちしています。メールはこちらまで→ conv@city.hiroshima.jp

次回は10月19日発行予定です。

(蒲)
 ***** ***** ***** ***** ***** 

「ひろしまファンクラブ」<第62号>平成18年(2006年)10月12日発行
 発行:広島市都市活性化局観光交流部
    〒730-8586 広島市中区国泰寺町1-6-34
    TEL:082-504-2602 FAX:082-504-2253
     メール:conv@city.hiroshima.jp

 ***** ***** ***** ***** ***** 
配信先のメールアドレスの変更
  配信先(メールアドレス)の変更は、ひろしまファンクラブのページで一旦、配信を解除してから、新規登録をし直してください。

■画像が表示されない場合
  画像は広島市の Web サーバに置いており、オフライン状態(インターネットに接続していない状態)では画像が表示できません。インターネットに接続した状態でご覧ください。

■バックナンバーについて
 「ひろしまファンクラブ」のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。なお、掲載されているリンクは発行当時のものです。リンク先の内容は削除・変更される場合がありますので、ご注意ください。

■登録・解除について
  登録と解除は下記のホームページから出来ます。
  ひろしまファンクラブのページ(広島市ホームページ内)
   もしくは
  まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0000163878.html
  (このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。)

今週号も最後までお読みいただき、ありがとうございました。トップに戻る